ポリゴンの上場投資商品、ユーロネクストに初上場へ──スイスの21Sharesが開発

ポリゴンの上場投資商品、ユーロネクストに初上場へ──スイスの21Sharesが開発

ユーザー数と取引処理の急増を背景に、イーサリアム上の手数料高騰の問題を解決するセカンドレイヤー・ソリューションの一つであるポリゴン(Polygon)が注目を集める中、ポリゴンのネイティブトークンに連動する上場投資商品が、パリとアムステルダムのユーロネクスト(Euronext)に初上場する。

ポリゴンに連動する投資商品(ETP=Exchange-traded product)を開発したのは、スイスの21Shares社で、同社は12月1日にポリゴンETPのユーロネクストへの上場計画を発表した。21Sharesは11月に、ポリゴンETPを初めてスイスの証券取引所「SIX」に上場している。

イーサリアムは、多くのアプリケーションやNFTマーケットの基盤として利用されるケースが急増し、取引処理の遅れや手数料(ガス代)高騰の問題が発生している。このスケーラビリティ問題を解決するためのプロジェクトとして生まれたのがポリゴンで、現在3,000を超えるアプリケーションの運営を可能にしている。

21Sharesは暗号資産(仮想通貨)に連動するETPの開発をコア事業にするスイス企業で、今年6月にはソラナ(SOL)連動ETPをSIXに上場させた。現在、同社が運用する資産総額は29億ドル(約3270億円)を超える。

ユーロネクストは、パリ、アムステルダム、ブリュッセル、ミラノなどにある証券取引所を運営する企業で、本社はアムステルダムとパリにある。

|編集:佐藤茂
|トップ画像:Shutterstock.com
|原文:21Shares to List Europe’s First Polygon ETP in Paris, Amsterdam

おすすめ記事: