SHARE

ダッシュ

DASH
価格6,132
24時間変動率 -0.62%
時価総額671億
24時間変動値 -38.40
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1665年6月27日 10時0分0秒
情報提供元:

ダッシュ (Dash) の基本情報

支払いに主眼を置いた暗号通貨(仮想通貨)でトランザクションの即時承認機能を持つ。

発行上限 17,742,696 DASH〜18,921,005 DASHの間
承認方式 Pow, PoService
開始日 2014年1月
中央機関
提唱者 Evan Duffield, Kyle Hagan
オフィシャルサイトURL https://www.dash.org/
ホワイトペーパーURL https://github.com/dashpay/dash/wiki/Whitepaper 
公式TwitterURL https://twitter.com/Dashpay
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

ダッシュとは

ダッシュは、高速かつ手頃な価格、そして高い匿名性での決済を提供するオープンソースプロトコルのピアツーピアを採用したブロックチェーンと仮想通貨の一つである。アメリカ人ソフトウェア開発者Evan Duffield氏とKyle Hagan氏により、2度の改名を経て2014年1月に設立された。

ダッシュはビットコインのプロジェクトに基づいており、Proof of workを採用している。また、マイニングハッシュアルゴリズムとして、Dash創設者Evan Duffield氏が開発した、電力削減と公平な分配をすることを目指し、当時最も安全とされる11の暗号技術をもとに開発されたX11と呼ばれるアルゴリズムを採用している。現在、ダッシュは1万以上のオンライン小売業者と決済パートナーシップを結んでおり、アメリカやヨーロッパには250社以上のDash対応可能のATMが設置されている。

ダッシュの特徴

マスターノード

Dashは、2014年当時では非常に革新的システムであった、マスターノードを開発・採用している。マスターノードとは、ビットコインのProof of workの承認作業とは異なる承認方法を用いており、InstantSend、PrivateSendの実行や運営方針等のガバナンスなど、第二層目となるネットワークにて行われる処理とサーバーを指す。DASHのサーバーは、1000以上のDashを保有しステーキングしているユーザによって24時間運営されている。

CoinJoin and InstantSendによる匿名性の高く、素早い取引の提供

Coinjoinは、最低二人以上の複数のトランザクションを複合させて一つの決済をするため、ブロックチェーン上に決済データは残るものの、詳細な決済内容は特定されないという特徴を持つ。またInstantSendは、マスターノードネットワークに基づき、追加料金を支払うことにより数秒で取引を完了させる決済機能である。従来のProof of Workで必要とされた、マイナーによる承認作業に依存せずに送金ができるため、ロックまでの平均時間が1.85秒で行えるようになっている。これらの技術によって、匿名性の高さを担保したまま、素早い取引の提供を可能としている。

創設者Duffield氏が開発した安全性が担保されたカスタムハッシュアルゴリズムX11

X11はDashの創設者Duffield氏によって開発された、11種類のハッシュ関数を組み合わせたカスタムハッシュアルゴリズムである。高度なアルゴリズムによって複合的に構成されているため、Proof of workのみのアルゴリズムと比較し、SPOFなどのセキュリティ上の問題や使用上の不確実性の減少を実現している。さらに、いくつかのハッシュ関数で信頼性がない場合においては、より信頼性の高いハッシュ関数へと置換する事が可能なシステムとなっている。そのためProof of Workの処理における問題が発生したとしても、X11が機能している限り安全性は担保することができる。

DAOのパイオニアであるDash

現在、暗号資産業界のみならず様々な業界から注目を集める組織形態、DAO(又は自立分散型組織)であるが、Dashが採用するマスターノードは、BTCに続くDAOのプロトタイプとして知られている。その一方で、いくつかの条件をクリアすればマスターノードになれることから、従来型の中央集権型組織なのではないかという指摘もなされている。

ブロックにおける透明性を即座に提供するChainLocks

ChainLocksは、支払い承認時にInstantSendと並行して使われるシステムであり、資金を受け取る際に発生する不確実性や、Proof of workで行われるマイニングへの攻撃の可能性を減らす機能を備えている。ChainLocksは400のマスターノードによって形成されており、2019年当時の暗号資産では最高水準の51%の攻撃への耐久性を実現した。

Sporksというアップデート方法をとっている

SporksはDashが独自に編み出した方法であり、より強固な安全性を持ったアップデートを提供している。Sporksでは、アップデート前にテストネットにて80%のネットワーク参加者がアップデートを実行するまで、メインネット上でのリリースがアクティブ化されない。さらに、新たなバージョン内でエラーが発生した場合においても、クライアント側のアップデートされたブロックはネットワーク拒否されないため、意図としないフォークを避けることができる。また新しいバージョンでは、開発チームのテストネットでエラーの収集され、安全性を確保した後に、チームの複数メンバーが署名してアクティブ化をするため、安全性の高いアップデートを可能にしている。

ダッシュの歴史と価格推移

ダッシュはソフトウェア開発者であるEvan Duffield氏とKyle Hagan氏によって2014年1月に設立され、Litecoinのフォークとしてローンチされた。当初のプロジェクトはXcoinと呼ばれていたが、その二週間後にDarkcoinと改名する。その後、2015年にイメージ改革のためにDashという名称へと再度改名された。

価格推移の歴史をみると、基本的にはBTCとの相関関係が非常に強い。最高値は2017年の暗号資産バブルが頂点をつけた同年12月の1,642.22米ドル、最安値はローンチ直後の0.2139米ドルである。コロナショック以降の反発においては主要アルトコインの多くが最高値を更新していった一方、Dashの価格は伸び悩んだ。

ダッシュの購入方法

Dashは現在国内取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入をする必要がある。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: