SHARE

アラゴン

ANT
価格250.55
24時間変動率 9.73%
時価総額99億
24時間変動値 22.22
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

アラゴン (Aragon) の基本情報

発行上限
承認方式
開始日
中央機関
提唱者
オフィシャルサイトURL https://aragon.org/
ホワイトペーパーURL
公式TwitterURL https://twitter.com/AragonProject
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

アラゴン(ANT)とは?

アラゴンは、組織運営における組織力と透明性の向上を目的に発足したプロジェクトである。第三者によるイノベーション妨害の防止や、組織運営における給与計算などの手間のかかる手続きを簡略化することが可能だ。ANTはアラゴン内で使用可能な仮想通貨である。

アラゴン(ANT)の特徴

DAOによる第三者の介入阻止

組織がイノベーションを起こすにあたって懸念されるのは、国や政府などの第三者による介入である。成功に向けた明確なビジョンを持ってイノベーションを進めたとしても、組織よりも強大な権力を持つ国家の介入や規制によってその道が閉ざされてしまう可能性がある。

アラゴンは中央管理者が存在しないDAO(分散型自律組織)であることから、国や政府などの管理下になく、自由にイノベーションを進められる。DAOによる組織の構築は「Aragon client」というアプリを利用して行う。他にもDAOで構築された組織同士をつなぐ「Aragon network」、資金管理ツールの「Aragon Association」などがあり、組織運営を円滑に進めるためのツールが揃っている。

裁判所の代わりの役目を果たすAragon Court

国や政府の介入を受けないということは、訴訟に発展するようなトラブルに発展した場合に、争いを収めるため裁判所の役割を果たす施設が必要になる。アラゴンでは裁判所の役割を持つ「Aragon Court」により裁定を行う。

Aragon Court では、ANTの保有者が日本における裁判員の役割を果たせるようになり、毎月報酬が付与される。アラゴンでの争いは司法機関が裁定するのではなく、大衆の客観的な判断により解決される仕組みだ。

アラゴンの開発者Luis Iván Cuende氏

アラゴンの開発者Luis Iván Cuende氏は、幼い頃から神童や天才児と呼ばれた優秀な人物だ。Luis氏は11歳からプログラミングを学び、12歳で最初のOSを設計し、18歳で起業した。アメリカの代表的な経済雑誌であるフォーブス誌において、テクノロジー分野で輝く30歳未満の若者を30人選出する「フォーブス30アンダー30」の1人として選出されたこともある。イーサリアムを開発したVitalik Buterin氏を彷彿とさせることから「第二のブテリン」と呼ばれることもある。そんな輝かしい経歴を持つ若き天才の手によって作られたのがアラゴンだ。

アラゴン(ANT)の歴史

アラゴンは開発者のLuis Iván Cuende氏を含めたチームにより2017年からプロジェクトが開始した。ANTも2017年に上場している。アラゴンにおける大きな出来事には、2021年にAragonOneのCEOであるJorge Izquierdo氏を解任しており、同年には不正の疑いがあった複数のスタッフを解任した。CEOの解任により、この年から新体制の構築が行われている。情報の開示頻度も多く、公正な運営を目指しているとみられている。

アラゴン(ANT)の今後

結果が出るのはまだまだ先

アラゴンの対象になるのは、営利・非営利を問わず企業や団体などの組織である。世界中の組織がアラゴンを利用するようになるとは現時点では考えにくい。しかし、ブロックチェーン技術が現在よりも身近なものになり、利便性やメリットを多くの人が理解すれば、アラゴンが世界中で普及する可能性もある。結果は長い目で見る必要があるだろう。

新機能の開発

アラゴンではこれまで、「Aragon Court」をはじめとするさまざまな機能が開発されてきた。魅力的な新機能の開発はアラゴンの利用価値を高めるので、ANTの価格も上昇しやすくなるだろう。一方で、ユーザーに不評な機能の開発や、改悪が発生した場合は、価格に悪い影響を与える可能性もある

競合するプロジェクトの登場

アラゴンと競合するプロジェクトも登場している。現在の時点ではアラゴンと並ぶ評価を受けているものはないものの、今後登場するプロジェクトや、現在競合しているプロジェクトの開発の進捗によっては、アラゴンよりも別のプロジェクトに投資価値を見出す人も増えてくることもあろう。競合するプロジェクトの一歩先を行くか、差別化が重要になる。

アラゴン(ANT)の購入方法

ANTは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。国内取引所で口座を開設し、元手となる仮想通貨を取引して海外取引所に送金することでANTの取引が可能だ。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: