レンディング大手Celsius、資金引き出しを一時停止──トークンは50%以上下落

レンディング大手Celsius、資金引き出しを一時停止──トークンは50%以上下落

暗号資産(仮想通貨)レンディング大手セルシウス(Celsius)は13日未明、「極端な市場状況」を理由に資金の引き出しを一時的に停止すると発表した。スワップや送金も一時的に停止するという。引き出しの再開時期は明らかにしていない。

「我々は、顧客に対する義務を果たすために資産を保護・保全するという一点に集中して取り組んでいる。我々の最終的な目標は、流動性を安定させ、引き出し、スワップ、口座間の送金を可能な限り早く再開することにある。さまざまな選択肢を検討するなど、多くのことに取り組んでおり、このプロセスには時間がかかり、遅れる可能性があります」(ブログでの発表より)

発表は、同社が非適格投資家に対して、資金移動ができなくなったことを伝えたうえで行われた。また同社は、2021年に前最高財務責任者(CFO)がイスラエル警察に逮捕されたことを受け、新CFOが就任していた。

引き出しの一時停止が伝えられたあと、暗号資産セルシウス(CEL)は50%以上下落した。

さらに同社は、法執行機関が同社に対して停止命令を出すなど、規制上の問題にも直面していた。

ツイッター上で@WuBlockchainと名乗る暗号資産ウォッチャーのコリン・ウー(Colin Wu)氏は13日、セルシウスが過去3日間で約10万4000イーサリアム(ETH)を暗号資産取引所FTXに送金したと投稿している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:セルシウスCEOのアレックス・マシンスキー氏(CoinDesk)
|原文:Crypto Lending Service Celsius Pauses Withdrawals, Citing ‘Extreme Market Conditions’

おすすめ記事: