ビットコイン、リブラに関するツイートが最も多い国は?──否定的ツイートのトップはベネズエラ:調査報告

ビットコイン、リブラに関するツイートが最も多い国は?──否定的ツイートのトップはベネズエラ:調査報告

Brady Dale
公開日:2019年 7月 8日 15:30
更新日:2019年 7月 8日 15:30

調査によると、ビットコインおよびフェイスブック(Facebook)の仮想通貨「リブラ(Libra)」に関するツイートが世界で最も多い国はアメリカ。

仮想通貨トレーダー向け情報プラットフォーム「ザ・タイ(The TIE)」がツイッターに投稿した調査結果によると、ビットコインに関連するツイートの38.9%がアメリカから、次いで10.5%がイギリスから投稿されていた。

以降、カナダ、トルコ、インド、オーストリアと続く。

また、ザ・タイは、ツイートがビットコインに対して肯定的か否定的かにも注目。ビットコイン関連のツイート全体の0.5%以上を占めている国の中で、ペルーが最も肯定的な国となった。2位以下は、マレーシア、インドネシア、ベトナム、イタリアと続いた。

一方、最も否定的な国はベネズエラ、62%が否定的なツイートだった。この結果はある意味驚きかもしれない。ベネズエラは深刻な通貨危機の中、仮想通貨への関心が高まっていると見られていた。2位以下は、メキシコ、エストニア、ブラジル、アイルランドとなった。

ザ・タイによると、アメリカは概ね「非常に肯定的」で61.5%がビットコインに肯定的なツイートだった。全世界では、ビットコイン関連ツイートの平均59.8%が肯定的な内容だった。

同社は、ビットコインに関するツイートが肯定的か否定的かを国別に表した地図も投稿した。

さらに同社は、発表以来賛否両論が巻き起こっているリブラについても、簡単に状況をまとめた。

リブラに関しても、アメリカが世界で最も多くツイートしており、全体の43.8%を占めた。これはビットコインの38.9%よりも多い割合。2位はビットコイン同様にイギリスが続き、以下、フランス、カナダ、オーストラリアとなった。

リブラに対する評価は、発表時点から変化していることが分かった。当初は肯定的なツイートが多かったが、現在では否定的なツイートが54.8%と半数以上を占めている。

「リブラに関するツイートは、イギリスが最も肯定的だったが、アメリカとフランスではあまり肯定的ではなかった ── どちらも規制当局の動きが厳しくなっている国だ」とザ・タイはツイートした。

翻訳:Masaru Yamazaki
編集:町田優太、佐藤茂
写真:Twitter image via Shutterstock
原文:Twitter Study Finds US Posts Most on Bitcoin and Facebook’s Libra