メーカーダオの担保資産、1アドレスが27%を保有

メーカーダオの担保資産、1アドレスが27%を保有

分散型金融(DeFi)市場は2019年大きく上昇し、その成長は2020年も続くと見込まれている。しかし、ほんの一握りのアカウントがDeFiの資産の大半を保有している。

成長するDeFi市場

DeFiは旧来の金融商品を、イーサリアムのようなスマートコントラクト・プラットフォームを使って構築された分散型アプリケーション上で実行される、トラストレスで透明性のあるプロトコルに転換させる動きだ。

今、最も人気のあるDeFiプロトコルはメーカーダオ(MakerDAO)のマルチコラテラルDaiシステム。ユーザーはイーサリアム(ETH)あるいは他のERC-20トークンを担保にして、担保の最大3分の2の価値を持つステーブルコイン「Dai(ダイ)」を生成し、代わりに「担保付き債務ポジション(CDP)」を持つ。

生成されたDaiは、他の人に自由に送ったり、モノやサービスの決済に使ったり、長期的な貯蓄として保有するなど、他の仮想通貨と同じように使用できる。Daiの価値は米ドルと連動しているため、ユーザーは当初借りた金額を利子付きで返済するだけでよい。

デジタル・アセット・データ(Digital Assets Data)によると、2020年1月17日(現地時間)時点、約4億ドル(約440億円)相当の資産がメーカーダオのスタビリティ(Stability)システムで担保として取り扱われている。

出典:Digital Assets Data

同じく、担保として取り扱われているイーサリアムは史上最高の約250万、全供給量の約2.2%に達した。

出典:Digital Assets Data

アーケーン・リサーチ(Arcane Research)によると1月、Daiの発行額は5000万ドル(約55億円)となり、前月比で65%増加した。ディファイパルスドットコム(defipulse.com)によると、さまざまなDeFiプロトコルにロックされている金額は1月、8億ドル(約870億円)を超え、前年比で236%以上増えた。

集中化した市場

DeFi市場はこの12カ月で爆発的に成長した。だが、動きはきわめて少数のアドレスに限られていた。

今は「サイ」と呼ばれる、古いプロトコルでは約15万5000のCDPが作られた。だが1月15日時点、その77%の保有額は0.05イーサ(当記事執筆時点では8.10ドル、約890円)以下だったとデジタル・アセット・データのデータサイエンス責任者ブランドン・アンダーソン(Brandon Anderson)氏はCoinDeskに語った。

出典:Digital Assets Data

担保であるプールイーサ(PETH)の残高に基づいてアカウントを分類すると、いかに不均衡が大きいかは一目瞭然。1月15日、たった1つのアカウントが、全PETHの27%にあたる17万1000PETHを保有していた。

同様の分布は、2019年11月にローンチされた新しいシステムでも見られる。新システムではCDPは「ボールト」と呼ばれ、Daiは複数の担保に裏付けられている。

出典:Digital Assets Data

つまり、新システムでもほとんどのアカウントは保有額が小さく、そうしたアドレスは担保であるラップイーサ(WETH)のわずか4%しか保有していない。一方、1月15日時点、1つのアドレスが15%を保有し、もう1つのアドレスが約8%を保有していた。つまり、2つのアカウントがWETHの約4分の1を保有していた。

これら大口アカウントの所有者はまだわからない。

「メーカー・プロトコルもメーカー財団(Maker Foundation)もボールト(以前のCDP)保有者の個人情報を把握していない。これは分散型システムの核となる要素」とメーカーダオのコミュニケーション責任者マイク・ポルカロ(Mike Porcaro)氏はCoinDeskに語った。

「ボールトの残高が少ないアカウント層は、1イーサリアム(ETH)以上の担保を持った、実際の利用者のようだ」とアンダーソン氏は述べた。

「メーカーが成長を続けるなか、こうした分布がどのように展開し、(残高の少ないグループで)より普及が進むかどうかがわかるだろう」

所有の集中はもちろん、仮想通貨において目新しいことではない。これはビットコイン市場での問題でもある。ブロックチェーン情報企業イントゥーザブロック(IntoTheBlock)によると2019年12月時点、わずか2つのアドレスが10万以上のビットコイン(BTC)を保有していた。

出典:IntoTheBlock

ほとんどアドレスは10BTC以下、1000〜100万BTCを保有していたのはわずか2022アドレスで、ビットコインの全供給量の40%を占めていた。さらに、コイン・メトリックス(Coin Metrics)によると、トップ1000のアドレスがビットコインの34.8%を保有していた。

翻訳:山口晶子
編集:増田隆幸
写真:DeFi’s concentrated assets. Credit: Shutterstock
原文:Most of MakerDAO’s Asset Value Is in Only a Few Addresses

おすすめ記事: