ビットコイン・ショッピングアプリ「フォールド」約3億円を調達、ライトニングを小売業に展開

ビットコイン・ショッピングアプリ「フォールド」約3億円を調達、ライトニングを小売業に展開

Brady Dale
公開日:2019年 9月 27日 06:30
更新日:2019年 10月 23日 12:50

ライトニング・フレンドリーなアプリ「フォールド(Fold)」は、ユーザーが洋服ピザなどの品物の支払いにビットコインを利用し、ビットコインで報酬を獲得できるアプリ。独立系スタートアップとして最初の資金調達ラウンドを終え、法定通貨での支払い機能を追加した。

フォールドのプロダクト責任者ウィル・リーヴス(Will Reeves)氏は、同社は250万ドル(約2億9000万円)を調達してシーシス(Thesis)からスピンアウトしたとCoinDeskに語った。資金調達ラウンドは、クラフト・ベンチャーズ(Craft Ventures)、コインシェアーズ(CoinShares)、スロー・ベンチャーズ(Slow Venures)、ゴールドクレスト・キャピタル(Goldcrest Capital)、ファルガー・ベンチャーズ(Fulgur Ventures)などが主導した。

リーヴス氏によると、資金は仮想通貨業界と小売業界、双方でのパートナーシップ強化に使われる。

「まもなく業者と消費者向けのサブスクリプション・サービスをメニューに加え、プレミアムサービスと最高額の報酬を提供していく」とリーヴス氏は述べ、次のように続けた。

「小売店で法定通貨を使うと、ビットコインで報酬を獲得できる。報酬は支払いに利用したり、オンチェーンアドレス宛てに出金できる。将来的にはライトニングに直接出金できるアップデート版もリリースする。手数料が下がり、より使いやすくなる」

つまり、アプリは、アプリを通じた支払いからビットコインでの報酬を受け取ることができるようデビットカードに接続できる。また独立したウォレットからアプリ宛てにビットコインを送ることもできる。

10月に、現在デスクトップ版で利用可能な機能をすべて備えたモバイル版をローンチ予定とリーブス氏は付け加えた。それ以前は、フォールドのウェブサイトを通じて早期アクセスを申し込んだユーザーのみ、モバイル版が利用できる。

コインシェアーズの共同創業者メルテム・デミローズ(Meltem Demirors)氏は、フォールド・アプリはユーザーにノンカストディアルなウォレットの利用を推奨する点で、他の小売りに特化したビットコイン・アプリと比べるとユニークとCoinDeskに述べた。

「フォールドのみならず、ポートフォリオ企業、企業パートナー、その他のサービス提供業者のコミュニティーと連携し、ビットコイン支払いについての統合されたユーザーエクスペリエンスを築くことにエキサイトしている」とデミローズ氏は語った。

ライトニングのエコシステム

一方、ロリー(Lolli)やフレクサ(Flexa)など、他にも小売りに特化し、勢いを増している仮想通貨アプリは複数あるが、フォールドはライトニングでの支払いにより特化している。フォールド・アプリはすでに、ブルーウォレット(BlueWallet)とブリーズ(Breez)、2つのライトニング・フレンドリーなウォレットと統合されている。この点がファルガー・ベンチャーズのパートナー、オレグ・ミカルスキー(Oleg Mikhalsky)氏を今回の投資に引きつけた。

「我々は、ライトニング・ネットワークは、即時最終決済、コスト効率に優れたマイクロ・トランザクション、『ストリーム』ペイメントを可能にする能力、ライトニングでの他の資産の将来的なサポートなどのために、さまざまなアプリケーション向けの興味深い支払い経路となる能力があると考えている」とミカルスキー氏はCoinDeskに語り、次のように続けた。

「我々も投資家として、同じように学習モードにある。さまざまなタイプのアプリケーション、モデルに賭け、それらから学んでいる。普及に取り組んでいるスタートアップを支援することは、我々の優先事項の1つ」

ロリーも7月、最終的にライトニング・オプションを追加する計画とCoinDeskに語った。小売アプリの競争がどのように展開していくかが今後の鍵となる。

その間、フォールドは、メイシーズ(Macy’s)、ターゲット(Target)、アマゾン(Amazon)といった小売業者に対して、仮想通貨のある種の補助輪を提供していく。業者側は、フォールドが処理した支払いのみが閲覧できる。ユーザーのクレジットカード情報やビットコインウォレットアドレスは見ることができない。

これによって、小売業者のウェブサイトで直接買い物をするよりもプライバシーが保たれることになる。その後、フォールドは業者向けに支払いを清算するが、業者は通常、法定通貨での受け取りを選ぶ。

「法定通貨あるいはビットコインでの決済が可能、だが主要業者のすべては現在のところ、法定通貨での決済を選択している。ボラティリティ・リスクや会計上の負担を回避するため」とリーブス氏は語った。

「フォールドはすでにPOSにダイレクトに統合されているので、小売側の準備が整えば、シームレスな決済が可能になる」

翻訳:山口晶子
編集:増田隆幸
写真:Macy’s image via Shutterstock
原文:Bitcoin Shopping App Fold Raises $2.5 Million to Bring Lightning to Retailers