SHARE

デジバイト

DGB
価格1.01
24時間変動率 0.10%
時価総額159億
24時間変動値 0.00
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

デジバイト (DigiByte) の基本情報

発行上限 21,000,000,000
承認方式 PoW
開始日 2014年1月
中央機関
提唱者 Jared Tate
オフィシャルサイトURL https://digibyte.org/ja/
ホワイトペーパーURL https://digibyte.org/docs/infopaper.pdf
公式TwitterURL https://twitter.com/DigiByteCoin
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

デジバイト(DGB)とは

デジバイト(DigiByte/DGB)は2014年、Jared Tate氏らによって、ビットコイン(BTC)からハードフォークされて誕生した仮想通貨である 。ビットコインと同様にオープンソースのP2P型(ピアツーピア)プロトコルで運用され、マイニングの高度な分散化と高速トランザクションを可能にするための高度な技術を持つ 。DGBは通貨の略号。

デジバイト(DGB)の特徴

5つのマイニングアルゴリズム

デジバイトの最大の特徴は、マイニングアルゴリズムが5つある点だ。通常、マイニングには1つのアルゴリズムが採用されるが、デジバイトには「SHA-256」「Scrypt」「Groestl」「Skein」「Qubit」の5つが存在し、マイナー(採掘者)はこの中から選んで採掘できる。

基本的に、1つのブロックチェーンにおいて1つのアルゴリズムで採掘するものだが、デジバイトの場合はこれら5つのアルゴリズムを20%ずつに分散し、それぞれのアルゴリズムごとにブロックが存在する仕組みになっている。

アルゴリズムが1つの場合、1つのマイナーにブロック生成権が集中してしまうリスクを伴うが、アルゴリズムが5つに分かれていることによって高度な分散化を実現し、PoW攻撃(51%攻撃)を受けても大損害を被る可能性が低いというメリットがある。

独自のdifficulty調整アルゴリズム技術

デジバイトは、「DigiShield」という独自のdifficulty(採掘難度)調整アルゴリズムを発明した仮想通貨である。difficulty調整アルゴリズムとは、ブロックチェーンのマイニング難易度を決定するアルゴリズムであり、決められた頻度でブロック生成が行われるように調整することができる。

それまで、マルチプールと呼ばれる、報酬を最大化するために複数の仮想通貨を切り替えながらマイニングする手法を起因としたハッシュレートの不安定化が課題となっていたが、DigiShieldはブロック生成の際に直前のブロック生成におけるハッシュレートからdifficulty調整を行うため、迅速にハッシュレートの増減に対応することができ、採掘難度の維持を可能にした。

つまり、このDigiShieldによって、ブロック報酬減少を低く抑え、半減期における価格下落リスクを軽減することができる。この技術は後にドージコイン(Dogecoin)やモナコイン(Monacoin)など20以上の主要なアルトコインで採用されることになった。

Segwitを最初に採用

デジバイトは2017年、他の仮想通貨に先駆けてSegwitを導入した。Segwit とは Segregated Witness の短縮語で、トランザクション ID の算出対象からトランザクションに対する署名を削除し、トランザクションから独立した署名領域を用いて署名を行うことを指す。つまり、ブロックに格納する取引履歴を圧縮し、大量のデータを1ブロックに記録できるため、取引の高速化を実現した。

拡大するブロックサイズ

デジバイトでは、2年に1回、ブロックサイズが2倍になる特別なコードが採用されている。ビットコインはブロックサイズが1MBと小さく、ユーザーが増加した場合に取引速度の遅延や手数料の高騰が起こるスケーラビリティ問題が指摘されてきた。

しかし、デジバイトは2017年に毎秒560トランザクション、2019年に毎秒1,120トランザクション、2021年に毎秒2,240トランザクション、2035年に毎秒280,000+トランザクションと、ネットワーク容量を拡大する計画を掲げている。このため利用者が増加しても、スケーラビリティ問題の心配はなく、高速なトランザクションを実現できる。

デジバイト(DGB)の今後

高速取引と安全性の高さに期待

これまで述べてきた通り、デジバイトでは複数の高度な独自技術によってセキュリティの高さ、送金スペードの速さという強みを持っている。高いポテンシャルから今後の価格高騰が期待されている。

ゲームと連携する可能性

デジバイトは2017年、世界的な人気ゲーム「マインクラフト」と提携し、DGBをゲーム内で採掘できるようになると話題になり、価格が高騰した。実際はゲーム上で見つけた特定の功績をDGBと交換できるというもので、その後、価格は下落した。

他にも、「League of Legends(リーグ・オブ・レジェンズ)」などのゲームで実装されたことで世界的に話題になった。デジバイトはゲーム開発者やユーザー、広告主をつなぐプラットフォームを構想として掲げており、今後も提携する可能性は大いにあるだろう。

デジバイト(DGB)の購入方法

デジバイトは現在国内取引所で購入することはできない。Poloniexなどの海外取引所で購入する必要がある。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: