メタバース・スタートアップが190億円調達──ソフトバンクとa16zが主導

メタバース・スタートアップが190億円調達──ソフトバンクとa16zが主導

メタバーステクノロジー会社の「Improbable(インプロバブル)」は4月7日、ソフトバンク・ビジョン・ファンド2と、アンドリーセン・ホロウィッツ(a16z)の主導で1億5000万ドル(約190億円)を調達したと発表した。「M²」と名づけた「相互運用可能なWeb3.0メタバースのネットワーク」の構築を目指すという。

Improbableによると、同社は世界中の60以上のゲーム会社に、マルチプレイヤー・メタバースをサポートする技術とサービスを提供している。同社の大規模プラットフォームは、アメリカやイギリスの政府機関も利用している。

「Improbableが実現する大規模メタバースの設計ツールを使い、Web3.0の相互運用性とコンポーザビリティ(構成可能性)で互いの世界を拡張することで、真に画期的な仮想体験が生まれるだろう」とa16zのゼネラルパートナー、クリス・ディクソン(Chris Dixon)氏はプレスリリースで述べた。

メタバース業界の成長が予測されているにもかかわらず、現在提供されている製品は「メタバースと名乗るにふさわしい」十分な人数や「リッチなインタラクティブ性」をサポートできないとImprobableは述べた。「高度な相互運用性と共通したガバナンス」に対するユーザーの期待に応えられないクローズドなプラットフォームもあるという。

M²はプレスリリースによると、1万人以上のプレーヤーをサポートし、高密度な仮想空間でのやり取りを実現するという。デジタル資産の取引やWeb3.0のコンセプトに沿ったガバナンスも可能になる。

「M²は、ゲーム開発者が暗号資産を作成し、ネットワークに追加する方法となり」、メタバース間の相互運用性を実現すると同社広報担当バイスプレジデント、マリン・ブーロット(Marine Boulot)氏は語った。

Improbableはこれまでの資金調達ラウンドで6億ドル以上を調達しており、1月にメタバースへの取り組みを加速し、コンテンツ戦略に再度注力する計画を発表している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:「ディセントラランド」のカジノ(CoinDesk)
|原文:Andreessen Horowitz, SoftBank Lead $150M Raise for Metaverse Startup Improbable

おすすめ記事: