SHARE

ループリング

LRC
価格44.62
24時間変動率 5.48%
時価総額555億
24時間変動値 2.32
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

ループリング (Loopring) の基本情報

発行上限
承認方式
開始日
中央機関
提唱者
オフィシャルサイトURL https://loopring.org/
ホワイトペーパーURL
公式TwitterURL https://twitter.com/loopringorg
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

ループリング(LRC)とは?

LRCは、分散型仮想通貨取引所構築のために設計されたオープンプロトコルであるLoopringの仮想通貨であり、イーサリアムがベースとなっている。ループリングはBinanceやCoincheckのような中央集権型取引所(CEX)と、Uniswapなどの分散型取引所(DEX)の双方の欠点を解消するプラットフォームを作ることが目的のプロジェクトである。

ループリング(LRC)の特徴

CEXとDEXのデメリットの解消を目指す

現在の仮想通貨取引はCEXが主流となっているが、手数料の高さや、ハッキングの危険性などが指摘されており、新しいサービスであるDEXが誕生した。DEXは手数料が安く、ハッキングの危険性も低いといわれているが、現在の時点で流動性の低さによる問題を抱えている。

LRCでは3つ以上の取引をリングという塊として扱い、スマートコントラクトでマッチングさせることで流動性を高めるアプローチを取る。CEXの問題点を解決した上で、取引を効率化させることでDEXの流動性の問題を解消した双方のメリットを持つ優れた取引所を作ることを目指している。

イーサリアムのセカンドレイヤーソリューション

LRCはイーサリアムのセカンドレイヤーソリューションZkRollupsで構築されており、ERC-20規格で発行される仮想通貨だ。ZkRollupsとはトランザクションを集約してオフチェーンで処理して、イーサリアムのブロックチェーンに保存できる技術だ。この技術によりコストを大幅に削減可能となっている。具体的にはイーサリアムの手数料の100分の1であり、ZkRollupsにより低コストでの利用を実現している。

処理性能の高速化と高いセキュリティを両立

zkRollupsの導入は、LRCにとってイーサリアムのメリットである高いセキュリティ性を確保しつつ、デメリットである手数料の高騰と処理速度の遅延を解決した。ループリングは毎秒2,025件の決済を処理することが可能であり、イーサリアムが毎秒15件ほどしか処理できないことを考えるとその差は歴然だ。また、ループリングは処理性能の高速化とコストの大幅削減を実現するにあたり、セキュリティを犠牲にしておらず、イーサリアムと同等の高いセキュリティ性を両立している。

ループリング(LRC)の歴史

LRCは2017年8月のICOで一般公開され、プロトコルがイーサリアムのメインネットで展開されたのは2019年12月のことである。創設者は、プロトコルの開発・管理を行うLoopring財団のCEOであるソフトウェアエンジニアのDaniel Wang氏だ。

上場当初の約6円から2018年1月には約240円まで上昇するが、2018年~2020年まで低迷が続いた。しかし、2021年11月には約390円を記録。上昇の理由は世界的な仮想通貨価格の高騰とイーサリアムのセカンドレイヤーとして期待が高まったことが挙げられるだろう。

ループリング(LRC)の今後

サービスの普及と利用者数の増加

ループリングは仮想通貨取引所のプロジェクトであることからサービスの普及と利用者数の増加が将来性に直結してくる。プロジェクトの目的であるCEXとDEXのデメリットを解消した利便性のあるサービスを提供できれば、利用者数の増加にもつながるだろう。開発の進捗状況や、取引所としての知名度の向上が価格上昇の鍵となる。

イーサリアムの問題を解決する銘柄として注目されるか

イーサリアムはスケーラビリティ問題と呼ばれるガス代と呼ばれる手数料の高騰と、処理速度の遅延が懸念されているが、LRCのようなセカンドレイヤーソリューションはこの問題を解決する方法の1つとして注目されている。

LRCがイーサリアムの問題を解決する銘柄として注目されれば、価格が上昇する可能性がある。しかし、イーサリアムのセカンドレイヤーソリューションにはPolygon(MATIC)などのライバルも多いことからLRCが必ずしも注目されるとは限らないので、他のプロジェクトの動向も注視が必要だ。

保有を促す仕組みが作られるか

コストの大幅削減、処理速度の向上に加えてイーサリアムのセカンドレイヤーソリューションであることがLRCの魅力となっているが、保有によるメリットや魅力の充実化が欲しい所だ。ループリングにおけるサービスの拡張によって、LRCを保有したいと考える仮想通貨トレーダーを増やしていくことも課題になる。

ループリング(LRC)の購入方法

LRCは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。国内取引所で口座を開設し、元手となる仮想通貨を取引して海外取引所に送金することでLRCの取引が可能だ。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: