SHARE

ジーキャッシュ

ZEC
価格8,136
24時間変動率 0.87%
時価総額1,051億
24時間変動値 70.27
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

ジーキャッシュ (Zcash) の基本情報

プライバシーを保った送金もできる通貨

発行上限 21,000,000
承認方式 PoW
開始日 2016年10月
中央機関
提唱者 Zooko Wilcox-O'Hearn
オフィシャルサイトURL https://z.cash/
ホワイトペーパーURL https://zcash.readthedocs.io/en/latest/
公式TwitterURL
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

ジーキャッシュ(ZEC)とは

ジーキャッシュ(Zcash / ZEC)は、コンピューターセキュリティ専門家・起業家であるZooko Wilcox-O’Hearn氏によって2016年10月28日にリリースされた、プライバシーと匿名性に焦点を当てた分散型仮想通貨である。Zooko Wilcox-O’Hearn氏はビットコイン創世記よりコミュニティーに参加しており、ビットコインに関するブログを始めて執筆した人物としても知られる。

Zcashのシステムはビットコイン(BTC)のコードベースを基盤にしており、承認システムにも同じくPOWを採用している。Zcashはゼロ知識証明という技術を用いることにより、送信者・受信者・取引量を非公開にしたままトランザクションの整合性を保つことが可能であり、匿名性が担保している。

ジーキャッシュ(ZEC)の特徴

高度なセキュリティ・匿名性

Zcashではゼロ知識証明zk-SNARKsを用いることにより、送信者・受信者・取引量を開示しないまま、証明者と検証者の間の相互作用なしにトランザクションの整合性を保つことが可能にしており、この機能により匿名性が担保されている。

ゼロ知識証明は、リング署名とペダーセン・コミットメントという技術の組み合わせからなる。リング署名では決済時の署名を複数名で行うことにより、決済者の特定を防ぐことを可能にしており、ペダーセン・コミットメントは取引量と取引額を非公開としている。具体的にはshielded poolと呼ばれる、非公開にされたアドレスの集ったプールによって匿名性が担保されており、そのプールの中で残高やトランザクションの内容が全て暗号化されている。そのプールに入ったり出たりするトランザクション、あるいは別々のプール間のトランザクションは確認可能であるが、プールに属する相手のアドレスは非公開にされているのだ。このshielded poolを使用する手数料は0.0001ZECとなっている。

選択的開示による監査や規制基準への準拠

Zcashではコインのトランザクション履歴を非公開にすることができる一方で、選択的開示の選択肢も備えている。マネーロンダリング防止や税法に準拠するために、ユーザーの許可を得た場合にのみ、監査の際のユーザーの支払いを証明することが可能となっている。

透明性の必要性

高い匿名性にはマネーロンダリングや他の犯罪への懸念が付き物である。2020年に行われたランド研究所の研究(Zcashの提供元から委託)によると、ダークウェブにて使用されているDashやZcashなどのプライベートセンド機能を持つコインのアドレスは0.2%未満となっているという。その一方で、同年10月初めに発表された欧州刑事警察機構のインターネット犯罪脅威評価において、Zcashはダークウェブ上の取引において最も定評のあるプライバシーコインとなり得ると、法執行機関の審査の障害となる可能性が指摘されている。

安価な送金手数料

2022年8月現在、ビットコインの送金手数料は0.001BTC=約$27である一方、Zcashの送金手数料は、0.001ZEC=約$0.17である。他のアルトコインと比較をしても、Stelllarの手数料が$0.004 、Litecoinは$0.041と、Zcashの手数料は安価である。shielded poolを使用を組み合わせた場合においても、非常に安価な手数料で匿名性を担保した取引を提供している。

ジーキャッシュ(ZEC)の今後

PoSへの移行、そして相互運用性の構築

Zcashのロードマップでは、2024年までのPoS移行が予定されている。PoS移行により相互運用性の構築が可能となり、クロスチェーンプロトコルであるコスモスネットワークとの提携も示唆されている。コスモスネットワークとの提携によって、より多くのデベロッパーによる開発が可能となるとされている。さらに、クロスチェーンの使用可能によって、より多くのプロジェクトへの参加が可能となるという。

匿名性の高さが及ぼす課題

2022年8月現在、トルネードキャッシュやブレンダーなどの取引履歴を非公開にする匿名性の高いミキシングシステムには、犯罪やテロに使用される懸念から強い規制がかけられている。2022年8月にはトルネードキャッシュ開発者の1人である29歳男性がオランダ当局によって逮捕され、さらに規制強化が発表され、主要プライバシーコインの価格が8%前後下落した。Zcashはユーザーによる選択的開示が可能なものの、今後の動向が注目されている。

ジーキャッシュ(ZEC)の購入方法

国内の仮想通貨取引所では取り扱っていないので、取引をしたい場合は海外取引所を利用する必要がある。CoinDesk Japanでは、金融庁に認可された国内の仮想通貨取引所の利用をおすすめしている。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: