アクシー・インフィニティ、アンロックを前に40%上昇

アクシー・インフィニティ、アンロックを前に40%上昇

P2E(Play to Earn:遊んで稼ぐ)ゲームのアクシー・インフィニティ(Axie Infinity)の暗号資産アクシー・インフィニティ(AXS)は、数百万ドル相当のアンロックが迫っているにもかかわらず上昇している。

米CoinDeskのデータによると、AXSは過去24時間で40%以上上昇し、4カ月ぶりの高値となる13.94ドルを記録した。

Coinalyzeによると、AXSの永久先物の建玉は、24時間で156%増加し、1億400万ドルに達した。価格上昇に伴う建玉の増加は、強気サイドの資金が流入していることを示す。

ブロックチェーンベースのトレーディング&バトルゲームのアクシーインフィニティは、「アクシー」と呼ばれるNFTキャラクターを収集・繁殖・育成・バトル・取引できるゲーム。AXSは、アクシー・インフィニティのガバナンストークンだ。

通常は弱気要因

TokenUnlocksによると、AXSの供給量2億7000万の1.8%に相当する約480万AXS(約6400万ドル、約83億円)が1月23日遅くにアンロックされるという。であれば、この上昇は混乱した状況に思えるだろう。

通常、アンロック(=大量の市場放出)は大口投資家の利益確定の動きで、弱気要因と考えられている。こうしたプロジェクトのトークンは多くの場合、大口保有者(通常は初期投資家やプロジェクトのメンバー)が一度に売却して価格下落を招くことを防ぐために一定期間、ロックされる。

暗号資産投資会社Hartmann Capitalのマネージングパートナー、フレックス・ハートマン(Flex Hartmann)氏は、この混乱した上昇は、アクシーの開発チームがアンロックの影響を打ち消すために、ポジティブな発表を行うという期待から生じていると語った。

「過去12カ月、チームはアンロックの日のための大きな発表に向けて、実績を作ってきた。チームは一貫して取り組んできたので、多くの人は今、アンロックにまつわる強気要因を期待している」(ハートマン氏)

データサイトのUnlocks Calendarも同様の見解を示している。

「市場がポジティブなモメンタムにあるなか、アンロックを控えたチームは、市場低迷時に何カ月も隠していたグッドニュースを発表するだろう。目標は、アンロック直前に価格を上昇させるためにポジティブな市場の動きに乗ることだろう」とUnlocks Calendarは14日にツイートしている。

非倫理的との指摘も

AXS以外にも複数の暗号資産がアンロック前に上昇している。分散型取引所dYdXのガバナンストークンであるDYDXは、2月2日のアンロックを前に今月64%上昇した。レイヤー1ブロックチェーンAptosのネイティブ暗号資産アプトス(APT)も、1月12日のアンロックまでの1週間で40%上昇。その後、約2倍の13ドルまで上昇している。

「市場は反射的になっており、多くの人はアンロックのニュースを期待して買っている」とハートマン氏は語り、アンロックに合わせてプロジェクト側がグッドニュースを発表する最近の傾向を非倫理的と指摘した。

「最近のこのトレンドは、アンロックのようなことを知らない個人投資家に(初期投資家が)保有資産を売却することを手助けするための話題づくりになっており、かなり非倫理的と考えている」(ハートマン氏)

一部の市場関係者は以前から、アンロックのインパクトは市場の一般的な傾向を際立たせると述べている。

「暗号資産の大規模なアンロックは、市場心理と関わる複雑なイベント。簡単に言えば、大規模なアンロックは、強気派にとっては強気要因となり、弱気派にとっては弱気要因となり得る。アンロックは、その時に支配的なトレンドを継続させることになる」と暗号資産に特化したベンチャー企業Placeholderの共同創業者クリス・バーニスキー(Chris Burniske)氏は2021年4月にツイートし、2021年初頭に行われたアンロックに対する強気の反応について説明している。

当時、ビットコイン(BTC)はほぼ隔週で史上最高値を更新し、強気の熱狂が市場を支配していた。今月、市場は強気トレンドが戻り、ビットコインとイーサリアム(ETH)は約35%上昇している。

AXSは今月、100%以上上昇している(TradingView/CoinDesk)

AXSは今月100%以上上昇し、2020年以来初めて200日単純移動平均線を超えた。

だが強気の復活もまだ、ゲームプラットフォーム自体への関心を再燃させるまでには至っていない。

ゲーム統計サイトActivePlayerのデータによると、アクシー・インフィニティの過去30日のライブプレイヤー数は43万2001人、2020年10月以降で最低となった。アクシーは2021年9月から2022年5月にかけて、一貫して200万人以上のプレイヤーを獲得していた。

アクシー・インフィニティのライブ・プレーヤー数(出典:ActivePlayer)

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:TradingView/CoinDesk
|原文:Crypto Gaming Token AXS Surges 40% Ahead of $64 Million Token Unlock

おすすめ記事: