SHARE

パックスゴールド

PAXG
価格234,285
24時間変動率 -0.16%
時価総額725億
24時間変動値 -375.69
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

パックスゴールド (PAX Gold) の基本情報

発行上限
承認方式
開始日
中央機関
提唱者
オフィシャルサイトURL https://www.paxos.com/paxgold/
ホワイトペーパーURL https://www.paxos.com/wp-content/uploads/2019/09/PAX-Gold-Whitepaper.pdf
公式TwitterURL https://twitter.com/paxosglobal
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

パックスゴールド(PAXG)とは

パックスゴールド(PAXG)は、2019年にパクソス・トラスト・カンパニーによって設立されたゴールドを担保とするステーブルコインだ。イーサリアムのブロックチェーン上で動作するERC-20規格を採用していることから、PAXGは多くの海外取引所で取引可能で、仮想通貨を通じてゴールドに投資できる。

パックスゴールド(PAXG)の特徴

ゴールドとペッグしたステーブルコイン

ステーブルコインとは価値の裏付けとなる担保が用意されている仮想通貨のことであり、通常の仮想通貨と比較して取引価格が安定しやすい特徴がある。代表的なステーブルコインはドルを担保にしたテザー(USDT)が挙げられるが、PAXGは担保となる資産がゴールドである仮想通貨だ。米国の信託会社によって発行されたゴールドをパクソス・トラスト・カンパニーが保管することでPAXGの価格をゴールドと連動させている。

保管に手数料がかからない

ゴールドの現物に投資するとき、保管を貴金属会社に委託した場合は手数料が継続してかかる。ゴールドETF(上場投資信託)も同様に投資するためには運用の委託にかかる信託報酬を継続して支払う必要がある。

PAXGは保管手数料・信託報酬がかからないので、低コストでゴールドに投資できる点が他のゴールド投資の方法と比較した際に優れた点となっている。ただし、売買手数料やイーサリアム経由の送金でかかるガス代などの手数料は発生する。

保有している仮想通貨に割り当てられたゴールドを確認できる

PAXGはイーサリアムのブロックチェーン上に構築されたトークンである。PAXOS公式サイトでは、保有しているPAXGのイーサリアムアドレスを入力することで、現在保有している仮想通貨に割り当てられている金の量とシリアル番号を確認できる。

パクソス・トラスト・カンパニーはニューヨーク州の金融サービス局に監視され、PAXGの供給量と担保となるゴールドの量が一致するかどうかが毎月確認されていることからも、一定の信頼性があることが分かる。

パックスゴールド(PAXG)の歴史

PAXGはパクソス・トラスト・カンパニーのCEOであるCharles Cascarilla氏によって創設され、2019年9月28日に上場した。PAXGが作られた背景には、ゴールドのような現物商品は分割が難しく、取引において不便になりやすいことが挙げられる。Cascarilla氏はゴールドをより取引しやすいものにするために仮想通貨という仕組みに注目した。

PAXGはゴールドを購入するための最低投資金額が安く設定されており、少量のゴールドを購入できる。購入金額の敷居を低くし、取引しやすくすることで大口以外の投資家もゴールドに投資しやすくなる新たなゴールドへの投資方法として確立した。

パックスゴールド(PAXG)の今後

金価格の変動に依存する

PAXGはゴールドに連動するステーブルコインであるため、価格が上昇するかどうかは金価格の変動に依存する。経済不安が広がり、インフレが懸念されれば現物資産であるゴールドの価値も上昇しやすいため、連動するPAXGの価格も上昇しやすくなるといえるだろう。一方で、金価格が暴落する局面があれば、当然PAXGの価格も大きく下落する危険性がある。

爆発的な上昇は期待しにくい

ステーブルコインは通常の仮想通貨と異なり取引価格が安定しやすいが、反面、爆発的な上昇は期待しにくい。ゴールドは投資家から有事の安全資産と呼ばれるほど価値が安定しており、仮想通貨と比較して値幅は小さい。短期から中期にかけて現在の価格の数倍や数十倍の価格になることを期待するのは難しいだろう。

管理会社の信頼性

ステーブルコインは担保となる資産があることから価格が安定しやすいといわれるが、テザー疑惑や、USTのディペッグ騒動などでは、信頼性を損ねた結果、価格が暴落する事態に発展したことがある。管理会社の資産管理に対して疑惑が発生するだけでも、価格が暴落する危険性もあるため、ステーブルコインの価値を守るためには管理会社の信頼性が問われてくる。

PAXGのゴールドを管理するパクソス・トラスト・カンパニーは、公式サイトにおいて割り当てられたゴールドの情報を調べるシステムがあり、透明性のある運用を行っているが、疑惑だけでも価格が暴落する可能性がある以上、金価格との連動が失われるほどの下落が将来的に起きないことは否定できないので、ステーブルコインには管理会社の信頼性に関わるリスクがあることを留意しておこう。

パックスゴールド(PAXG)の購入方法

PAXGは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。国内取引所で口座を開設し、元手となる仮想通貨を取引して海外取引所に送金することでPAXGの取引が可能だ。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: