SHARE

アバランチ

AVAX
価格1,805
24時間変動率 0.37%
時価総額5,606億
24時間変動値 6.72
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

アバランチ (Avalanche) の基本情報

発行上限 720,000,000
承認方式 Avalanche Consensus
開始日 2020年9月
中央機関
提唱者 Emin Gün Sirer, Kevin Sekniqi, Maofan Yin
オフィシャルサイトURL https://avax.network/
ホワイトペーパーURL https://www.avalabs.org/whitepapers
公式TwitterURL https://twitter.com/avalancheavax
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

アバランチ・AVAXとは

アバランチ(Avalanche)は、ブロックチェーン技術を活用した分散型アプリケーション開発のためのプラットフォームで、ネイティブトークンの「AVAX」を発行している。独自のコンセンサスアルゴリズムを用いているため、処理速度の速さとコストの低さが特徴だ。

以下では、プラットフォームを「アバランチ」、仮想通貨を「AVAX」と表記する。

アバランチ・AVAXの歴史

アバランチは2020年にAva Labs社によってローンチされた。Ava Labs社はビットコイン(BTC)などの開発に関わったEmin Gun Sirer氏が共同設立者であることから、当初から投資家らの注目を集めていた。

2021年ごろ、仮想通貨市場全体が活況になると同時にAVAXも価格が上昇する。アップグレードやトークンセールが実施され、同年11月には過去最高値の約134ドルに至った。

2022年現在は仮想通貨市場全体の下落傾向とともに価格が下がっている。しかし、アバランチはその処理速度とコストの低さから期待が高い。スマートコントラクトの分散型アプリケーション開発基盤として、現在主力のイーサリアム(ETH)に競合する「イーサリアムキラー」の1つだ。AVAXの価格も今後の上昇が注目される。

アバランチ・AVAXの特徴

スケーラビリティ問題を解消する高速取引

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨は、「スケーラビリティ問題」を抱えている。これは、取引(トランザクション)において1つのブロックの中に書き込めるデータ量が限られていることで、処理や送金に遅延が発生するという課題だ。

アバランチは後述する「アバランチコンセンサス」を採用している。それによって処理速度を大幅に高め、このスケーラビリティ問題を解消した。1秒あたりのトランザクション処理数はビットコインが約6〜7、イーサリアムが約13〜15、リップル(XRP)が約4,000であるのに対し、アバランチ(AVAX)は約6,500となっている。

EVMでイーサリアムとの互換性

アバランチはイーサリアムバーチャルマシン(EVM)と互換性があり、イーサリアム上のプラットフォームをアバランチで利用することができる。EVMは、スマートコントラクトで記載されたプログラムを翻訳してコンピューターへ伝えることができるイーサリアム独自の機能だ。

アバランチがEVMを備えていることで、イーサリアムの開発基盤を利用していたユーザーがアバランチに参入しやすくなっている。

スワップ(通貨交換)も可能

アバランチでは、AVAXと複数の仮想通貨とのスワップが可能だ。テザー(USDT)やUSD Coin(USDC)、エイプコイン(APE)などと通貨交換ができる。さらに、2022年3月には仮想通貨ウォレット「メタマスク」がアバランチに対応し、スワップ機能も利用できるようになった。

アバランチコンセンサスとは

アバランチの処理速度を向上させているのは、独自の取引承認アルゴリズムである「アバランチコンセンサス」だ。

ブロックチェーンにおいて、意思決定の仕組みは従来からあった「クラシカルコンセンサス」と、ビットコインとともに開発された「ナカモトコンセンサス」がある。しかし、これらは全てのノード(端末)が全ての取引の承認を行う仕組みで、スケーラビリティなどの問題があった。

アバランチコンセンサスでは、確率論的に覆らないとされる一定割合のノードだけが承認を行う。承認するトランザクションをノードが分担し、並列処理することでスピードを上げることができる仕組みになっている。この一定割合とは、「2万年に1度(2,800兆回に1回)は覆される可能性がある」という確率だ。

335億円相当のインセンティブプログラム で「サブネット」普及

2022年3月、アバランチを運営するアバランチ財団は、約335億円に相当する最大400万AVAX規模のインセンティブプログラムを開始した。ブロックチェーンを活用したゲームやDeFi(分散型金融)、NFT(非代替性トークン)、機関投資家などのユースケースに資金提供する。

このプログラムには、アバランチによる「サブネット」を普及する目的がある。サブネットは、複数のノードから構成されるネットワーク内でブロックチェーンを作成する機能だ。プライベート型・パブリック型など使用方法や目的によってカスタマイズできる。

AVAXの購入方法

2022年8月現在、国内の仮想通貨取引所ではAVAXを取り扱っていない。取引をしたい場合は、BinanceやCoinbaseなどの海外の取引所を利用する必要がある。CoinDesk Japanでは、金融庁に認可された国内の仮想通貨取引所で購入することをおすすめしている。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: