NFTとは?基礎から最新のニュースまで一挙解説!

(公開日:
NFTとは?

「NFT」という言葉を目にする機会が増えて久しい。だが、その意味、さらには現在の市場動向については理解できているだろうか。本記事では、基本情報から最新のニュースまで一気におさらいする。

NFTの基礎知識

NFTとは何の略?意味は?

NFTとは「Non-Fungible Token(ノンファンジブルトークン)」の頭文字から成る。日本語で「代替不可能なトークン」という意味を持つ。

NFTとは「どういうモノ」なのか?

NFTとは「唯一無二のデジタルデータ」、もしくは「デジタルデータに唯一性を持たせることを可能にする技術」そのものを意味する。

デジタルデータは従来、絵画や宝石と違って、所有者を証明したり偽造を防いだりすることが困難であるため、固有価値を持たせることが難しかった。

NFTは、データの改ざんや複製を困難にするブロックチェーン技術によって、著作権や所有権を証明できる。いわば、NFTは「このデータは自分の物だ」と主張できる名札や証明書とも言える。

これによって、デジタルデータにも唯一無二の資産価値を付与することが可能になった

NFT
写真:Shutterstock

NFTはどのようにして生まれた?

NFTの先駆けになったのは、2017年にイーサリアムブロックチェーン上で誕生したゲーム「CriptoKitties(クリプトキティ)」だ。

クリプトキティは猫(キティ)を交配、売買できるゲームで、猫1匹1匹が非代替性を持つ、すなわちNFTということになる。レアなキティが約1,700万円で取引されるほどのブームとなり、これがNFTが注目される契機になったと考えられている。

NFTに注目が集まっている理由

NFTは「デジタル空間に新たな資産的価値とその売買市場を生み出す技術」として注目されている。

Twitter創業者のジャック・ドーシー氏の出品した同氏の初ツイートが約3億円で落札されたことは、有名な話だ。また、デジタルアーティストのBeepleが作成したNFTアートが6,940万ドルで落札されるなど、NFTは世界中で話題を集めた。

今後も、NFTはゲームやアートの部門で活用されることが見込まれている

NFTはどのように利用されている?

NFT アート
写真:Shutterstock

ゲーム内の「アイテム」として

NFTは特にゲーム分野で取り扱われることが多い。ゲーム内では作成・獲得したキャラクターやアイテムをNFTマーケットプレイスで売却することができ、特に希少で需要の多いものは高値で取引される。

仮想通貨のように「投資対象」として

NFTは株や暗号資産、不動産などと同じように時間の経過とともに価値が変動する。例えば、現在は1,000円のデジタルアートでも、数年後には数倍に跳ね上がる可能性もある。近年のNFT市場拡大を受けて、このような投機性の高さにおいても注目が集まっている。

NFTを購入・売却できる主な取引所

NFTを購入・売却できる主な国内外の取引所は以下の通りだ。

国内海外
Coincheck NFT(β版)
LINE NFT
Adam byGMO
OpenSea
Rarible
MakersPlace
SuperRare
Nifty Gateway
Foundation
Enjin MarketPlace

NFTの取引量は増えている?減っている?

海外メディアの報道によると、現在のNFT取引量はピーク時の172億ドルから急落して2022年9月には5億ドル弱まで落ち込んだ。

これは、金利引き締めによって経済全体が落ち込んでいるためで、NFTに限ったことではない。ただ、詐欺や盗難、新たな税制などの悪条件が重なってコレクターの活動が粛清されており、NFT市場において「冬の時代」と言っていい。

しかし、だからといって、NFT市場に見切りをつけるのは時期尚早だ。仮想通貨にも「冬の時代」を乗り越えて価格が上がった過去があるからだ。一時の取引量の減少でブーム終了と断じることはできない。むしろ、低迷する今を投機のチャンスと見ることもできるだろう。

NFTに関する最新ニュース

ふるさと納税でNFTを返礼品に

北海道余市町は2022年10月、NFTを返礼品として受け取れる「ふるさと納税」を販売した。人気のNFTコレクション「CryptoNinja Partners(CNP)」とコラボして各3万円計222種類を販売し、受付開始から3分で完売した。

名古屋グランパス、NFTを3万人に無料配布

サッカーJ1名古屋グランパスも2022年10月、30周年記念デザインのNFTを先着3万人に無料配布した。スマホやパソコンでコレクションし、SNSのアイコンなどに使ってもらうことが狙いだ。

米メタ社、NFT投稿可能に

Meta(旧:Facebook)は2022年8月、インスタグラムに続いて、FacebookへのNFT投稿・共有機能を実装し、対応を開始した。約29億人のユーザーは自身のアカウントから、NFTを投稿し発信することが可能になった。

デジタル住民票としてNFTを発行

新潟県長岡市にある、人口約800人の山古志は2021年にNFTアート「Nishikigoi NFT」を販売した。このNFTにはデジタル住民票が付与されており、保有者は一部の予算執行権限も与えられる。

NFTに関するQ&A

NFTとは?

「唯一無二のデジタルデータ」、もしくは「デジタルデータに唯一性を持たせることを可能にする技術」そのものを意味する。

NFTは何の略?

「Non-Fungible Token」を略したワードだ。

なぜ注目されている?

デジタル空間に新たな資産的価値と、その売買市場を生み出した点で、革新的な技術だから。Twitter創業者の初ツイートは約3億円で売買された。

NFT分野の現在と今後は?

ピーク時に比べればNFT取引量は急落しているが、企業や行政などがNFTを活用する事例は増えている。NFTが一過性のブームとして終わるとは考えにくく、今後のデジタル世界を支えるテクノロジーと考えて良いだろう。

今後もニュースに注目

本記事では、初心者向けにNFTの基本情報から最新ニュースまで、概要を説明した。

NFTは今後さまざまな分野への活用が期待されており、依然として注目度は高い。今後もNFTを取り巻く動向へは注目が必要だ。

参考文献

CryptoKitties|Collect and breed digital cats!|CryptoKitties
https://www.cryptokitties.co/

TwitterのドーシーCEOの初ツイートNFT、3億円超で落札 全額寄付|ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2103/23/news059.html

ふるさと納税の返礼品NFT発行をワンストップで支援。自治体様向けNFTパッケージ「ふるさとCNP」第一弾が発売開始直後に受付完了|PR TIMES
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000053.000012092.html

名古屋グランパス、NFTを3万人に無料配布 GMO系と|日本経済新聞
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC215NM0R21C22A0000000/

(画像:Shutterstock)

この記事をシェアする