ダークネットで急増する「ビットコインミキシング」──取引所のマネロン対策強化と関係か

ダークネットで急増する「ビットコインミキシング」──取引所のマネロン対策強化と関係か

インターネットで特定のホストコンピュータが割り当てられていないアドレス空間をダークネット呼ぶが、この空間で政府や企業などの監視や追跡の可能性からプライバシーを守るサービス(ミキシング)に送られるビットコインが急増しているという。

ブロックチェーン分析企業のクリスタル・ブロックチェーン(Crystal Blockchain)はダークネットの動向調査報告書をまとめ、ミキシングサービスに送信されたビットコインが2020年第1四半期に6700万ドル(約72億円)に達したと述べた。前年同期の300万ドルから著しく増加した。

世界中の暗号資産取引所がマネーロンダリング対策を強化することで、ダークネットにおけるミキシングサービスを利用するケースが増えている可能性があると、クリスタル・ブロックチェーンは指摘する。ダークネット市場では、マネーロンダリング対策を強める取引所からのビットコインの取引量は、前年同期と比べて29%増加しているという。

ダークネットでは、取引を隠ぺいするためにダークネット市場間の取引が行われている可能性があるという。クリスタル・ブロックチェーンによると、ダークネットに流れるビットコインの19%(同四半期)は、他のダークネットを通過していた。この値は前年同期の10%から増加した。

ダークネット市場で取引されるビットコインは(ドルベースで)、2017年以降のどの時点と比較しても増加していると、同報告書は指摘する。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸、佐藤茂
画像:Shutterstock
原文:Darknet Markets Are Mixing Bitcoins at Blistering Pace: Report

おすすめ記事: