SHARE

エンジンコイン

ENJ
価格40.81
24時間変動率 0.20%
時価総額408億
24時間変動値 0.08
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

エンジンコイン (Enjin Coin) の基本情報

発行上限 1,000,000,000
承認方式 PoW
開始日 2017年9月
中央機関
提唱者 Maxim BlagovとWitek Radomski
オフィシャルサイトURL https://enjin.io/
ホワイトペーパーURL https://docs.enjin.io/enjin-documentation/enjin-docs-navigation
公式TwitterURL https://twitter.com/enjin
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

エンジンコイン(ENJ)とは

エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)とは、2009年にシンガポールで創業された「エンジン(Enjin)」が運営するNFTプラットフォーム「エンジンプラットフォーム(Enjin Platform)」で発行されるイーサリアムベースの仮想通貨である。 ゲーム分野に強く、近年のNFTブームの影響で注目が集まっている。

エンジンコイン(ENJ)の歴史

エンジンコインは2017年、Enjinの共同設立者マキシム・ブラゴフ氏ら によって開発された。2021年には日本国内の仮想通貨取引所「コインチェック」「GMOコイン」にも新規上場を果たし 、ブロックチェーン市場でのNFTブームの後押しもあり、2021年1月から4月にかけて価格を24倍にまで伸ばした。

近年のNFTブームの後押しもあり、時価総額は2022年8月現在80位圏内に入っている。 独自のプラットフォーム「Enjin Platform」のユーザー数は2,000万人を超え、NFTゲーム市場の中核的存在として地位を確立している。

エンジンコイン(ENJ)の特徴

NFTを発行できる「Enjin Platform」

エンジンコインのプラットフォームである「Enjin Platform」は、オンラインゲーム環境の一種で、ここでプレイできるゲームのアイテム購入や報酬などにエンジンコインを使うことができる。

EnjinPlatform最大の特徴は、NFT(非代替性トークン)を発行できる点だ。特にブロックチェーンなどの専門知識がなくてもNFTを発行できるため 、2000万人以上という幅広いユーザーを獲得できている一因となっている。

ゲームで遊びながら稼げる

エンジンコインは「ゲームで遊びながら稼げる仮想通貨」とも呼ばれる。Enjin Platformでは多くのNFTゲームがローンチされており、プレイで得たNFTはそのままマーケットプレイスで売却することができるので、ユーザーは文字通りゲームをプレイすることで収入を得ることが可能だ。 今後のNFTゲーム市場が成長するにつれ、EnjinPlatformのユーザー数もさらに増加していくことが見込まれる。

エンジンクラフト(Enjin Craft)が人気

「エンジンクラフト(Enjin Craft)」とは、世界的人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」のサーバーとブロックチェーンの連携を可能にするプラグインである 。エンジンクラフトを使用すれば、ゲーム内で使用する道具などがNFT化でき、マインクラフトをプレイして作ったアイテムの売買が可能となった。

マインクラフトは1億人以上のユーザーを持つことから 、Enjin Platform ユーザーの増加やエンジンコインの普及拡大が期待できる。

独自のメルティング機能

エンジンコインのトークン規格であるERC-1155には、メルティングという機能がある。 メルティングとは、ブロックチェーン上にあるNFTデータをバーン(焼却)し、エンジンコインを取り出す機能で、不要になったNFTをエンジンコインに戻すことができるというものだ。この機能はEnjin Wallet(エンジンウォレット)から実行可能で、手数料がかかる。

NFTは人気のあるものであれば高額でやり取りされるが、そうでないNFTに価値はつかないため、NFTを作成したとしても誰にも購入されない可能性もある。しかし、メルティングすれ不要のNFTは別のNFT作成や別の資産への換金に充てることができる。

エンジンコイン(ENJ)の将来性

大企業からのバックアップに信頼性

大手企業と提携している点に注目したい。アメリカのマイクロソフトや韓国のサムスンなど、世界的大企業と製品開発などで協力関係にあり、それはエンジンコインの信頼性につながっている。

エンジンクラフトのリリース後には、エンジンコインの価格が高騰した。他には2019年2月、サムスンが当時新製品として発表した「Galaxy S10」に、エンジンコインにも対応した仮想通貨ウォレットが内蔵されていることがわかり、投資家の間で話題になった。 今後も企業との連携が増えればエンジンコインの信頼性も増し、価格も上昇することが予想される。

ゲーム分野での飛躍に期待

これまで述べてきた通り、エンジンコインはNFTゲーム分野で大きな強みを持っている。Enjin Platfromでは異なるゲームでも、垣根を超えて同一のアイテムを使ったり、ユーザー同士で売買したりすることが可能で、さらには不要になったアイテムをメルティング機能を使ってエンジンコインに戻すこともできる。これはゲームユーザーにとって非常に利便性が高く、今後もEnjin Platfromの利用者が増え、エンジンコインの価値が上昇していくことが期待できる。

エンジンコイン(ENJ)の購入方法

エンジンコインは、国内の取引所CoincheckGMOコインで購入できる。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: