ブロックチェーン、正式に中国の技術戦略の一環に

ブロックチェーン、正式に中国の技術戦略の一環に

中国経済の計画を担う、影響力の大きな政府当局は、ブロックチェーンは中国のデータおよび技術インフラの重要な一部となると述べた。

中国の国家発展改革委員会(NDRC:National Development and Reform Commission)は4月20日、ブロックチェーンは、クラウドコンピューティング、AI(人工知能)、IoTなどの新興技術に加わり、中国が今後数年間において情報の流れを管理するために使用するシステムを支えると報道陣に述べた。

国家発展改革委員会は、中国経済の方針や戦略を立案する最高レベルの行政機関。公共交通への投資から、独占禁止の調査、社債の発行の監督まで、幅広い分野を担当している。

ブロックチェーンを含む新技術をいかにして取り込むかについて、ハイテク担当ディレクター、ウー・ハオ(Wu Hao)氏は、NDRCは「関連部門と連携して、新しいインフラの開発を促進し、新興業界の持続可能で健全な発展に貢献するアクセスルールを改定、改善するために関連するガイダンスを研究、発表していく」と述べた。

中国におけるブロックチェーンの将来にとって、これが何を意味するかを見極めることは難しい。NDRCとブロックチェーン業界の関係は複雑のためだ。

NDRCの下部組織は、ブロックチェーンベースのアプリケーション開発に必要なツールへのアクセスを企業に提供する新しいブロックチェーン・サービス・ネットワーク(Blockchain Service Network:BSN)に取り組んでいる。BSNはすでに国内の商業利用向けにローンチされており、今週後半にはグローバル企業向けにも展開される。

しかし2019年4月、NDCRは同国のビットコインマイニング業界を、中国から「排除」したい業界の草案に含めた。

2019年10月、習国家主席がブロックチェーンの大きな可能性について自身の考えを明確に表明した数週間後、NDCRは望ましくない業界のリストからマイニング業界を静かに削除した。

過去、NDRCは政府の経済戦略に必須と考えられる業界向けのガイダンスと支援的な方針を発表している。2018年9月には、AIやIoTなどの新興技術に取り組む企業への財政支援として1000億元(141億ドル、約1兆5000億円)を提供するために、中国国家開発銀行(China Development Bank)と合意した。

NDRCが、ブロックチェーンに取り組む企業に同レベルの支援を提供する計画を持っているかどうかはわからない。しかし、ブロックチェーン技術への支援がトップにまで浸透しているなか、ブロックチェーン企業はまもなく、韓国などのようにきわめて好意的に扱われることになるかもしれない。

翻訳:山口晶子
編集:増田隆幸
写真:Shutterstock/fuyu liu
原文:Blockchain Now Officially Part of China’s Technology Strategy

おすすめ記事: