【US市場】イーサリアム/ビットコインは7月13日以降、45%上昇

【US市場】イーサリアム/ビットコインは7月13日以降、45%上昇

ビットコイン(BTC)は18日、0.3%上昇した。イーサリアム(ETH)も1.5%上昇した。アルトコインは、イオス(EOS)が7%下落した一方、ソラナ(SOL)が0.1%上昇、コスモス(ATOM)が4%上昇し、まちまちの展開となった。

マクロ経済面では、8月13日終了週の新規失業保険申請は25万件となり、予想の26万5000件を下回った。4週平均は24万6750件、これも予想の25万7000件を下回った。雇用の予想外の強さは、他の指標が成長の鈍化を示しているにもかかわらず、アメリカ経済が依然として堅調であることを示している。

前向きな経済ニュースとともに株式市場は上昇し、ナスダックは0.4%、ダウ平均は0.03%、S&P500は0.3%の上昇となった。コモディティでは、原油価格は2%上昇、天然ガス価格は0.1%下落、ゴールドも0.2%下落した。

最新価格

●ビットコイン:23,346ドル、+0.3%
●イーサリアム:1,871ドル、+1.7%

●S&P500:4,284.15、+0.2%
●ゴールド:1,773ドル、+0.7%
●米国10年債利回り:2.88%、-0.01

テクニカル分析

ビットコインはトレンドラインを下抜けし、2万4000ドル以下での推移が続いている。

16日に発表されたCOT(Commitment of Traders)レポートを見ると、大小の投機筋がほとんど動いていないことがわかる。米商品先物取引委員会(CFTC)が毎週発表するCOTレポートは、先物市場でのトレーダーのポジションや動向を伝えるものだ。

大口投機家(資産運用家)のポジションは緑色、小口投機家(個人投資家)のポジションは青色で表示されている。7月26日以降、両者のポジションはほとんど動いていない。

出典:Optuma

イーサリアム、ビットコインを上回るパフォーマンス

イーサリアムはビットコインを上回り続けている。イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)は7月13日以降、45%上昇している。

上昇は、イーサリアムブロックチェーンのPoS移行「Merge」が一因。Arcaの最高投資責任者ジェフ・ドーマン(Jeff Dorman)氏は、イーサリアムの上昇は投資家がその幅広い有用性を信じていることを反映しているとメモに記した。

「イーサリアムは最も純粋に『ブロックチェーンの成長』というテーマを表現している。一方、ビットコインは今は単なるマクロトレード」とドーマン氏は述べた。「投資家はブロックチェーンがどのように成功するかは気にしていない。成功からお金を得たいだけ。イーサリアムはスマートコントラクト、DeFi(分散型金融)、ウェブ3、NFT、ゲームへの投資機会となる」。

出典:TradingView

アルトコイン

イーサリアム、フォーク後のトークンに対する期待薄れる:CoinMarketCapによると、ETHPOWの価格は当初の高値140ドルから50ドルに下落。1日あたりの取引高も1300万ドルから400万ドルと約70%減少している。ETHPOWを上場した2つの取引所、PoloniexとBitMEXの取引データも価格の下落と関心の低下を示している。

米ドル担保型ステーブルコインのHUSD、92セントまで下落:HUSDは、ドルペグを失い92先とまで下落。DeFi(分散型金融))プロトコルのCurve Financeでは、ステーブルコインのUSDコイン(USDC)に対して、89セントまで下落している。

●STEPNがアトレティコ・マドリードと提携、NFTスニーカーを発表:move-to-earn(歩いて稼ぐ)ゲーム「STEPN」は、スペインのサッカークラブ「アトレティコ・マドリード」および暗号資産(仮想通貨)取引所WhaleFinとの提携を発表。NFTスニーカーコレクションをリリースする。

|翻訳:coindesk JAPAN
|編集:増田隆幸
|画像:TradingView
|原文:Market Wrap: Bitcoin Pauses Losing Streak but the Trend Is Still Not Bullish

おすすめ記事: