GMOの日本円ステーブルコイン、バイナンスに上場へ

GMOの日本円ステーブルコイン、バイナンスに上場へ

GMOインターネット傘下の米GMO-Z.com Trustが、日本円に連動するステーブルコインの「GYEN」を暗号資産取引所のバイナンス(Binance)に上場する。

GYENは12日午後4時(日本時間)、バイナンス上で取引が始まる。GMOが同日、発表した。日本円と1対1の交換レートで発行・換金されるGYENを利用して、ビットコイン(BTC)や米ドル連動型ステーブルコインの「テザー(USDT)」などの暗号資産(仮想通貨)と取引することが可能になる。

発表によると、GMO Trustが発行するGYENは、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)の規制の下、法定通貨によって裏付けられていることを外部の公認会計士によって監査されている。

法人ユーザーや個人は、取引やヘッジ取引、裁定取引(アービトラージ)、支払いなどにGYENを利用することができる。GYENは日本国外で流通しており、日本の国内居住者への販売はしていない。

|編集:佐藤茂
|トップ画像:

おすすめ記事: