【US市場】ビットコインとイーサリアム、2日連続上昇──FRB政策転換への期待広がる

【US市場】ビットコインとイーサリアム、2日連続上昇──FRB政策転換への期待広がる

ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は10月4日、2日連続の上昇となった。

ビットコインは2.8%上昇、3日の2.7%上昇を上回わり、2万ドルを回復した。

イーサリアムは2.4%。イーサリアムとビットコインの相関関係(日次)は最近下落しており、9月28日の0.95から0.76となっている。

暗号資産全体のパフォーマンスを測定する広範な市場指標、CoinDesk Market Index(CMI)は、1.89%上昇。

経済カレンダー:米労働省が4日発表した8月の雇用動態調査(JOLTS)によると、8月の求人件数は1010万人に減少、2021年6月以来の低水準となった。

これは暗号資産にとって極めて重要。予想外に大きな減少は、理論的にはFRB(米連邦準備制度理事会)に積極的利上げからの転換を予想よりも早く促す可能性がある。

株式市場:株式市場も2日連続の上昇。ダウ平均は2.8%、ナスダックは3.3%、S&P500は3%上昇した。

コモディティ:エネルギー市場は、OPECの供給削減の可能性を受けて4日も上昇し、WTI原油と欧州ブレント原油はどちらも3%上昇した。天然ガス価格は5.4%上昇。

金属市場では、銅先物は2.6%上昇、ゴールドは1.8%上昇した。

最新価格

●ビットコイン:20,379ドル、+4.2%
●イーサリアム:1,360ドル、+3.0%
●CoinDesk Market Index(CMI):989ドル、+3.0%

●S&P500:3,790.93、+3.1%
●ゴールド:1,735ドル、+2.5%
●米国10年債利回り:3.62%、-0.2

テクニカル分析

暗号資産市場は上昇、FRBが金利引き上げから引き下げ、つまり、より緩和的な金融政策に転換するとの期待が広がったようだ。

先週、イングランド銀行(中央銀行)が無制限の債券購入を開始、資金を経済に注入すると発表したことで、アメリカがこうした動きに追随する可能性が高まった。

とはいえ、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のFedWatch(デリバティブ市場の動きを通じて、FRBの金利引き上げの確率を追跡)はあまり影響を受けておらず、11月に0.75%の金利引き上げが行われる確率は59%となっている。イングランド銀行の発表前の62.5%からは低下している。

ニューヨーク連銀のジョン・ウィリアムズ総裁は2日、「まだかなりの道のり」があると指摘し、現在の金融政策は成長を抑制しているわけではないと付け加えた。

ライル・ブレイナードFRB副議長は9月30日、「金融政策は当面の間、制限的でなければならない」と語り、FRBが「早期に金利引き上げを終える」ことはないと示唆した。だが副議長はFOMC(米公開市場委員会)は「金融の脆弱性に注意を払う」必要があることも認めている。

8月の雇用動態調査(JOLTS)の発表を受けて、市場は金利低下の可能性を織り込んだようだ。

米ドル指数(DXY)は、最近ドルが弱くなっていることを示している。ビットコインとDXYは7月以降、逆相関関係となっている。

テクニカル分析では、米ドル指数はRSI(相対力指数)の買われすぎ、売られすぎの水準に反応する傾向が若干見られる。9月27日、米ドル指数のRSIは82まで上昇、その後、現在の44まで下落した。この期間に米ドル指数は4%下落、ビットコインは4.4%上昇した。

米ドル指数のRSIが70を超えたのは最近4回(9月6日、9月1日、8月22日、7月14日)で、その後の7日間の米ドル指数上昇率はそれぞれ0.006%、1.2%、0.002%、2%となっている。

ビットコイントレーダーは、米ドル指数の下落要因を見極めなければならない。ビットコインの上昇は、米ドル指数の下落よりも不鮮明に見え、2つの資産を連動させて取引することには注意が必要だ。

出典:TradingView

アルトコイン

NFTを選挙キャンペーングッズに:NFT企業のData Vault Holdingsは、NFTを選挙のキャンペーングッズとして販売できるよう米連邦選挙委員会に求めている。認められれば、選挙活動への寄付に対して、NFTを販売できるようになる。

イーロン・マスク氏、ツイッター買収を再提案:テスラCEOのイーロン・マスク氏がツイッターの買収提案を再び進めているようだ。ニュースを受けて、ツイッターの株価は上昇。マスク氏お気に入りのドージコイン(DOGE)も上昇した。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk
|原文:Market Wrap: Markets Seem Hopeful the Fed Will Temper Rate Increases That Crushed Prices

おすすめ記事: