人気ブログ、コンテンツをブロックチェーンに保存──大手サービスから離脱

人気ブログ、コンテンツをブロックチェーンに保存──大手サービスから離脱

Brady Dale
公開日:2020年 1月 26日 08:00
更新日:2020年 1月 26日 08:00

人気のテック関連ウェブメディア「ハッカー・ヌーン(Hacker Noon)」は、その新しいプラットフォームにブロックチェーン機能を組み込んでいる。

読者のPCをホスティングに利用

ハッカー・ヌーン(Hacker Noon)──月あたりの読者数は約400万人──のブログスタイルのコンテンツの注釈は、読者のPCストレージの空きスペースを使ってローカル環境でホスティングされるようになる。ハッカー・ヌーンのデビッド・スムーク(David Smooke)CEOはそうプレスリリースで述べた。注釈やコメントには、分散型P2PデータベースシステムであるERA Inc.のGUNが使われる。

読者のPCのストレージを利用することで、具体的には運用コストが下がるとERAのマーク・ナダル(Mark Nadal)CEOは電話インタビューで語った。両社は近い将来のさらなるブロックチェーン機能の統合に向けて協力しているが、具体的なコメントは避けた。

ナダルCEOは、注釈やコメント自体はGUNを使って読者のデバイスでホスティングされると述べた。読者が記事に加えた注釈やコメントは、記事の書き手が承認した場合のみ表示される。

「ブロックチェーン技術は、読者が月に40時間以上もの時間をコンテンツを読むことに費やす、我々のようなサイトの運用コストを分配することができる」とスムークCEOは述べた。

「メディウム」から離脱

このシステムは2019年7月に初めてテストが行われた。システムは48時間にわたって読者にサービスを提供することに成功し、ブロックチェーンシステムは迅速かつ大規模なサービスの提供に利用できることを証明したとナダルCEOは述べた。

2016年にスムーク氏とビジネスパートナーのジェイ・ザロウィッツ(Jay Zalowitz)氏、妻のリン・ダオ・スムーク(Linh Dao Smooke)氏が創業したハッカー・ヌーンは2019年春、メディウム(Medium)から離れる意向を発表、プラットフォームによって発行者のさまざまな感情は「焼き尽くされ」、プラットフォームによる見出しや広告、URLのリダイレクトといったコンテンツ関連の全般的なコントロールが不十分であることに言及した。

スムークCEOは2019年3月にポッドキャストで、ミディアムがハッカー・ヌーンをミィディアムのマーケティング社員の年収よりも低い金額で買収する提案を持ちかけてきたと語った。ハッカー・ヌーンはクラウドファンディングを行うことを選択し、最終的に1200人から107万ドル(約1億2000万円)を集めた(ERAのナダルCEOもクラウドファンディングに参加した)。

「中心的な組織への依存度を下げることは、インターネットが利用者のための技術へと成熟するために欠かせない」とスムークCEOは述べた。

翻訳:山口晶子
編集:増田隆幸
写真:Hackernoon Annotations page screenshot
原文:Hacker Noon Is Storing Content on a Blockchain After Ditching Medium