BitTrade (ビットトレード)の評判・口コミ

※当サイト内のリンクから各暗号資産交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。

BitTradeは、2018年9月にビットトレード株式会社とHuobiが資本業務提携を実施したことで誕生した仮想通貨取引所(関東財務局長 第00007号)。2023年2月29日にHuobi Japanから名称を変更した。2024年7月17日時点で取扱通貨の種類は41種類、1つの期間限定キャンペーンが開催されている。

BitTrade (ビットトレード)の基本情報

項目概要
取扱仮想通貨41種類
手数料無料
最低取引数量0.00001BTCかつ2円
スマホ対応アプリあり
セキュリティマルチシグ、コールドウォレットなど
X(旧Twitter)@BitTrade_jp

BitTrade (ビットトレード)の評判・口コミ

BitTradeの評判・口コミをまとめた。

良い評判・口コミ

取扱銘柄の多さや取引手数料の実質無料キャンペーンを好感した口コミが多く見られる。セキュリティや取引ツールに対するポジティブな意見も集まり、おすすめとする意見も散見された。

悪い評判・口コミ

取引量については取引が成立しにくいことからネガティブな評判が見られる。Huobiグループの取引量は多いが、国内の取引量については不満に感じるユーザーもいる。

BitTrade (ビットトレード)の取扱通貨

BitTradeの取扱通貨は以下の通り。

  • BTC(ビットコイン)
    BTC
    (ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • HT(フォビトークン)
    HT
    (フォビトークン)
  • XRP(リップル)
    XRP
    (リップル)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
    BCH
    (ビットコインキャッシュ)
  • LTC(ライトコイン)
    LTC
    (ライトコイン)
  • XLM(ステラルーメン)
    XLM
    (ステラルーメン)
  • XEM(ネム)
    XEM
    (ネム)
  • BAT(ベーシックアテンショントークン)
    BAT
    (ベーシックアテンショントークン)
  • MONA(モナコイン)
    MONA
    (モナコイン)
  • ONT(オントロジー)
    ONT
    (オントロジー)
  • TRX(トロン)
    TRX
    (トロン)
  • QTUM(クアンタム)
    QTUM
    (クアンタム)
  • XYM(シンボル)
    XYM
    (シンボル)
  • ETC
    (イーサリアムクラシック)
  • ADA(エイダコイン/カルダノ)
    ADA
    (エイダコイン/カルダノ)
  • DOT(ポルカドット)
    DOT
    (ポルカドット)
  • IOST(アイオーエスティー)
    IOST
    (アイオーエスティー)
  • JMY(ジャスミー)
    JMY
    (ジャスミー)
  • LSK(リスク)
    LSK
    (リスク)
  • XTZ(テゾス)
    XTZ
    (テゾス)
  • BSV(ビットコインSV)
    BSV
    (ビットコインSV)
  • COT(コスプレトークン)
    COT
    (コスプレトークン)
  • DEP(ディープコイン)
    DEP
    (ディープコイン)
  • PLT(パレットトークン)
    PLT
    (パレットトークン)
  • BOBA(BOBAトークン)
    BOBA
    (BOBAトークン)
  • FLR(フレア)
    Flare
    (フレア)
  • ASTR(アスター)
    ASTR
    (アスター)
  • ATOM(コスモス)
    ATOM
    (コスモス)
  • EOS(イオス)
    EOS
    (イオス)
  • DOGE(ドージコイン)
    DOGE
    (ドージコイン)
  • SHIB(シバイヌコイン)
    SHIB
    (シバイヌコイン)
  • SAND(サンドボックス)
    SAND
    (サンドボックス)
  • AXS(アクシー)
    AXS
    (アクシー)
  • MKR(メーカー)
    MKR
    (メーカー)
  • DAI(ダイ).jpg
    DAI
    (ダイ)
  • MATIC(ポリゴン)
    MATIC
    (ポリゴン)
  • SXP(ソーラー)
    SXP
    (ソーラー)
  • SOL(ソラナ)
  • APT(アプトス)
    APT
    (アプトス)
  • TON(トンコイン)
    TON
    (トンコイン)

BitTrade (ビットトレード)のキャンペーン

お友達紹介プログラム

条件特典期間
紹介紹介した人:1,500円相当のBTC
紹介された人:最大2,000円相当のBTC
2023/11/6~(未定)

BitTradeでは、紹介コードを入力して口座開設することで、紹介した人に1,500円相当のBTC、紹介された人に最大2,000円相当のBTCがプレゼントされる。2023年11月から始まっているプログラムであるが、終了日時は未定であり、予告なく終了する可能性がある。

ラッキールーレットキャンペーン

条件内容期間
購入(抽選)暗号資産などの豪華プレゼント不定期

BitTradeでは、ラッキールーレットキャンペーンを毎月不定期で開催している。当日の販売所累計取引金額に応じて抽選に参加できる仕組みであり、暗号資産などの豪華プレゼントが当たる。開催期間が短いため、公式サイトを日ごろからチェックしてキャンペーンに参加できる機会を見逃さないようにしたい。

【全通貨ペア】取引所取引手数料無料キャンペーン!

条件内容期間
全ての通貨ペアの取引所取引の手数料無料1/29~7/31

BitTradeではキャンペーン期間中、API取引を含めてすべての通貨ペアの取引所取引の手数料が無料となる。こちらのキャンペーンではエントリーは不要である。7月17日に7月31日以降も取引所取引手数料を無料化することが発表された。

1万円分のAmazonギフトカードが当たる!【BitTrade×Solarコラボ】フォロー&RPキャンペーン実施

条件特典期間
SNS(抽選)1万円分のAmazonギフトカード7/16~7/22

BitTradeでは、X公式アカウント「@BitTrade_jp 」と「 @SolarNetwork_jp」をフォロー し、対象のツイートをRPすると抽選で10名に1万円分のAmazonギフトカードがプレゼントされる。

BitTrade (ビットトレード)メリット

BitTradeのメリットとしては、以下の通り。

1.グローバルなブランド力がある

米国、韓国、中東を含む世界各国で事業を展開するグローバル企業として知られている。

2.専用のスマホアプリがある

高機能チャート搭載により、PCではなくスマートフォンからでも不便なく取引が可能だ。

3.少額(2円)から取引できる

2円から取引を開始できる点に特徴がある。取引所方式での注文が対象で、ビットコイン(BTC)のほかイーサリアム(ETH)、リップル(XRP)などの銘柄を2円から発注可能だ。少額で利用したい人にはメリットが大きいだろう。

4.取扱銘柄が豊富

全41銘柄の取り扱いは国内でトップクラス(同社調べ、2024年7月17日時点)。取り扱いが豊富なため、さまざまな投資を試すことができるだろう。

BitTrade (ビットトレード)のデメリット

BitTradeのデメリットは3つ挙げられる。

1.日本円の出金制限がある

セキュリティの都合上、パスワードを変更してから24時間は日本円の出金が制限される。出金手数料もかかるため、出金に不自由な点があることも理解しておきたい。

2.取引量が少ない

口コミでも見られたように、BitTradeの取引量は他の暗号資産取引所と比較して少ない。

BITPointの出来高の少なさはbitFlyerの口座を併せて持つことで解決できるだろう。bitFlyerは国内で最多水準の取引が行なわれている。

【ビットコイン(BTC)出来高ランキング(2024年6月)】

  1. bitFlyer:54,899 BTC
  2. GMOコイン:33,781 BTC
  3. Coincheck:25,135 BTC
  4. OKCoin Japan:4,936 BTC
  5. bitbank:4,642 BTC
  6. BitTrade:2,039 BTC
  7. 楽天ウォレット:1,204 BTC
  8. BTCBOX:465 BTC
  9. Zaif:276 BTC
  10. BITPoint:160 BTC

※差金決済/先物取引を含む
引用:ビットコイン日本語情報サイト 国内ビットコイン市況 月次取引高

bitFlyerなど他の主要な取引所と比較して、出来高の桁が異なるほど少ないことが分かる。取引所取引において知名度の高くないアルトコインを取引する場合は、取引が成立しないことや、取引の成立までにかかる時間が長くなりやすいことを理解しておきたい。

3.レバレッジ取引の対象がBTC/JPYのみ

BitTradeは幅広く通貨を取り扱っているが、レバレッジ取引の対象となる通貨ペアはBTC/JPYのみである。

BitTrade (ビットトレード)のデメリットを補完できる取引所

SBI VC Trade

レバレッジ取引も行いたい場合はSBI VC Tradeの口座を併せて開設することを推奨する。SBI VC Tradeでは取り扱いのあるすべての通貨においてレバレッジ取引を提供している。一方で、SBI VC Tradeの取扱通貨はBitTradeと比較すると少ないため、デメリットを補い合える取引所となっている。

SBI VCトレード

SBIグループのSBIトレード株式会社が運営する。2021年にTaoTao株式会社と合併し、従来の「VC TRADE」と「TAOTAO」の各サービスが一本化した。

現物取引だけでなく、レバレッジ取引・積立購入・レンディングなどに対応しており、取引所におけるサービスの幅広さを重視したい人に向いている。

項目概要
取扱仮想通貨23種類
手数料販売所:無料、取引所:-0.01 〜0.05%
最低取引数量販売所:0.0001BTC、取引所:0.000001BTC
スマホ対応アプリ「VCTRADE mobile」
セキュリティマルチシグ、コールドウォレットなど
  • 少数精鋭でじっくり集中して取り組みたい人に向いていると思います。キャッシュバックキャンペーンなどもこまめに実施されていて、好感が持てます。

    ★★★★★5点
    (20代・女性)
  • SBI VCは、SBIグループの取引所だけあって、他の仮想通貨取引所とは安心感が圧倒的に違います。

    ★★★★★5点
    (30代・女性)
  • 幅広い金融サービスを提供しているSBIグループが運営しているサービスなので安心して利用できるのは嬉しかったです。

    ★★★★4点
    (20代・男性)

bitFlyer(ビットフライヤー)

取引量を重視したいならbitFlyerの口座も併せて開設しておくといいだろう。2021年7月の同社リリースによると、bitFlyerは国内のビットコイン取引量において5年連続首位となったようだ。前章で紹介した直近24時間におけるビットコイン取引量においても、bitFlyerは国内の主要な取引所全体のおよそ3割を占めた。

bitFlyer(ビットフライヤー)

株式会社bitFlyerが運営し、国内最大級の取引量を誇る。FX取引(bitFlyer Lightning)が盛んなことが特徴的だ。

国内取引所でもトップレベルのセキュリティ意識を持っており、1円から仮想通貨を購入できて少額投資がしやすい。アプリや取引ツールも使い勝手が良く、初心者にも向いている。

項目概要
取扱仮想通貨33種類
手数料販売所:無料、取引所0.01〜0.15%
最低取引数量販売所:0.00000001BTC、取引所:0.001BTC
スマホ対応アプリ「bitFlyerウォレット」
セキュリティマルチシグ、コールドウォレットなど

BitTrade (ビットトレード)手数料

取引手数料

【取引所】
無料

【販売所】
無料

【レバレッジ取引】
建玉ごとに0.03%/日
※取引手数料、ロスカット手数料は無料

入出金手数料

【入金】
クイック入金:無料
対応金融機関:住信SBIネット銀行、PayPay銀行、イオン銀行
振込入金:振込元金融機関ごとの手数料
ペイジー入金:振込手数料の負担あり
コンビニ入金:振込手数料の負担あり

【出金】
330円

BitTradeの手数料については、公式HP内の「手数料」を参照のこと。

BitTrade (ビットトレード)では、レバレッジ取引は最大2倍

BitTradeでは、最大2倍までのレバレッジをかけて取引できる。ただし、BTC/JPY以外のレバレッジ取引には対応していない。

利用には個別の審査がある

BitTradeのレバレッジ取引では、口座開設の審査とは別にレバレッジ取引に対する審査があり、審査に通過できない場合はレバレッジ取引を利用できない。BitTradeは明確な審査基準を公開していないが、預けた資金を担保により大きな資金を動かすため万が一の場合には返済資金が必要であり、投資経験が必要になる投資方法であることから、収入や保有資産、投資経験の有無が審査の通過に関係すると推測できる。

6つの注文方法に対応

BitTradeのレバレッジ取引では6つの注文方法を採用している。

  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文
  • OCO注文
  • IFD注文
  • IFD-OCO 注文

基本の注文方法から複雑な注文方法にも対応しているので、取引の幅が広がりやすい。

BitTrade (ビットトレード)の貸して増やす・貸暗号資産の募集情報

BitTrade では仮想通貨のレンディングサービスを提供しており、「貸して増やす・貸暗号資産」として限定的な特別募集と、恒常的に募集している定期募集の2種類の形式でレンディングを利用できる。

【特別募集】

対象銘柄APT、TON
賃借期間14日
年率20%
期間6/19~7/18

BitTradeでは、年率20%で新たに取り扱いを開始したソラナ(SOL)の特別募集を開始。詳しい情報はこちらのページを参照のこと。

【定期募集】

対象銘柄BTC、ETH、XRP、SOL、JASMY
賃借期間30~360日
期間6/25から募集開始

BitTradeでは、上記の通貨を対象に貸して増やす・貸暗号資産の募集を開始した。年率などの詳しい情報はこちらのページを参照のこと。

BitTrade (ビットトレード)の積立暗号資産

期間毎日、毎週、隔週、毎月
対象銘柄BTC、ETH、XRP
積立金額1,000円~200,000円
手数料無料

BitTradeでは、1月17日から積立暗号資産のサービスが開始された。毎日、毎週などの期間を設定して、期間ごとに指定した積立金額で暗号資産の購入を自動で行う機能である。

積立プログラム

積立プログラムとは、積立暗号資産の利用で約定した回数に応じて特典が貰えるシステムである。約定金額に対して日本円がプレゼントされ、累計約定回数に応じてプレゼント付与率が変化する。

累計約定回数プレゼント金額
3~9回約定金額の0.2%をプレゼント
10~19回約定金額の0.5%をプレゼント
20~29回約定金額の0.7%をプレゼント
30回~約定金額の1.0%をプレゼント

プレゼントの時期は、積立暗号資産が約定した翌月15日を予定している。

BitTrade (ビットトレード)の取引ツール/スマホアプリ

BitTradeでは、取引ツールとしてTrading Viewを採用しており、100種類以上のテクニカル指標を用いながら、トレードを行うことができる。また、公式アプリ(iOS版Android版)が用意されている。

ブラウザツール

(引用:BitTrade

上述のとおり、Trading Viewでチャートの分析が可能だ。板情報(他ユーザーの注文情報)も同時に確認できるため快適な環境で取引できるだろう。

スマホアプリ

引用:BitTrade

スマートフォンアプリでは口座開設から取引、資産管理まで完結できる。高機能チャートも搭載されているため、スマートフォンでも高度な取引ができるだろう。

BitTrade (ビットトレード)のセキュリティ

BitTradeは世界最高水準のセキュリティを持つ(2019年9月ICORating社調べ)。

マルチシグによる承認方法

BitTradeでは、マルチシグによる承認方法を採用している。マルチシグとは、暗号資産の送信に複数の承認が必要となる仕組みのことである。マルチシグを採用するメリットとしては、秘密鍵を1つハッキングされたとしても、他の秘密鍵がなければ取引の承認ができないのでよりセキュリティが強固になる。

コールドウォレットによる管理

BitTradeは、暗号資産をネットワークから隔離されたコールドウォレットで管理することで、ハッキングに対してより強固な対策ができる体制を取っている。暗号資産の送信には隔離環境でマルチシグによる別々に電子署名を行う。コールドウォレットだけでは利便性を失うので、ホットウォレットも同時に採用することでセキュリティと利便性を両立している。

セキュリティ対応については、公式HP内の記事「セキュリティについて」から確認することができる。

Bittrade(ビットトレード)のAPI

BitTradeでは取引所APIの利用が可能であり、2種類のAPIを用意している。

  • Rest API方式
  • Websocket方式

APIを使用すれば取引所、販売所を取引プログラムを実装して利用できる。BitTradeに口座開設をしてからAPIキー(秘密鍵)を取得しよう。BitTrade APIの詳細な説明はこちらのページから確認できる。

Huobi JapanからBitTrade (ビットトレード)への名称変更について

2023年1月6日、Huobi Japan(フォビジャパン)はサービス名をBitTrade(ビットトレード)に変更することを発表した。その経緯について内容をまとめた。

国内でのローカライズ強化を進めるための名称変更

Huobi JapanからBitTradeのサービス変更に対して、ビットトレード株式会社は、国内でのローカライズ強化を進めることを目的としていると説明している。同社は「より一層安心して皆様にサービスをご利用頂ける様、国内でのローカライズの強化を推進して行く事を取り決め、サービス名称をBitTradeに変更する」と述べている。

突然の名称変更であったことや、2022年はHuobiグループのネガティブなニュースが続いていたことから、多くの憶測を呼んだが、広報担当はネガティブな理由での変更ではないと憶測を否定しており、変更の意図は日本に注力する決意と語っている。

さらに同社は「国内での法令を遵守する」ことを改めて表明しており、サービス名称の変更により、より日本人が利用しやすいサービスになることが期待される。

加えて「もう一度原点に立ち返る」とも述べている。同サービスがHuobi Japanの名称になったのは2019年。名称の変更前は「ビットトレード」であったことから、新たな名称への変更ではなく、実際にはサービス名を戻す変更となっていることから、このように述べていると考えられる。

サービス内容に変更なし

今回の変更はサービス名や、それに伴うロゴの更新であり、サービス内容、手数料に変更はない。2023年1月6日以前からHuobi Japan(フォビジャパン)を利用している人も引き続き同社が提供するサービスのBitTradeを利用できる。

BitTrade (ビットトレード)がおすすめである人の特徴

BitTradeがおすすめである人の特徴は3つある。

  • 取扱通貨数を重視したい
  • 少額から取引を始めたい
  • HTの保有によりお得に利用したい

取扱通貨数を重視したい

BitTradeは、国内取引所でもトップクラスの取扱通貨数を誇る。国内の主要な取引所であるCoincheck(コインチェック)や、GMOコインでも取り扱いがない通貨を取り扱っているので、すでに主要な取引所で口座を開設していて、仮想通貨の取引を始めている人にも開設するメリットがある。取扱通貨数を重視し、取引の選択肢の幅を広げたい人に向いているといえるだろう。

少額から取引を始めたい

BitTradeは、2円から取引できることから、初心者が仮想通貨に投資する場合も気軽に始められる。少額から投資できる点は、草コインのような知名度と流動性は低く、暴落のリスクもあるが、高騰した場合に高い利益が見込める銘柄に投資する場合にもリスクを抑えられることから、BitTradeの幅広い取扱通貨数とマッチしている。

HTの保有によりお得に利用したい

フォビトークン(HT)は保有し、取引所を利用するほどBitTradeの取引手数料の割引がお得になるレベルシステムを採用している。利用を続けながらフォビトークンを保有するほど、メリットが大きくなるので、サブ口座ではなくメイン口座にすることも検討できるだろう。BitTradeをメイン口座にするなら、フォビトークンは保有しておきたいところだ。

BitTrade (ビットトレード)が向いていない人の特徴

BitTradeが向いていない人の特徴は下記の2つだ。

  • 約定までのスピードを重視したい
  • 幅広い通貨でレバレッジ取引を行いたい

約定までのスピードを重視したい

本家のHuobiグループの取引量は大きいが、BitTradeの取引量は少ない。そのため、約定までのスピードに不安がある。取引の成立しやすさを考えるなら、国内でも取引量の多い代表的な仮想通貨取引所を選ぶことを推奨する。

幅広い通貨でレバレッジ取引を行いたい

BitTradeでは、BTC/JPY以外のレバレッジ取引はできないので広くレバレッジ取引を行いたい人には向いていない。レバレッジ取引に特化した取引所にはSBI VC Tradeがあるので、レバレッジ取引における幅を重視するなら別の取引所を選ぶほうが良いだろう。

BitTrade (ビットトレード)の口座開設

BitTrade公式サイト

口座開設の手順

BitTradeの口座開設は以下の手順で行う。

  1. 口座開設画面でメールアドレスとパスワードを入力
  2. 各種規約に同意し、「新規登録」ボタンをクリック
  3. セキュリティ認証後に送られる仮登録メールに記載の認証コードを入力
  4. 氏名などの基本情報を入力し、本人確認書類を提出
  5. 審査後に郵送される郵便物(転送不要、書留)を受け取る

この場合、最後の郵送物を受け取りが本人確認を兼ねている。したがって郵送物を受け取るまでは取引できないため、すぐにサービスを利用できるわけではない点に注意したい。

ただしオンラインで本人確認を完結できる「かんたん本人確認」の場合、最短即日にサービスを利用できる。本人確認書類として「運転免許証」か「在留カード」、または「個人番号カード(マイナンバーカード)」を提出することが条件だ。

【「かんたん本人確認」で口座開設を行う手順】

  1. 口座開設画面でメールアドレスおよびパスワードを入力
  2. セキュリティ認証を行う
  3. メール認証を行う
  4. 「かんたん本人認証」を選択
  5. 氏名などの基本情報を入力
  6. 画面の指示に従い、スマートフォンで本人確認書類を撮影
  7. 画面の指示に従い、スマートフォンで顔写真と動画を撮影

必要書類

BitTradeで取引を行うためには、所定の書類を提出し本人確認を終える必要がある。提出できる書類は以下のとおり。

【提出できる本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 健康保険証

なお、上述のとおり「かんたん本人確認」で口座開設を行う場合は「運転免許証」か「在留カード」、または「個人番号カード(マイナンバーカード)」のみ提出できる。

BitTradeの口座開設は、こちらから行うことができる。