ビットコインマイニング、中国のシェアは規制強化前から低下

ビットコインマイニング、中国のシェアは規制強化前から低下

ケンブリッジ大学のデータを見ると、ビットコイン(BTC)マイニングにおける中国のシェアは、5月に中国がマイニングへの規制を強化する前から低下していた。

ケンブリッジ・センター・フォー・オルタナティブ・ファイナンス(CCAF)によると、2019年9月は75%だった中国のシェアは、2021年4月には46%になっていたという。

数値はビットコインのハッシュレート(取引の検証とブロックのマイニングに使われる計算能力)に占める中国のシェアに基づいている。

4月以降のデータは未入手のため、中国のマイニングへの規制強化がどのような影響を与えているかはわからない。中国は5月下旬から暗号資産マイニングへの規制を強化し、マイニング事業者が利用していた火力発電や水力発電が盛んな複数の地域でマイニング事業者の操業を停止させた。

CCAFによると、中国のシェア減少から主にアメリカとカザフスタンが恩恵を受けているようだ。

アメリカのシェアは2019年9月から4倍以上になり、4月時点で16.8%に、カザフスタンは8.2%で世界第3位のビットコインマイニング拠点となった。

ここ数週間、カザフスタンは中国から移動するマイニング事業者の第一候補地となっているようで、BITマイニング(BIT Mining)とカナン・クリエイティブ(Canaan Creative)は最近、カザフスタンで事業を開始した。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:Shutterstock
|原文:China’s Bitcoin Mining Share Was in Decline Even Before Crackdown

おすすめ記事: