アマゾンAWS、ブロックチェーン構築サービス、米東部で本格的に始動。利用範囲さらに拡大へ

アマゾンAWS、ブロックチェーン構築サービス、米東部で本格的に始動。利用範囲さらに拡大へ

Brady Dale
公開日:2019年 5月 2日 13:00
更新日:2019年 9月 17日 11:21

アマゾン ウェブ サービス(AWS)が企業クライアント向けのマネージド・ブロックチェーン(Managed Blockchain)のサービスを米東部で本格的に始めた。

AT&T、ネスレ(Nestle)、アクセンチュア(Accenture)などは既に同サービスの利用を始めていると、AWSは2019年4月30日に明らかした

昨年11月に明らかにされたこのサービスは、ハイパーレジャーファブリック(Hyperledger Fabric)などのオープンソースのフレームワークを利用して、ブロックチェーンネットワークをより簡単で経済的に構築、運営できるというもの。同サービスは今までプレビューモードのみの利用が可能だった。言い換えれば、利用を希望する企業は、登録を行い承認を得る必要があった。

以前までのフェーズは終了し、同サービスの一般利用が可能になったと、AWSのチーフ・エバンジェリスト、ジェフ・バー(Jeff Barr)氏がブログで述べた

「(ブロックチェーン)ネットワークをわずか数分で作ることができる。証明を管理し、新規メンバーを招待し、ピアーノード(peer node)のキャパシティをスケールさせ、トランザクション処理をより速く行うことができる」とバー氏は言う。

イーサリアムネットワークの対応は現在準備を進めており、今年後半には完了する予定だ(発表文)。

AWSより

同サービスは現在、AWSの米東部(北部バージニア)エリアのみでの利用が可能。利用範囲を今後徐々に広げていくという。

ネスレ・オセアニア(Nestle Oceania)のデジタルテクノロジー・マネジャーのArmin Nehzat氏はこう話す。

「アマゾン マネージド ブロックチェーン(Amazon Managed Blockchain)により、我々はハイパーレジャーファブリック・ネットワークを構築し、現在進めているサプライチェーンの透明化プロジェクトにおいて、連携するパートナー企業を容易に招待することが可能になる。アマゾン マネージド ブロックチェーンを活用すれば、我々の顧客が農家から消費者までの商品を追跡することができるようになる」

一方、証券・デリバティブ取引プラットフォームのシンガポール・エクスチェンジ(SGX)はAWSと共同で、ハイパーレジャーファブリック上での既存の仕組みをアマゾン マネージド ブロックチェーンに移行する作業を進めていると、SGXでブロックチェーンテクノロジーを統括するAndrew Koay氏は述べた。

AWSによると、アクセンチュアや非営利組織のMOBI(Mobility Open Blockchain Initiative)、資産運用のTrackXも同サービスを利用している。

翻訳:CoinDesk Japan
編集:佐藤茂、浦上早苗
写真:Amazon image via Shutterstock; Managed Blockchain image via AWS
原文:Amazon Web Services Opens Blockchain Building Service Up for Wider Use