【US市場】ビットコインは反落、2万ドルを維持できず

【US市場】ビットコインは反落、2万ドルを維持できず

ビットコイン(BTC)は28日を2万ドル超えで迎えたが、米東部時間午後には反落し、当記事執筆時点では週明けの水準とほぼ同じ1万9100ドル付近となっている。イーサリアム(ETH)も同じような値動きとなった。

暗号資産市場は伝統的に弱気な9月が終わり、強気な10月となることを期待している。2014年以来、10月は1日の平均リターンが2月に次いで高くなっている。逆に最も悪いのが9月。

暗号資産全体のパフォーマンスを測定する広範な市場指標、CoinDesk Market Index(CMI)は、3.6%上昇した。

経済カレンダー:8月の米耐久財受注は、予想のマイナス0.9%に対してマイナス0.2%。金利上昇にもかかわらずマイナス幅が減少したことは、経済の回復力を強調することになった。利上げの影響が遅れていることがポジティブな結果につながった可能性がある。

8月の新築住宅販売件数は前月比約29%増の68万5000戸。5カ月ぶりの高水準となり、予想の50万戸を大きく上回った。一方、住宅価格は13.9%上昇。前月の16%から低下し、2021年2月以来の低い上昇率となった。

経済を大きく失速させずにインフレを抑制するというジレンマと格闘しているFRB(米連邦準備制度理事会)にとって、今回のポジティブなデータは、現在のタカ派的な利上げペースの維持を後押しする可能性がある。

市場では現在、11月に開催される次回のFOMC(米連邦公開市場委員会)では、再度0.75%の利上げが行われるとの見方が広がっている。

債券:米債券市場にもストレスのサインが見られる。特にブルームバーグの米国債流動性指数は2010年以来最悪の水準に達している。「米債券市場は今、非常に暗く、悪い状況にある」とBianco Researchのジム・ビアンコ(Jim Bianco)氏はコメントした。

債券市場の流動性の低下は、株式や暗号資産をはじめとする他の市場にも悪影響を及ぼす可能性がある。

株式市場:株式市場はまちまち。ダウ平均は0.4%、ナスダックは0.2%下落し、S&P500は0.3%上昇した。

コモディティ:WTI原油は2.3%上昇、欧州ブレント原油は2.7%上昇、天然ガスは3%下落した。ゴールドは0.3%上昇、銅は0.3%下落した。

最新価格

●ビットコイン:19,043ドル、-0.6%
●イーサリアム:1,321ドル、-0.5%
●CoinDesk Market Index(CMI):947ドル、-0.9%

●S&P500:3,647.29、-0.2%
●ゴールド:1,636ドル、+0.8%
●米国10年債利回り:3.96%、+0.09

テクニカル分析

ビットコインとイーサリアムは協定世界時27日の未明に上昇し、その日の大半はそのまま推移した。8月の耐久財受注と新築住宅販売件数が予想外に良好で、投資家がFRBは現在の急激な利上げペースを一時停止するのではないかとの期待を抱いたためだ。

ビットコインが1年のこの時期に上昇する傾向があることも、価格上昇の一因となったようだ。

CME(シカゴマーカンタイル取引所)のFedWatchでは、0.75%利上げの確率は73%から66%に低下した。

一方、パウエルFRB議長は27日、フランス銀行(中央銀行)のイベントで、DeFi(分散型金融)規制は実経済への影響が限定的なことを考えると「注意深く、慎重に」行う必要があると述べた。「DeFiの冬が(中略)銀行システムや広範な金融安定性に大きな影響を与えなかった」理由は、双方の間につながりがなかったためとパウエル議長はパネルディスカッションで語った。

DeFiではイーサリアムブロックチェーンの役割が大きいにもかかわらず、イーサリアムトレーダーはパウエル議長のコメントにほとんど反応を示さなかった。

出典:TradingView

ビットコインは「強い10月」を継続するだろうか?

2014年以降、10月は歴史的にビットコインのパフォーマンス(1日の平均リターン)が2番目に高い月となっている。一方、9月は最も悪い月。

この傾向を利用しようとするトレーダーは、9月中はビットコインをショートし、9月末から10月にかけてロングしていたかもしれない。

チャートを見ると、ビットコインは27日午後にはそれまでの上昇分をすべて失った。1時間足チャートで買われすぎ領域まで上昇すると、突然反転し、現在は売られすぎ状態にあるようだ。

アルトコイン

分散型取引所バンコール、価格維持のためのトークン焼却を提案:DEX(分散型取引所)のバンコール(Bancor)は、暗号資産バンコール(BNT)の価格を維持するために、100万BNTの焼却を提案している。

破綻したレンディング大手セルシウス、CEOが辞任:破綻した暗号資産レンディング大手セルシウス・ネットワーク(Celsius Network)のCEO、アレックス・マシンスキー(Alex Mashinsky)氏が辞任。暗号資産セルシウス(CEL)はこのニュースを受けて、8%下落した。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:Market Wrap: Bitcoin Takes Investors on a Wild Ride

おすすめ記事: