Image courtesy of Ledger

米国防総省、「ハッキング不可能なコード」を開発するためにブロックチェーンを活用

Brady Dale
公開日:2019年 7月 30日 20:05
更新日:2019年 7月 30日 20:17

米国防総省は、2019年7月12日(現地時間)、「デジタル近代化戦略(Digital Modernization Strategy)」と題された報告書を公開した。同報告書には、同国のデジタル防衛を発展させるための方法がまとめられており、その中には、クラウドコンピューティングと量子コンピューティングの統合、人工知能(AI)、分散型台帳によるコミュニケーションの改善などが含まれている。

米国防総省の研究機関である国防高等研究計画局(DARPA)は、メッセージやトランザクション処理の安全性を確保し「より効率的かつ安定している、安全なプラットフォームを構築するために」ブロックチェーンを用いた実験をすでに行っている、とブロックチェーンの普及を目指すメディア、ディクリプト(Decrypt)は報じている。

具体的に、ブロックチェーンは部隊と本部、そして諜報員とペンタゴンの間でのコミュニケーションに使用される可能性がある。また、DARPAはデータベースを保護するために、ブロックチェーンを用いて、ハッキング不可能な暗号の開発も試みている。

国防総省は、トラストレス(信頼不要)、透過性が高い、変更が不可能などのブロックチェーンの特性に触れ、次のように述べた:

「ブロックチェーンネットワークは不正アクセスされる可能性を減少させるだけでなく、不正アクセスしようとする敵対国に莫大なコストを負担させる」

翻訳:小林裕幸
編集:町田優太
写真:Pentagon photo via Wikimedia
原文:US Defense Department to Develop Blockchain Cybersecurity Shield