マウントゴックス元代表、2審も有罪:NHK

マウントゴックス元代表、2審も有罪:NHK

経営破綻したビットコインの交換会社「マウントゴックス(MTGOX)」の代表(当時)が、社内のデータを改ざんして口座残高を水増しした罪に問われた事件で、2審の東京高等裁判所は6月11日、1審に続いて執行猶予付き有罪判決を言い渡したと、NHKが報じた。

NHKによると:

  • マウントゴックスの当時代表を務めていたマルク・カルプレス被告は1審で、会社名義の口座から資金を着服した罪も問われたが、無罪確定。
  • データを改ざんした罪では有罪、控訴して無罪を主張していた。
  • 2審判決では、1審に続いてデータ改ざんの罪では有罪。懲役2年6カ月、執行猶予4年。

マウントゴックス・関連記事
マウントゴックス元代表の弁護士「横領は無罪、正当な判決だ」
マウントゴックス保有財産判明。現金695億円、ビットコインは14万1700BTC
ソフトバンク傘下のフォートレス、マウントゴックス債権者の請求権を1BTCにつき900ドルで買取

編集:佐藤茂
写真:Shutterstock

おすすめ記事: