クラーケン、イーサリアム財団に25万ドルを寄付

クラーケン、イーサリアム財団に25万ドルを寄付

米暗号資産(仮想通貨)取引サービス大手のクラーケンは24日、イーサリアムブロックチェーンの大規模アップグレード作業を支援するため、イーサリアム財団に25万ドル(2740万円)を寄付したと発表した。

クラーケンはブログで、「オープンソースのイノベーターたちは、暗号資産エコシステムの一軸を担う次世代イーサリアムの開発を進めている。それをサポートすることは、クラーケンの責任であると考える」と述べた。

大規模改修作業後の次世代版イーサリアム(イーサリアム2.0)では、システムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)に変更される。

PoSは、発行済の全コイン総量に対する保有コインの割合によって、発言力が変動するように設計されたアルゴリズムで、コインの保有量が多いほど報酬などを得やすい仕組みだ。ビットコインが採用しているPoWとは異なり、膨大な電力やマイニング機器を必要としないことがメリットとされる。

クラーケンの多くの顧客も、分散型の未来を作るイーサリアムの可能性に期待している。昨年12月以来、クラーケンの顧客は総額800,000ETH(約18億ドル)以上をイーサリアム・ビーコンチェーンにステーキングしてきた(クラーケンのブログ)。

ビーコンチェーンは、現行のイーサリアムブロックチェーンと新しいイーサリアム2.0ブロックチェーンのつなぎ役となるもので、将来のある時点で、現行のイーサリアムブロックチェーンをイーサリアム2.0に移行させる役割を担う。

クラーケンの共同創業者兼最高経営責任者(CEO)、ジェシー・パウエル氏は、「クラーケンはイーサリアム(ETH)の取り扱いを開始した初の大手取引所の一つだ。現場で暗号資産のイノベーションを進める勇敢な開発者を、誇りをもって支援していきたい」とブログでコメントした。

|編集:佐藤茂
|トップ画像:Shutterstock

おすすめ記事: