Image courtesy of Ledger

リクルート、イスラエルの仮想通貨ウォレット「ブリーズ」に出資──ライトニングネットワークで少額決済に対応

Brady Dale
公開日:2019年 6月 10日 19:33
更新日:2019年 6月 10日 19:33

リクルートホールディングスのコーポレート・ベンチャーキャピタル(CVC)が、仮想通貨の決済処理能力を上げるライトニングネットワーク対応のウォレットを開発するイスラエルのブリーズ(Breez Development Ltd.)に出資した。

リクルートは6月10日、投資子会社のRSPファンド6号を通じてブリーズに出資を行なったと発表。出資額は明らかにしていない。ブリーズは2018年5月にイスラエルのテルアビブで設立されたスタートアップ。

リクルートは2011年頃から人工知能(AI)、ブロックチェーン、IoT(モノのインターネット)&ロボティクスなどに投資領域の重点をおきながら、国内外のスタートアップへの投資を本格化させてきた。今回投資を行なったブリーズが開発するウォレットは、ブロックチェーンの機能を拡充するライトニングネットワークを使い、少額決済の高速処理を可能にするという。

発表資料によると、ブロックチェーン上で取引が承認されるまでに通常、10分以上かかるが、ライトニングネットワークを利用することで1秒以内に処理できる。ユーザーは、ブリーズのアプリをスマートデバイスにインストールして利用する。

リクルートの同ファンドは昨年12月、仮想通貨を担保に法定通貨を貸し出すサービスなどを展開する米ブロックファイ(BlockFi Inc.)への出資を発表している。米国を中心に分散型金融テクノロジーへの注目が高まる中での出資となった。

文:佐藤茂
サムネイル:ブリーズのHPより