SHARE

ビットコインゴールド

BTG
価格2,978
24時間変動率 -1.01%
時価総額571億
24時間変動値 -30.29
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

ビットコインゴールド (Bitcoin Gold) の基本情報

誰でも簡単に入手できるGPUでマイニングが可能な通貨。

発行上限 21,000,000
承認方式 PoW
開始日 2017年10月
中央機関
提唱者
オフィシャルサイトURL https://bitcoingold.org/
ホワイトペーパーURL
公式TwitterURL https://twitter.com/bitcoingold
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

ビットコインゴールド(BTG)とは?

BTGはビットコインのハードフォークによって生まれた暗号資産(仮想通貨)である。BTGが分裂した経緯にはマイニングが大きく関わっている。資金力を持つ企業がASICと呼ばれる専用のICチップの採用し、マイニング利益の独占をしていると問題視されたのである。BTGではASICでのマイニングを禁止しており、個人と企業が公平な条件でマイニングができる仮想通貨となっている。

ビットコインゴールド(BTG)の特徴

GPUによるマイニングが可能

近年のビットコインマイニングは、ASICと呼ばれる高性能機器に支えられている。そのマイニング速度は、ビットコインマイニングが開始された2009年時点でのCPUマイニングの実に約1,000億倍に上る。このことからもASICがマイニングにおいて、いかに高性能を誇っているかがわかるだろう。しかし、マイニングにおける技術革新は企業と個人の溝を深める結果となった。個人がマイニングで報酬を得ることが困難になったからだ。

BTGではASICによるマイニングを禁止し、一般的なパソコンにも内蔵されているGPUによるマイニングが可能となっている。つまり、マイニング参入の敷居が下がり、個人でも気軽にマイニングに挑戦できる仕組みとなっている。

短期的な周期でマイニング難易度の調整を行う

マイニング難易度とは、マイニングに必要な計算レベルのことであり、高い難易度であるほどマイニングに求められる計算能力が高くなる。マイニング難易度が上昇すると、計算能力の高い機器を持った人以外のマイニングが難しくなる。ビットコインのマイニング難易度の調整は2週間に一度であるが、BTGは10分に1回調整を行い、難易度を下げている。このような細やかな難易度の調整により、高性能な機器を持たない個人もマイニングに参入しやすくなっている。

ビットコイン保有者に配布されたことがある

BTGがハードフォークした際、ビットコインの保有者に対して同量のBTG配布が行われた。当時、資産が無条件に増えるように見えたことから、ビットコインの価値が大きく下がる可能性が懸念されて非難が広がった上、開発が不十分であったこともあって、BTGが付与されるタイミングも遅れた。初期にトラブルはあったものの、BTGは現在の時点で無価値になることはなく、ハードフォークが実施された2017年のビットコインの保有者を中心に所有されている。

ビットコインゴールド(BTG)の歴史

BTGは、ビットコインの愛好家たちによって創設された仮想通貨だ。Hang Yin氏とMartin Kuvandzhiev氏による共同設立であり、お互いにソフトエンジニアに関係する経歴を持っている。2017年にハードフォークが行われたが、BTGはビットコインの代替となる通貨になることは目指していない。

ビットコインの差別化にはマイニングが挙げられるが、マイニングにおいて差別化を実現するために、ビットコインが採用するアルゴリズムであるSHA-256ではなくEquihash PoWを採用することとなった。

ビットコインゴールド(BTG)の今後

マイニングの仕様変更による利点が評価されるか

ビットコインとの大きな違いはマイニングであるが、差別化をした点が評価されなければ価格の上昇にはつながらない。BTGのマイニングが優れている点は51%攻撃の防止だ。特定の団体にマイニングの51%以上を掌握されれば、不正な取引が行われる可能性がある。

BTGのように、特定の団体がマイニングを掌握しないようにする取り組みは、51%攻撃の防止において有効である。しかし、BTGは過去に51%攻撃を受けたことがあるので、オリジナルのビットコインが51%攻撃の危機に晒されることがあったとしても、価格が上昇するかどうかは分からない。BTGのマイニングにおける取り組みが評価されなければ価格の上昇にはつながりにくい。

アップデートや開発による新しい材料

現状の材料からBTGの価格上昇を期待するのは難しいかもしれないが、BTGの開発は続けられているので、今後のアップデート内容や開発の進捗が公開され、魅力的な材料として捉えられれば、価格の上昇につながる可能性がある。

ビットコインからハードフォークした通貨である以上、ビットコインとの比較は避けられない。ビットコインと比較して大きなメリットのある仕組み、あるいはビットコインの問題を解決するようなBTGのアップデートが望まれる。例えば、ビットコインが現在抱えているスケーラビリティ問題を解決するような開発があれば、BTG価格の上昇につながるかもしれない。

ビットコインゴールド(BTG)の購入方法

BTGは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: