ビットバンク、レイヤー2で独自アプリ開発──ライトニングの実用化へ

ビットバンク、レイヤー2で独自アプリ開発──ライトニングの実用化へ

暗号資産(仮想通貨)取引サービスを運営するビットバンクは2月16日、独自開発アプリケーション「NLoop」を公開した。ビットコインの「レイヤー2(layer 2)」プロトコルであるライトニング・ネットワーク(Lightning Network)の実用化を促進する。

関連記事:ビットコインの利用を変えるライトニング・ネットワークとは【前編】
関連記事:ビットコインの利用を変えるライトニング・ネットワークとは【後編】

「NLoop」は、ネットワークの参加者がリクイディティプロバイダー(流動性提供者)に接続して、チャンネルを常に使用できる状態を保つ。流動性を高め、ライトニング・ネットワークの普及を促す。

ビットバンクによると、ライトニング・ネットワークにおいて、流動性提供者とのやり取りを自動化するアプリケーションは国内で初だという。今後、よりスムーズな入出金を可能にし、裁定取引(アービトラージ)などの利便性を高めたいという。

開発者の宮本丈氏は、「ライトニング・サービス・プロバイダ(LSP)の重要性は認識されているものの、開発を進めている会社は少ない。NLoopは国内取引所のみなさんにも使ってもらいたい」と話す。

ビットコインのスケーラビリティ(拡張性)の問題を解決するといわれるライトニング・ネットワークは、送金速度の向上や送金手数料の低減に寄与する。ビットバンクが運営する暗号資産取引所では、ライトニング・ネットワークを活用した入出金の実装に向けて開発を進めていくという。

ライトニング・ネットワークでは、ツイッター(Twitter)創業者のジャック・ドーシー氏が支援者として知られる。2019年には、ライトニング・トーチと呼ばれる運動に参加し、ライトニングネットワークで他の参加者からビットコインを受け取り、それに少額を追加して他の信頼できる人に送金する取り組みに加わっていた。

|取材・テキスト:菊池友信
|編集:佐藤茂
|トップ画像:bitbank提供

おすすめ記事: