SHARE

シアコイン

SC
価格0.52
24時間変動率 4.70%
時価総額266億
24時間変動値 0.02
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

シアコイン (Siacoin) の基本情報

発行上限
承認方式
開始日
中央機関
提唱者
オフィシャルサイトURL https://sia.tech/
ホワイトペーパーURL https://sia.tech/sia.pdf
公式TwitterURL https://twitter.com/siatechhq
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

シアコイン(SC)とは?

シアコイン(Siacoin)はブロックチェーン技術を利用した分散型クラウドストレージのSiaネットワークで利用される仮想通貨だ。Siaネットワークでは個人がパソコンの空き容量を貸し出すことでシアコイン(SC)を受け取れる。主流となっている中央集権的なクラウドサービスとの競合を目指すことを目的としているため、クラウドサービスの常識を覆す可能性があるプロジェクトといえる。

シアコイン(SC)の特徴

仮想通貨を利用した新たなクラウドサービス

クラウドサービスは、Amazon、Google、Microsoftのような大企業を中心にクラウドストレージプロバイダーとなっているが、すべて中央集権型のクラウドサービスであり、現在の仕組みでは情報漏洩のリスクや、システムの不具合によってデータが永久に失われる可能性が懸念されてきた。

Siaネットワークのクラウドサービスは分散型クラウドストレージとなっており、データはすべて分割管理され、参加者である個人のパソコンの空き容量を利用して保存される。これにより情報の管理元がハッキングされる危険性を減らし、データに不具合が発生するリスクを分散させている。

Siaネットワークを支えるのは利用者とホスト

Siaネットワークのサービスは、ファイルをアップロードするサービスの利用者と、パソコンの容量を貸し出すホストによって成り立つ。ファイルがアップロードされるとスマートコントラクトにより自動的に分割された上で暗号化され、ホストのパソコンに暗号化されたデータが保存されるが、分割された断片のみを保存するためホストからはアクセスできない。

利用者はシアコインを支払い、ホストは貸し出した容量や期間に応じてインセンティブが貰える仕組みだ。中央集権型のクラウドサービスと比較しても利用料が安いことから、従来のサービスから乗り換えて利用するメリットも大きい。

Skyネットプラットフォームによって機能する

Siaネットワークや、シアコインはSkynet社によって開発されており、これらはSkynetプラットフォームによって実現している。このプラットフォームのプログラムの実行はSkynet社から独立しており、データはユーザーが管理しているので、利用者がいなくならない限り構築されたサービスはダウンしない。

シアコイン(SC)の歴史

Siaネットワークは2013年にDavid Vorick氏が構想を開始し、大学時代の友人で後にプロジェクトに参加したLuke Champine氏に相談したことが始まりである。同年9月に開催された「HackMIT 2013」でSiaのコンセプトが発表された。2014年にこのプロジェクトの名前はエジプトにおける知覚や認識の神であるシアを由来に名付けられた。

2人が大学時代に設立したNebulousという企業からブランド名を変え、Skynetに変更し、本格的にSiaネットワークの開発が進められる。2014年の5月に正式に発表され、2015年5月に修正して発表された後に6月に正式にローンチした。

シアコイン(SC)の今後

サービスが普及するかどうか

Amazonをはじめとする大企業のクラウドサービスはすでに多くのシェアを獲得しているため、マーケティングに優れるこれらの企業と競合して利用者を獲得できるかが大きな課題になる。セキュリティ対策や利用料の安さにおいて他のクラウドサービスにはない強みがあるので、知名度の向上による利用者の増加が期待できる。

仮想通貨でも競合相手がいる

Siaネットワークの競合相手は中央集権型のクラウドサービスだけではない。そのなかでも競合先として注目されるストージ(STORJ)も、分散型クラウドストレージで利用される仮想通貨だ。両者を比較するとインターフェースに関してはストージのほうが一般的で使いやすいという意見があるが、設計において優れているのはSiaネットワークといわれることが多い。

またクラウドストレージ関連銘柄の仮想通貨にはファイルコイン(FIL)も挙げられる。分散型クラウドストレージはクラウドサービス全体としてもまだ普及していないので、どの仮想通貨が本命になるのかは誰にも分からない。大企業との競合を前に仮想通貨同士の競争をどちらが制すのかが注目される。

シアコイン(SC)の購入方法

シアコインは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。国内取引所で口座を開設し、元手となる仮想通貨を取引して海外取引所に送金することでシアコインの取引が可能だ。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: