シンガポールのDBS銀行、JPモルガンのブロックチェーンネットワーク「Onyx」に参加

シンガポールのDBS銀行、JPモルガンのブロックチェーンネットワーク「Onyx」に参加

シンガポール大手銀行のDBS銀行は、ゴールドマン・サックスやBNPパリバなどの国際的大手銀行に続いて、JPモルガン・チェースのブロックチェーン基盤ネットワーク「Onyx Digital Assets」に参加するアジア初の銀行になったと発表した。

関連記事:BNPパリバ、レポ取引にJPモルガンのブロックチェーン使用:報道

債券市場の短期取引にトークンを使用し、資産の貸し出しを可能にするという。いわゆる「レポ取引」はほとんどの場合、国債を担保に行われ、銀行にとって重要な資金調達手段となっている。

Onyxの目的は、これまで1〜2営業日かかっていたレポ取引を数時間で行えるようにすること。

JPモルガンが2020年にOnyxを開始して以来、日中レポ取引の出来高は3000億ドル(約41兆8000億円)を超えている。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:shutterstock
|原文:Singapore Bank DBS Completes Fixed Income Trade on JPMorgan’s Blockchain Network Onyx

おすすめ記事: