米ブロック、予想を上回る第2四半期売上──ビットコイン売上は減少

米ブロック、予想を上回る第2四半期売上──ビットコイン売上は減少

フィンテックとデジタル決済大手、Block(ブロック、旧スクエア)が第2四半期決算を発表、売上高はアナリスト予想を上回ったが、ビットコイン(BTC)関連売上は減少した。

FactSetによると、第2四半期の売上高は44億ドル、アナリスト予想の43億ドルを上回った。前年同期比ではビットコイン関連売上が減少したことで、6.6%減となった。

ビットコインを除いた純収益は26億2000万ドル。1株あたり利益は18セントで、アナリスト予想の16セントを上回った。

ユーザーが直接ビットコインを売買できるピア・ツー・ピア(P2P)決済サービスのCash Appでのビットコイン取引高は17億9000万ドル、粗利益は4100万ドル。前年同期比ではそれぞれ34%減、24%減となった。

減少は「暗号資産を取り巻く、幅広い不確実性が一因となった消費者需要とビットコイン価格の低下」によるもので「四半期中のビットコイン価格のボラティリティのメリットを相殺する以上」の結果となったと同社は述べた。

米EV大手のTesla(テスラ)は、第2四半期に保有するビットコインの約75%を売却したが、ブロックは売却していない。その結果、保有するビットコインに対して、3600万ドル(約48億円)の減損処理を行った。6月30日時点で、ビットコインへの投資額は1億6000万ドル(約215億円)、現状の評価額は1億1300万ドル(約152億円)。

ブロックの株価は、米東部時間8月4日の時間外取引で6.5%下落し、83.83ドル。年初から約45%下落している。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:CoinDesk archives
|原文:Block Beats Q2 Estimates but Bitcoin Revenues Fall

おすすめ記事: