ビットコイン、「極めて重要で無視することはできない」:ドイツ銀行

ビットコイン、「極めて重要で無視することはできない」:ドイツ銀行

1兆ドル(約109兆円)の時価総額を考慮すると、ビットコインは「極めて重要で無視することができない」──ドイツ銀行が最新のレポートで述べている。

17日に発表されたレポートによると、資産運用会社や企業の参入が続く限り、ビットコインの価格は上昇を続ける可能性がある。同時に、取引性が限られているため、高いボラティリティは維持されると考えられる。

ドイツ銀行はビットコインの取引のうち、決済に関係するものは30%未満と試算している。また、2020年には2800万ビットコインが取引されたが、これはビットコインの流通量の約150%に相当する。一方、Appleの株式は400億株が取引されたが、これは同社の株式数の270%にあたる。

ビットコインの潜在力を結果につなげる

ビットコインは米電気自動車(EV)最大手のテスラがそうしてきたように、潜在力を結果につなげなければならないとドイツ銀行は指摘する。

テスラはビットコインと同じように、自動車の未来なのか、あるいは「すぐに終わるブーム」なとかという議論を巻き起こした。テスラを取り巻く市場心理はこの18カ月で大きく変わってきた。「モデル3」のような車を大規模に生産できることをテスラは証明した。

ビットコインの現在の時価総額には、国境を超えたデジタル通貨への大幅な移行が織り込まれており、その評価に応えるためには決済手段としての価値を示す必要があると、レポートは結論づけている。

ドイツ銀行は昨年12月の世界経済フォーラム(WEF)のレポートの中で、機関投資家を対象にするデジタル資産カストディ・プラットフォームの開発を進めていることを明らかにしている。

|翻訳:山口晶子
|編集:増田隆幸、佐藤茂
|画像:Shutterstock
|原文:Bitcoin Is ‘Too Important to Ignore’: Deutsche Bank Report

おすすめ記事: