マネーパートナーズの概要や評判、取引コストを解説

マネーパートナーズは東証一部上場のFX会社だ。上級者向けと初心者向けの2つのFXサービスを提供している。取引コストはそれぞれ違うが、どちらも業界最低水準の取引コストを実現している。

同社は取引コストと約定力に定評があり、約定力では外部調査で11年連続1位を獲得している。さらに取引ツールを活用すれば、売買条件に応じた自動売買を行うこともできる。

マネーパートナーズの概要――上級者向けと初心者向け 2つの取引コース

マネーパートナーズは2つのFXサービスを提供している。通貨ペアの数が多く、1万通貨以上の取引に対応する「パートナーズFX」と、通貨ペアの数が少なく、100通貨からの取引に対応している「パートナーズFX nano」だ。

ロスカットのタイミングにも違いがある。「パートナーズFX」のロスカットは遅く、「パートナーズFX nano」のロスカットは早いタイミングで行われる。

ロスカットとは、保有ポジションの評価損失が大きくなってきた際に、それ以上損失が広がらないよう強制的に決済してしまう仕組みだ。ロスカットが早いほど損失が小さくなる一方、取引機会が少なくなってしまうデメリットもある。

「パートナーズFX」は初心者から上級者まで、「パートナーズFX nano」は初心者向けという位置づけだ。

 パートナーズFXパートナーズFX nano
通貨ペア24通貨ペア18通貨ペア
最小取引単位1万通貨100通貨
ロスカット遅い (証拠金維持率の40%)早い (証拠金維持率の100%)

パートナーズFX 取引通貨ペア一覧

「パートナーズFX」では以下24の通貨ペアで取引が可能となっている。

パートナーズFX nano 通貨ペア一覧

「パートナーズFX nano」では、「パートナーズFX」より6少ない18通貨ペアで取引が可能だ。取引可能通貨ペアは以下の通りである。

なお、「パートナーズFX」にあり、「パートナーズFX nano」で取り扱いがない通貨ペアは以下6通貨だ。

香港ドル/円米ドル/南アフリカランド
シンガポールドル/円米ドル/トルコリラ
米ドル/カナダドル米ドル/メキシコペソ

マネーパートナーズの評判――取引コスト、約定力に高い評価

マネーパートナーズは「オリコン顧客満足度ランキング」「みんかぶFX 口座比較ランキング」で上位にランクインしている。

特にオリコン顧客満足度調査での評価は高く、全7項目すべてで3位以内の評価を受けた。口コミでは、同社の取引コストや約定力にポジティブな意見が目立つ。

オリコン顧客満足度調査 評価項目マネーパートナーズの順位 (調査対象42社中)
①取引手数料1位
②通貨ペア、発注方法2位
③分析ツール2位
④提供情報2位
⑤問い合わせ3位
⑥取引のしやすさ3位
⑦システムの安定性2位

高い約定力に定評 外部による調査で11年連続「スリッページ」が0

スリッページとは、指定した価格と違う値段で取引が成立してしまう現象のことだ。相場の変動などが原因で起こりやすい。スリッページがよく起こると、一般的に「約定力が低い」と評される。

マネーパートナーズは、矢野経済研究所「主要FX会社7社におけるFXサービスパフォーマンステスト(2019年)」調査で、11年連続スリッページ0の調査結果を受けた。同調査でスリッページ0はマネーパートナーズのみだ。

マネーパートナーズの取引コスト――業界最低水準の取引コスト

マネーパートナーズの取引コストは「パートナーズFX」と「パートナーズFX nano」とで異なる。対円通貨ペアの取引コストは以下の通りだ。

通貨ペアパートナーズFXパートナーズFX  nano
米ドル/円0.3銭0.4銭
ユーロ/円0.4銭0.7銭
豪ドル/円0.6銭0.9銭
英ポンド/円0.9銭1.2銭
NZドル/円1.2銭1.8銭
カナダドル/円3.8銭2.4銭
スイスフラン/円3.8銭2.4銭
香港ドル/円2.8銭取り扱いなし
シンガポールドル/円3.5銭取り扱いなし
南アフリカランド/円1.0銭1.9銭
メキシコペソ/円0.3銭1.0銭

概ね「パートナーズFX」の方が低コストだが、「カナダドル/円」「スイスフラン/円」では「パートナーズFX nano」の方が低い。

マネーパートナーズの取引コストは、シェアの高いFX会社と同水準でコストが低い。メジャーな3通貨ペア「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」の取引コストの比較は以下の通りだ。

マネーパートナーズの取引ツール――シンプル版と本格派の2種類

マネーパートナーズの取引ツールは主に2つだ。シンプルな設計の「クイック発注ボード」と、本格派の「Hyper Speed NEXT」である。

「クイック発注ボード」では注文が1画面で完了するシンプル設計で、初心者にも扱いやすい仕様となっている。「Hyper Speed NEXT」では自動売買ルールの構築も可能だ。スマホ版の取引ツールも用意されている。

なお、「Hyper Speed NEXT」は「パートナーズFX nano」では利用できない点に留意が必要だ。

取引ツールパートナーズFXパートナーズFX nano
【PC向け】クイック発注ボード
【PC向け】Hyper Speed NEXT×
【スマホ向け】Hyper Speed Touch
【スマホ向け】クイック発注ボード

マネーパートナーズのキャンペーン――1,000円進呈&マネパ社長の投資本プレゼント

マネーパートナーズは「取引おためしキャンペーン」として、「パートナーズFX nano」の新規口座開設者全員に1,000円を進呈している。口座開設後すぐに入金されるが、口座開設月の翌月末までに取引しないと取り消されるので注意したい。

また、2020年11月14日までに10万円以上入金すると、マネーパートナーズ社長著「投資のメソッド」がもれなくプレゼントされる。


※ 本サイトは情報提供を目的としており、証券/FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。本サイトに記載の各証券会社や各サービスの評価は、投資家向けアンケート調査結果や独自評価軸に基づいて作成していますが、各サービスの内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者ご自身で各取引所やサービスの内容をご確認ください。
※ 投資を行う際は、 証券/FX投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。万が一、これらの情報に基づいて利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
※ 本サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、当該証券/FX 取引業者の説明に基づき、各サービスの公式サイト等に記載されている特定時点の情報を記載したものです。最新情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。また、キャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、利用の際は各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※ 本記事内のリンクから口座開設を行うと、CoinDesk Japanは対価として収入を得ることがあります。
※ 本サイトを利用されると、CoinDesk Japanの利用規約に同意したものとみなされます。以上の注意事項とともに利用規約についてもご了承ください。