【US市場】FRBの決定に強気センチメント回復──長続きしないとの見方も

【US市場】FRBの決定に強気センチメント回復──長続きしないとの見方も

ビットコイン(BTC)は12月16日、200日移動平均線に近い4万6000ドル付近で推移した。テクニカル分析で重要なサポートレベルとなる200日移動平均線を下回ると、さらなる下落圧力を招く可能性がある。

現状、ビットコインは売られ過ぎのようで、24時間で約2%下落、イーサーリアム(ETH)はほぼ横ばい、ソラナ(SOL)は4%上昇、テラ(LUNA)は7%上昇した。

暗号資産(仮想通貨)市場には、強気センチメントが戻りつつあるようで、特にアルトコインが好調に推移。ビットコインのドミナンスは低下した。

だが、米連邦準備制度理事会(FRB)の15日の決定に対する市場の強気な反応は長続きしないと見る向きもある。FRBはテーパリング(量的緩和の段階的縮小)の加速を発表したが市場参加者はすでに予想済みだった。

「長期投資家は、こうした動きによって金融環境が自ずと厳しくなることを忘れてはならない。リスク資産に対する需要は徐々に、だが持続的に減少するだろう。暗号資産市場の主なリスクは、今後数カ月で金融環境は変わり、暗号資産への需要の一部は失われるであろうことだ」とFxProのアナリスト、アレックス・カプチケヴィッチ(Alex Kuptsikevich)氏はコメントした。

最新価格

●ビットコイン:47,944ドル、−2.80%
●イーサリアム:4,022ドル、−1.04%

●S&P500:4,668、−0.88%
●ゴールド:1,799ドル、+1.10%
●米国10年債:1.43%

イーサリアム、サポートを維持

イーサリアムは数週間にわたって不安定な値動きが続いているが、16日は4000ドルを超えて推移した。1カ月ではビットコインの20%下落に対し、約4%の下落となっている。

現状、イーサリアムは100日移動平均線(約3900ドル)付近でサポートされ、短期的な下落は横ばいとなる可能性がある。また日足チャートの相対力指数(RSI)は、価格上昇に先行した9月下旬以降で最も売られ過ぎとなっている。だがビットコイン同様、上値は史上最高値4800ドル付近で抑えられるようだ。

出典:CoinDesk, TradingView

アルトコイン

機関投資家、アバランチに注目:暗号資産カストディ会社ビットゴー(BitGo)がアバランチ(AVAX)をサポートする。これは機関投資家の関心を反映している。先日、バンク・オブ・アメリカは、アバランチはDeFi(分散型金融)、ノンファンジブル・トークン(NFT)、ゲームにおいてイーサリアムに代わる有力な選択肢となり得るとレポートで述べている。

元大統領夫人のNFT:メラニア・トランプ前大統領夫人は12月16日、自身のNFTプラットフォームを開設すると発表、多くのツイッターユーザーを困惑させた。プレスリリースによると、元大統領夫人のノンファンジブル・トークン(NFT)は「メラニアのビジョン」というタイトルで、夫人のコバルトブルーの瞳を水彩画風に描いた作品。「コレクターにインスピレーションを与えるものを提供する」という。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk, TradingView
|原文:Market Wrap: Altcoins Outperform as Ether Rises Toward $4K

おすすめ記事: