【視聴無料】トヨタ、P&G、ネスレ──日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「btokyo ONLINE 2021」のアーカイブ動画を公開【第二弾】

【視聴無料】トヨタ、P&G、ネスレ──日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「btokyo ONLINE 2021」のアーカイブ動画を公開【第二弾】

約3,000人が参加した国内最大級のブロックチェーンカンファレンス「btokyo ONLINE 2021」(主催:N.Avenue、メディアパートナー:coindesk JAPAN)が2021年3月1・2日の2日間で開催。業界をリードするエグゼクティブスピーカーが登壇し、「産業・フィンテック・未来」の3つのアジェンダでブロックチェーンを用いたビジネスの未来を議論した。

本日より、同カンファレンスのアーカイブ動画の第二弾が公開。「トヨタ・ブロックチェーン・ラボが目指す新たな価値創造」「P&Gのブロックチェーン活用とSDGsへの貢献」「ネスレが目指す『サプライチェーン』の新時代 ──情報の透明性が新たなブランドをつくる」「ブロックチェーン『超』進化論──2025年のビジネス市場を予測する」など、人気となったセッションが並ぶ。申し込み登録により視聴は無料となる。

視聴する(登録無料)

ブロックチェーン「超」進化論──2025年のビジネス市場を予測する

ブロックチェーンは「分散型台帳」として改ざん耐性を備え、データの信頼性を高く保つことができるため、すでに送金や決済などに応用されている金融だけではなく、不動産・サプライチェーン・物流・小売・医療・エンターテインメントなど様々な業界での活用が見込まれている。では、ブロックチェーンという新たな技術がもたらす「ビジネスの進化」はどこにあるのだろうか? 本セッションでは、技術とビジネスに精通するリーダーを招き、未来の経済活動がどのようにアップデートされるのかを考える。視聴はこちら(要登録)。

トヨタ・ブロックチェーン・ラボが目指す新たな価値創造──「クルマとサプライチェーン、そしてヒトの未来」まで

電気自動車の登場、AI・IoTなどの技術革新により自動運転の試みが進む自動車産業。新たなブロックチェーンの新技術が加わることで、モビリティはどのような地殻変動が始まろうとしているのだろうか? 本セッションでは、トヨタ・ブロックチェーン・ラボの設立、運営に携わる冨本氏を招き、クルマやドライバーであるヒトに関わる情報からID・決済などのサービスへの展開、さらにサプライチェーンにおける受発注の情報共有や金融との一体化の構想を聞き、トヨタ・ブロックチェーン・ラボの「新たな価値創造」がこれから何をもたらすのかを考える。視聴はこちら(要登録)。

P&Gのブロックチェーン活用とSDGsへの貢献

近年、国連で採択された「SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標」を経営の指針に取り入れる企業が増加しつつある。P&Gでは現在、サステナビリティを組み込んだブランド改革を推進しており、その中にブロックチェーン技術を応用した取り組みがある。本セッションでは、P&Gのイノベーションリーダーであるターニャ・ステファン氏を招き、CoinDeskのエミリー・パーカー氏が対話しながら、今後のグローバルブランドの在り方を考える。視聴はこちら(要登録)。

ネスレが目指す「サプライチェーン」の新時代 ──情報の透明性が新たなブランドをつくる

ブロックチェーンの利活用がもっとも進む領域の1つが「サプライチェーン」だ。新たなセンシング技術により、あらゆる活動がデータになり定量化され、情報共有されることで、消費者との間に「信頼」の新たな価値を生み出しつつある。本セッションでは、世界最大の食品メーカーであるネスレのグローバルリーダーを招き、サプライチェーンの最新事例から、先端テクノロジーとの向き合い方を考える。視聴はこちら(要登録)。

ブロックチェーンが変えるデジタルコンテンツのエコシステム──XR、ファンコミュニティ、著作物流通

デジタルコンテンツ産業におけるブロックチェーン技術の応用領域は広く、XR(VR/AR/MR) でのデジタルアセット化、トークン発行によるファンコミュニティの育成、著作物の流通からスマートコントラクトによる印税の支払いなど、様々な活用法が提案されている。なぜコンテンツ産業はビジネス応用の幅が広いのか? 新たに登場するエコシステムの在り方はどうなるのか?本セッションでは、同領域で先進的な試みを実践する各社のリーダーを招き、デジタルコンテンツ産業の未来を見通す。視聴はこちら(要登録)。

デジタル金融の未来──「イーサリアム」の先にあるもの

ワールドコンピュータを標榜するイーサリアムの共同創設者であり、ブロックチェーンのソリューションを開発するコンセンシス創設者であるジョセフ・ルービン氏は、デジタル金融の領域において注目される人物の一人だ。コンセンシスは、米銀最大手のJPモルガン・チェースが開発してきたブロックチェーンプラットフォーム「Quorum」を買収し、新たな金融プラットフォームを構想する。本セッションでは、デジタル金融にとってブロックチェーンはどのような意味を持つのかをジョセフ・ルービン氏が語る。視聴はこちら(要登録)。

視聴する(登録無料)

文・編集:CoinDesk Japan編集部
画像:N.Avenue

おすすめ記事: