バンダイナムコ、セガがゲーム向けブロックチェーンを開発へ──Oasysプロジェクトが始動

バンダイナムコ、セガがゲーム向けブロックチェーンを開発へ──Oasysプロジェクトが始動

バンダイナムコとセガが、ゲーム特化のブロックチェーン開発に乗り出す。2月8日、「Blockchain for The Games」をコンセプトとするゲームに特化したブロックチェーン「Oasys(オアシス)」プロジェクトを発足させた。

プロジェクトの設立メンバーには、バンダイナムコ研究所の中谷始社長やセガの内海州史氏副社長に加え、double jump.tokyoの上野広伸CEOとThirdverse 國光宏尚CEOが揃った。

レイヤー1とレイヤー2技術を組み合わせた、独自の「Oasysアーキテクチャ」を採用した。EVM(イーサリアム仮想マシン)互換で、マルチチェーンに対応する。比較的、環境負荷が低いといわれるプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を使う。

ゲームの開発者は、ブロックチェーンを活用したゲーム内決済やNFTアイテムによって、他ゲームとの連携を容易にする。また、プライヤーのガス代を無料にできるという。

開発は、手塚プロダクションとNFTを展開した実績を持つdoublejump.tokyoが主導する。今後、同社が提供するゲームをオアシスに対応させる予定だ。さらに、NFTの発行販売を検討する事業者向けに、ユーザーに手数料を課さないブロックチェーン上の取引サービスを提供していくという。

|取材・テキスト:菊池友信
|編集:佐藤茂
|トップ画像:double jump.tokyoの発表文より

おすすめ記事: