レバレッジ取引可能な仮想通貨取引所3選!ビットフライヤーでの購入方法も!

(公開日:

仮想通貨に興味を持っている方なら、大きな利益を期待できるレバレッジ取引に興味を持つのではないだろうか。しかしながら、レバレッジ取引にはメリットだけでなくデメリットもある。

そこで今回はレバレッジ取引のメリットやデメリットはもちろん、初心者におすすめの仮想通貨取引所を3つ紹介する。

また、この記事を読んで「自分はレバレッジ取引は向いていない」と判断した方は、コインチェックなどの取引所で現物取引をするのがよいだろう。

レバレッジ取引におすすめの仮想通貨取引所3選

取引所の説明に入る前に、レバレッジ取引とは何か簡単に説明しておこう。レバレッジ取引とは、いわゆる「てこの原理」で、少ない元手で大きなリターンが期待できるやり方だ。

この項ではレバレッジ取引においておすすめの仮想通貨取引所を紹介する。なお、下記でとり上げた取引所のレバレッジはいずれも2倍である。

bitFlyer

ビットフライヤーは2014年に創業された企業で、日本の主要なメガバンクが出資していることで知られる。国内のみならずアメリカやヨーロッパにも進出しており、手広く事業を展開している。

【ビットフライヤーの特徴】

  • ビットコインでレバレッジ取引ができる
  • 日本国内でも最大規模のビットコイン取引量を誇る
  • 特殊注文が可能である

レバレッジ取引ができるのはビットコインに限られるが、特殊注文に対応しているのは見逃せない点だろう。ちなみに特殊取引とは、IFDやOCD、IFDOCOなどを指す。これらについては後述するので、そんな手法もあるのだと知っておけば問題ない。

DMM Bitcoin

DMMグループが運営している取引所であり、レバレッジ取引に重きを置いている。23種類の通貨ペアを選択できるのが特色だ。ただし現物取引をメインにしているユーザーからすると使い勝手が悪いかもしれない。

【DMMビットコインの特徴】

  • レバレッジ取引が中心のユーザーに評価されている
  • ビットコインとイーサリアムでレバレッジ取引可能
  • レバレッジの手数料は建玉ごとに0.04%/円

顧客サポートが手厚く、お問い合わせフォームやLINEから質問できる。土日や祝日でも対応してくれるので、不明点があっても安心だ。

GMO コイン

GMOコインは大手のインターネット会社が運営している取引所だ。レバレッジ取引できる仮想通貨は10種類ある。

【GMOコインの特徴】

  • 買いポジションと売りポジションの両建てが可能
  • スマホアプリでの注文方法が豊富
  • レバレッジの手数料は0.04%/円

スマホアプリ「GMOコイン暗号資産ウォレット」ではスピード注文を筆頭にさまざまなオーダーが可能だ。

レバレッジ取引のメリット

ここからは一度、話題を変えてレバレッジ取引における2つの利点を説明しよう。メリットをしっかり把握しておくことでレバレッジ取引の知識を増やすことも大事だからだ。

改めて概要を述べておくと、自己資金を証拠金として預けて担保とし、元手の数倍での取引を実現する投資手法だ。株式投資やFXでも使われている。

少額で大きな取引が可能

レバレッジの最大の魅力といっても過言ではないメリットだ。

先物取引や信用取引の他、先ほど述べたFXで用いられることが多い。元手が少ない場合、レバレッジ取引によって短期間で利益を出せる可能性があるのだ。

余談だが、レバレッジ取引は別名「差金取引」と呼ばれている。つまり「プラスになった金額orマイナスになった金額」をやり取りするシステム。

対する現物取引の場合、いま手元にある金額以上の取引はできない仕組みだ。
仮想通貨を買い始めたばかりの初心者はここからスタートするのをおすすめする。

下降相場でも利益を出すことが可能

現物取引ではコインの価格が下落している時に利益を得るのは難しい。
かえって損失が発生するリスクが膨らむ。レバレッジ取引なら、価格が下がると予想した場合に空売りをすれば下落局面でも利益につながると期待できる。

より理解しやすいようにかみ砕くと、買い注文を入れた後に価格が上昇すればその差額が利益になるというわけだ。必ずしも儲けが出る保証はないが、上手く取引すれば市場が上がっている時も下がっている時も利益を出すことは不可能ではないだろう。

レバレッジ取引の方法(bitFlyerの場合)

いよいよレバレッジ取引の手順に移る。ここからが重要なので、しっかり目を通していただきたい。

Step1:bitFlyerのアカウントを開設しログイン

まずはビットフライヤーの公式サイトにアクセスする。
https://bitflyer.com

トップ画面にメールアドレスを入力する箇所があるので、そこにあなたのアドレスを登録する。登録が終わるとキーワードを入力するダイアログボックスが表示される。このキーワードは登録されたメールアドレス宛に届いているので、受信メールを確認しよう。

キーワードを貼り付けて「アカウント作成」ボタンをクリックし、利用規約やプライバシーポリシー等に合意し必要情報を記入。最後に「bitFlyer をはじめる」ボタンをクリックしたら完了だ。

開設できたのちにビットフライヤーにログインする。トップページの「新規登録」の右隣にあるマークをクリックすると、メールアドレスとパスワードを入力する画面が現れるので必要事項を入力しよう。

利用ガイドはこちら。
https://lightning.bitflyer.com/docs/manual?_gl=1*czlse5*_ga*MTUyOTQyNTU2OC4xNjQ1MzM0OTc1*_ga_3VYMQNCVSM*MTY0NTMzNDk3NS4xLjEuMTY0NTMzNTI5MS42MA

Step2:日本円を入金し、証拠金口座にお金を移動

入金方法は3種類ある。初回の入金時に参考にしてほしい。不要なら読み飛ばしても問題ないだろう。

  • 銀行振込
  • インターネットバンキング経由での入金
  • コンビニ経由での入金

それぞれ簡潔にまとめていく。

銀行振込

ビットフライヤーにログインしたら入出金メニューを開き、一覧から「日本円ご入金」を選択する。「お客様用日本円振込先」を確認し、当該口座にお金を入れよう。しばらくするとアカウントに入金が反映される。ちなみに住信SBIネット銀行を振込先に指定した場合、ATMで振込依頼人と5桁の数字を同時に入力する必要があるのでご注意を。

上記の5桁の数字は入出金メニュー内に明記されている。

インターネットバンキング経由での入金

ビットフライヤーにログインし、入出金メニューを開く。

  • 住信SBIネット銀行
  • イオン銀行
  • その他の銀行(ペイジー経由で入金)

上記のいずれかを選択し、画面の指示に従って入金操作を行う。

コンビニ経由での入金

ビットフライヤーにログインしたら入出金メニューを開き、「一部のコンビニエンスストア(収納代行)」を選ぶ。画面の指示に沿って入金操作をすれば完了だ。

Step3:『bitFlyer Lightning』の『FX』か『Futures』を選択

入金手続きが済んだら、レバレッジ取引の種類を選択しよう。bitFlyer Lightningの画面からFXかFuturesのどちらかをクリックする。

『FX』か『Futures』の違いについて

ここで『FX』と『Futures』の相違点を説明しておこう。

【Lightning FX】
最大で2倍までレバレッジを設定できるコース
※法人の最大レバレッジは異なる

【Lightning Futures】
ビットコインの先物取引コースで、レバレッジは2倍が上限
※同上

詳しくはビットフライヤーの公式サイトに解説が記載されている。https://lightning.bitflyer.com/about-futures

Step4:レバレッジを変更

bitFlyer Lightningの画面左上にある三本線のアイコンをクリックする。設定に移ったらレバレッジ変更をして完了だ。アプリ版の Lightningから変更する際は、画面左側の「証拠金口座」をタップしよう。そこからレバレッジを変更できる。

Step5:発注画面から発注を実施

レバレッジについてわかったところで、仮想通貨の発注について説明する。
その前に「売り」と「買い」の概念に触れておこう。

売りは専門用語で「ショート」と呼ばれ、仮想通貨を保有していない状態で売りポジションからスタートすることを指す。要するに空売りをして価格が下がった時点で買い戻すのである。その差額が利益となる仕組みだ。

一方の買いには「ロング」という別名がある。これはショートと反対で、暗号資産が手元にない状態から買い付けるのである。現物取引での購入とは異なるため注意が必要だ。

取引においては注文方法がいくつかあるため、それぞれ詳細は記述する。

「指値」とは

指値注文とは、希望の価格を指定して売買する注文方法である。

売り注文のケースだと設定金額を下回らない限り仮想通貨が売られない。
買い注文であれば設定金額を超えなければ購入にいたらない。

指値注文のデメリットとしては売買の機会を逃す可能性があることだ。対策として現実から乖離した価格設定にしないよう気を付けよう。

「成行」とは

その名の通り相場の成り行きで売買が成立する注文方法だ。指値注文と異なって融通が利き、取引が成立しやすくなるのが特徴である。

売り注文を入れた場合では、その時点の最高値での売却が確定する。
買い注文ならば反対に最安値で約定する。

迅速な売買取引ができる反面、想定していたよりも高くなったり、あるいは安くなったりと誤算が生じやすい

「特殊」とは

特殊注文では売買価格や数量以外にも細かな条件を付ける。これが特殊といわれる所以だ。

ビットフライヤーでは3種類の方法が用意されている。

  • IFD
  • OCO
  • IFDOCO

IFDとは「If Done」を省略したもので、一度に2つの注文を入れる方法だ。
いずれかの注文が約定したら両方同時に発注となる

OCOは「One-Cancels-the-Other order」の頭文字を取った呼び名である。
やはり2つの注文を同時に出し、片方が成立したらもう一方が自動的にキャンセルされる仕組みだ。

IFDとOCOを組み合わせたのがIFDOCO(イフダンシーオー)。IFDの注文が確定した後でOCO注文が入るという手法である。

上記で紹介した方法は複雑ゆえ、取引に慣れている中・上級者向けの方法といえるだろう。

初心者の方が意識した方がいいレバレッジ取引のポイント

レバレッジ取引は少ない軍資金で投資できるが、もちろんメリットばかりではない。損失を被るリスクと隣り合わせであり、特に初心者のうちは慎重に取引すべきだ。

ここでは仮想通貨ビギナーが留意すべきポイントを解説しよう。

証拠金維持率を意識する

本題に入る前に証拠金について説明する。

一言でまとめると、損失が発生した場合に決済ができるよう預け入れておくお金だ。証拠金取引のルールが変更されているため、下記のページを確認しておくといい。

bitFlyer Lightning における証拠金取引のサービス内容変更について教えてください。 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】

証拠金維持率とは、証拠金がどのくらい入金されているかを示す割合だ。ビットフライヤーの規則では100%を下回ると追証が発生し、50%を割った段階でロスカットが生じるとされている。少なくとも100%以上を保つよう運用を心がけよう。

損切りすることをためらわない

これは仮想通貨のレバレッジに限った話ではないが、損失が発生しそうだと判断したら速やかに取引を終了させるべきだ。あなたが保有している通貨の価格が下落局面にあり、持ち直す見込みがないとしよう。上記の場合は「これより下がると困る」というラインで手放すことを強くすすめる。

Q&A

この記事も終わりに近づいてきた。締めくくりとして、よくある質問をピックアップして回答をまとめておく。

追加保証金の案内が出た際の対応

Lightning トレード画面上から「追証額」と「追証解消期限」を確認できる。解消方法は下記の3つ。

  • 日本円かビットコインを証拠金の口座に入金する
  • 建玉の一部か全部を決済する
  • レバレッジの倍率を引き上げる

詳細はビットフライヤーのFAQに記載されている。

追加証拠金を預け入れるよう通知がありました。「追証額」「追証解消期限」はどこで確認できますか。 | 仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer(ビットフライヤー)】

最後に

仮想通貨のレバレッジ取引は、初心者には難しくリスクも高い。

もし仮に、より安全かつ慎重な運用をしたい場合は、コインチェックがおすすめだ。レバレッジ取引は扱っていないが、取引所の手数料が無料に設定されている。そして初心者でも取引がわかりやすい仕様になっており、アプリの使いやすさは折り紙付きだ。

レバレッジ取引をしたいならビットフライヤー、取引所での取引をしたいならコインチェックで口座開設をしてみるといいだろう。

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする