マネーパートナーズの概要や評判、取引コストを解説

マネーパートナーズは東証一部上場企業のグループ会社としてFXサービスを提供しており、上級者向けと初心者向けの2つに分かれる。取引コストはそれぞれ違うが、どちらも業界最低水準の取引コストを実現している。

同社は外部調査において取引コストと約定力に定評があり、さらに取引ツールを活用すれば、売買条件に応じた自動売買を行うこともできる。

【FX初心者は、まずこちら】

【FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点はこちら】

【FX31社をタイプ別ランキングで徹底比較したい方はこちら】

【FXのリスクと対策の詳細はこちら】

マネーパートナーズの概要――上級者向けと初心者向け 2つの取引コース

マネーパートナーズは2つのFXサービスを提供している。通貨ペアの数が多く、1万通貨以上の取引に対応する「パートナーズFX」と、通貨ペアの数が少なく、100通貨からの取引に対応している「パートナーズFX nano」だ。

ロスカットのタイミングにも違いがある。「パートナーズFX」のロスカットは遅く、「パートナーズFX nano」のロスカットは早いタイミングで行われる。

ロスカットとは、保有ポジションの評価損失が大きくなってきた際に、それ以上損失が広がらないよう強制的に決済してしまう仕組みだ。ロスカットが早いほど損失が小さくなる一方、取引機会が少なくなってしまうデメリットもある。

「パートナーズFX」は初心者から上級者まで、「パートナーズFX nano」は初心者向けという位置づけだ。

 パートナーズFXパートナーズFX nano
通貨ペア24通貨ペア18通貨ペア
最小取引単位1万通貨100通貨
ロスカット遅い (証拠金維持率の40%)早い (証拠金維持率の100%)

パートナーズFX 取引通貨ペア一覧

「パートナーズFX」では以下24の通貨ペアで取引が可能となっている。

パートナーズFX nano 通貨ペア一覧

「パートナーズFX nano」では、「パートナーズFX」より6少ない18通貨ペアで取引が可能だ。取引可能通貨ペアは以下の通りである。

なお、「パートナーズFX」にあり、「パートナーズFX nano」で取り扱いがない通貨ペアは以下6通貨だ。

香港ドル/円米ドル/南アフリカランド
シンガポールドル/円米ドル/トルコリラ
米ドル/カナダドル米ドル/メキシコペソ

マネーパートナーズのスプレッド──業界最低水準の取引コスト

マネーパートナーズの取引コストとなるスプレッドに関し、「パートナーズFX nano」を例に見てみよう。対円通貨ペアの取引コストは以下の通りだ。

通貨ペアパートナーズFX  nano
米ドル/円0.4銭
ユーロ/円0.7銭
豪ドル/円0.9銭
英ポンド/円1.2銭
NZドル/円1.8銭
カナダドル/円2.4銭
スイスフラン/円2.4銭
香港ドル/円取り扱いなし
シンガポールドル/円取り扱いなし
南アフリカランド/円1.9銭
メキシコペソ/円1.0銭

概ね「パートナーズFX」の方が低コストだが、「カナダドル/円」「スイスフラン/円」では「パートナーズFX nano」の方が低い。

マネーパートナーズの取引コストは、シェアの高いFX会社と同水準でコストが低い。メジャーな3通貨ペア「米ドル/円」「ユーロ/円」「豪ドル/円」の取引コストの比較は以下の通りだ。

マネーパートナーズのスワップポイント一覧

マネーパートナーズのスワップポイントは、「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano」とで、最低のスワップポイントの数値が異なる。

「パートナーズFXnano」の100通貨あたりのスワップポイントは以下の通りだ。

 米ドル/円ユーロ/円ユーロ/米ドル英ポンド/円
買スワップポイント0.02-0.2-0.00220.02
売スワップポイント-0.220.050.0012-0.22
 豪ドル/円NZドル/円トルコリラ/円メキシコペソ/円
買スワップポイント00.030.120.02
売スワップポイント-0.25-0.18-0.42-0.17
 南アランド/円スイスフラン/円カナダドル/円英ポンド/米ドル
買スワップポイント0.01-0.250.04-0.0012
売スワップポイント-0.160.15-0.140.0002
 豪ドル/米ドルNZドル/米ドル豪ドル/NZドルユーロ/英ポンド
買スワップポイント-0.0011-0.0011-0.0012-0.0016
売スワップポイント0.00010.00010.00020.0006
 ユーロ/豪ドル英ポンド/豪ドル  
買スワップポイント-0.0033-0.0014  
売スワップポイント0.00230.0004  
2020年11月6日現在

また、「パートナーズFX」の1万通貨あたりのスワップポイントは以下の通りだ。

 米ドル/円ユーロ/円ユーロ/米ドル英ポンド/円豪ドル/円
買スワップポイント2-20-0.2220
売スワップポイント-2250.12-22-25
 NZドル/円英ポンド/米ドルトルコリラ/円メキシコペソ/円南アランド/円
買スワップポイント3-0.121221
売スワップポイント-180.02-42-17-16
 米ドル/トルコリラ米ドル/メキシコペソ米ドル/南アランド米ドル/カナダドルカナダドル/円
買スワップポイント-87-30-260.154
売スワップポイント422016-0.45-14
 スイスフラン/円豪ドル/米ドルNZドル/米ドル豪ドル/NZドルユーロ/英ポンド
付与日数11111
買スワップポイント-25-0.11-0.11-0.12-0.16
売スワップポイント150.010.010.020.06
 ユーロ/豪ドル英ポンド/豪ドル香港ドル/円シンガポールドル/円 
買スワップポイント-0.33-0.1410 
売スワップポイント0.230.04-21-20 
2020年11月6日現在

スワップポイントのシミュレーションができる

マネーパートナーズでは、スワップポイント受取金額のシミュレーションを行うことができる。具体的には、「1ヶ月で目標金額を受取るには、どの通貨ペアをいくら購入すればよいか」が分かる。

また、「スワップポイントの目標金額を達成するために、レバレッジ1倍で取引を始めるにはいくら証拠金が必要なのか」についても算出される。

マネーパートナーズの取引ツール――シンプル版と本格派の3種類

マネーパートナーズの取引ツールは主に3つだ。シンプルな設計の「クイック発注ボード」と、スマホで利用できる「Hyper Speed Touch」と、本格派の「Hyper Speed NEXT」である。

クイック発注ボード

「クイック発注ボード」は、FXでの取引が初めてでも直感的に利用できるようシンプルにデザインされた取引ツールだ。

ブラウザ型の取引ツールであるため、インストールは不要で、インターネット回線がつながる環境ならどこでも利用できる。

画面を立ち上げると、画面上には「注文メニュー」「チャート」「現在の取引状況」だけが表示されており、取引に必要な機能が全て1つの画面に集約されている。

また、画面を縮小させることで注文画面のみを表示させることも可能であるため、ニュースや投資情報をネット上で収集しながら「クイック発注ボード」から取引を行うことも可能だ。

Hyper Speed Touch

「Hyper Speed Touch(ハイパースピードタッチ)」は、「パートナーズFX」と「パートナーズFXnano 」両方の口座に対応したスマートフォン(タブレット)用FX取引アプリだ。

iOS(iPhone、iPad)・Androidの両OSに対応しており、スマートフォンならではのタッチインターフェースによる直感的な操作性を重視し、最小限のアクションで全ての操作をまかなえるように設計されている。

「HyperSpeed Touch(ハイパースピードタッチ)」では、PCツールで取り扱われている注文方法を全て利用することができる。また、「インフォバー」が搭載されているため、最新の価格や直近の経済指標発表予定を閲覧しつつ、ニュースを閲覧することも可能だ。

他にも、クイック入金や注文状況の照会も可能であるため、スマホ1台あればFX取引や情報収集を完結させることが可能だ。

Hyper Speed NEXT

「Hyper Speed NEXT」は、「クイック発注ボード」とは異なり非常に多くの機能が搭載されたツールだ。インストール型のツールのため、利用するためにはツールのダウンロードを行う必要がある。

「Hyper Speed NEXT」では、通常の取引や注文照会だけではなく、オリジナルでストラテジ(戦略)を構築してチャート上に売買サインを表示できる。つまり、自分自身の取引判断基準となる売買ルールを作成することができ、さらに取引条件を満たす条件となるレートをチャート上に表示できるのだ。

また、過去のチャートと照らし合わせてオリジナルのストラテジの有効性をテストする「バックテスト」を行える。

さらに、ストラテジを稼働させることで、売買タイミングを表示するだけではなく、売買ルールに従って自動的に注文を成立させる「自動売買」システムも搭載されている。ストラテジはマネーパートナーズのサーバーに保存されているため、パソコンの電源を落としていても自動売買は有効だ。また、自動売買は通常の取引と同じスプレッドで取引が可能で、追加での手数料等は一切かからない。

なお、「Hyper Speed NEXT」は「パートナーズFX nano」では利用できない点に留意が必要だ。

取引ツールパートナーズFXパートナーズFX nano
【PC向け】クイック発注ボード
【PC向け】Hyper Speed NEXT×
【スマホ向け】Hyper Speed Touch
【スマホ向け】クイック発注ボード

マネーパートナーズのクチコミ(口コミ)・評判は?

注文時にスリッページがまったく発生しない

評判・クチコミ

★★★★★5点

40代・男性
マネーパートナーズが優れている点は、注文時にスリッページがまったく発生しないことです。ドル円の買い注文をするときに、指値を105円20銭としたときには、必ず105円20銭で約定しています。
ほとんどのFX会社では、100回注文すると1回程度はスリッページが発生します。具体例としては、買い注文で指値を105円20銭としたにもかかわらず、約定した為替レートは1ドル105円30銭となっているのです。スリッページが発生すると、想定していた短時間での利益確定ができなくなってしまいます。しかし、このFX会社では「スリッページを絶対に発生させない」と顧客に宣言し、有言実行してくれています。とても信頼できるFX会社です。

100通貨からなので投資資金が少なくてもFXにチャレンジできる

評判・クチコミ

★★★★4点

30代・男性
他のFX会社は「1000通貨」から取り組めるところが多いのですが、マネーパートナーズは「100通貨」から取り組めるので、投資資金が少なくてもFXにチャレンジできるようになっています。なので、FX取引を始めようと思っているトレーダーや投資資金が少ないトレーダーにはピッタリなFX会社だと感じています。
チャートなどのツールは使いやすくなっていますし、スワップポイントも高く設定されているのも魅力的です。しかし、取引できる通貨ペアが「18通貨」しかないので、もう少し増やしてほしいと感じる部分です。

正直少し画面が見づらいがツール・約定力がよく、初めてのFX投資での利用はアリ

評判・クチコミ

★★★3点

20代・男性
少額での取引が出来るのが第一に良い点です。FXはどうしても最初、大きな金額で行うのが怖いと思うので、少額からできるのは安心感があります。私も少額から始め、練習を積みました。あとは取引以外ですが、空港などで外貨受け取りが安くできたりするのがメリットですね。初めてFXを行おうとする人は利用するのはありだと思います。
初級者以上で考えると……他のFX会社さんに比べたら、正直少し画面の見づらさは感じます。個人の感想によるかもしれませんが。ツールは優秀なのと、約定能力が高いのが良いです。

マネーパートナーズの便利なサービス

マネーパートナーズでは、FX口座を利用した「外貨両替・受取」や、株式を担保にFXを行う「代用有価証券サービス」など、他社では取り扱いのないサービスを利用することができる。

外貨両替・受取サービスとは

外貨両替・受取サービスとは、マネーパートナーズのFXレートを利用して、日本円を外貨に交換するサービスだ。

受取ることができる外貨は、FXで取扱いのある通貨ペアのうち、「南アフリカランド(ZAR)」、「トルコリラ(TRY)」、「メキシコペソ(MXN)」を除いた全ての通貨となる。

両替により取得した外貨は、外貨出金先への出金か、マネパカードへのチャージ、または一部空港にて「空港外貨受取サービス」を利用することで現金化することができる。

(※2020年3月31日より当面の間は「空港外貨受取サービス」受付を停止)

マネーパートナーズの外貨両替・受取サービスと、通常の銀行窓口での外貨両替との主な違いは以下の通りだ。

外貨への交換外貨両替現受け一般的な銀行
最小単位0.01通貨~100通貨1通貨~
1通貨あたりの手数料(相当額)20銭(0.2円)10銭(0.1円)2~3円
受付時間7:30~翌5:307:30~翌5:30主に日中

マネーパートナーズで外貨両替を行うメリットは主に3つある。

1つ目は、銀行等での外貨両替と比較して、手数料が非常に安いことだ。一般手な銀行なら1通貨あたり2~3円かかるのに対し、マネーパートナーズの外貨両替・受取サービスなら0.1円~0.2円で両替ができる。

2つ目は、一般的な銀行の場合は1日1回更新される外貨レートを基に両替を行うレートが決まるが、マネーパートナーズの外貨両替・受取サービスならリアルタイムで変動する為替レートを基に両替を行うレートが決まる。

3つ目は、一般的な銀行は両替の受付時間が日中に限られるが、マネーパートナーズなら朝7時30分から翌日の5時30分まで外貨両替・受取サービスを利用できる。

マネーパートナーズを利用して日本円と外貨を交換する方法は、「外貨両替」と「現受け」の2つの方法がある。

「外貨両替」は、パートナーズFXで配信している為替レートに、手数料相当の20銭(0.2円)を上乗せした外貨両替レートにて、両替を行うサービスだ。円貨を入金し、両替の申し込みをするだけで外貨を取得することができる。

「現受け」は、FX取引を利用した両替だ。両替の方法は、いったん通常のFX取引で買い注文を行い、あらかじめ入金しておいた円貨を使って、FXの建玉を現物の外貨として受取る「現受け」という決済方法を利用することで、外貨を取得することができる。手数料は100通貨あたり10円だ。

「代用有価証券サービス」で株を担保にFXができる

「代用有価証券サービス」は、マネーパートナーズに預け入れた株式を担保にFX取引を行うサービスだ。

マネーパートナーズに代用証券として株式を預けて入れておけば、取引所の前営業日基準値の70%の評価額がパートナーズFXの口座に反映される。

例えば、100万円分の株式をマネーパートナーズに代用有価証券として預け入れれば、70万円分の証拠金として評価され、FX取引を行うことができる。

「代用有価証券サービス」を利用するメリットは2つある。

1つ目は、株式の権利を有したままでFXの運用資金として利用できる点だ。「代用有価証券サービス」を利用すれば、株を担保としてFX取引をしつつ、株の配当金や優待を受取ることができる。株を手放したくないが、FXの資金として利用したい方には大きなメリットだと言えるだろう。

2つ目は、担保となっている株式を自由に売却できる点だ。マネーパートナーズに株を預けて「代用有価証券サービス」を利用しているときも、株の売却は自由に行える。なお、売却手数料は無料だ。

また、株の売却後も売却代金の受渡日までは代用有価証券として日々評価を行われるため、株を売ったことにより証拠金が大きく減少する心配もない。受渡日が到来したら、売却代金を現金としてFXの証拠金に加えることも可能だ。

初心者向けのサポート体制

FXを始めたばかりの初心者でも、マネーパートナーズならサポート体制が充実しているため安心して利用できる。

マネーパートナーズの取引ツールを初めて使う方は、「かんたん動画マニュアル」を閲覧すれば、動画でツールの使い方を確認することができる。

また、FXの仕組みや基本的な「テクニカル分析」、トレードスタイルの種類などについて学びたければ、「マネパFXビギナースクール」 の動画を無料で閲覧することをおすすめする。

なお、電話やチャットによるサポート体制も整備されている。

マネーパートナーズのキャンペーン

マネーパートナーズは「取引おためしキャンペーン」として、「パートナーズFX nano」の新規口座開設者全員に1,000円を進呈している。口座開設後すぐに入金されるが、口座開設月の翌月末までに取引しないと取り消されるので注意したい。

マネーパートナーズの口座開設――最短5分で申し込み完了

マネーパートナーズの口座開設は、最短5分で申込が完了し、翌日にはFX取引を開始できる。

なお、口座開設の申し込みを行う前に、手続きをスムーズに進めるために「マイナンバー確認書類」と「本人確認書類」を用意しておくことをおすすめする。

ステップ①:HPから必要情報を入力

マネーパートナーズのホームページへアクセスし、口座開設の手続き画面へ進む。入力フォームに氏名や住所、生年月日や金融資産などの個人情報を入力する。

「本人確認書類」は、ウェブでの手続きまたは郵送、「マイナンバー記載書類」は指定のマイナンバー専用ウェブアップロード画面より提出する必要があり、ウェブ上で提出した場合は最短で翌日に取引を開始できる。

ステップ②:審査後、ログイン情報を書類で送付

口座開設後に、最短で翌日に「口座開設通知書」が郵送で到着する。「口座開設通知書」には、取引に必要なログイン情報等が記載されている。

ステップ③:入金し取引開始

ログインを行い、オンライン上での「クイック入金」を利用すれば、即時に資金が反映し、取引を開始することができる。

注目の有力FXサービス

FX会社名口座開設ポイント詳細情報
DMM FX 口座開設 口座開設数は国内最大詳細情報
SBI FXトレード口座開設最小1通貨から取引可能、積立FXも対応詳細情報
LIGHT FX口座開設スワップポイントに定評、実践的な情報コンテンツ詳細情報
外為ジャパン口座開設1,000通貨単位、クイック入金や24時間サポート体制詳細情報
楽天FX口座開設楽天ポイント・グループのシナジーで若者が流入詳細情報
マネックス証券口座開設リスク管理しやすい仕様、外貨出金が可能詳細情報
LINE FX口座開設シンプル設計や通知機能がライトユーザーに便利詳細情報
ゴールデンウェイジャパン口座開設スプレッド業界最狭水準、MT4利用可詳細情報
FXブロードネット口座開設豊富な取引コースや自動売買が好評詳細情報
LION FX(ヒロセ通商)口座開設最高水準の取扱通貨ペア数、多様なキャンペーン詳細情報
ネオモバFX口座開設Tポイント利用可、少額からの投資にも強み詳細情報
トライオートFX口座開設自分で自由度高く作成可能な「設定型」の自動売買詳細情報
JFX口座開設約定力に定評、スキャルピングも詳細情報
セントラル短資FX口座開設値動きを予測する「みらいチャート」が好評詳細情報
OANDA Japan口座開設豊富なテクニカル指標・描画オブジェクト標準装備詳細情報
アヴァトレード・ジャパン口座開設日本初MT5に対応詳細情報
アイネットFX口座開設裁量取引も、自動売買取引も可能詳細情報
更新日:2021/01/25

FX初心者が見るべき情報一覧

FXとは?初心者向けFX入門の基礎

FX口座開設と審査の対策、業者の選び方や注意点

FX会社口座比較ランキング──スプレッド、スワップポイント、通貨ペア、タイプ別

FXの始め方――人気のFX会社5社ごとに解説

FX取引のやり方 口座開設からテクニカル分析、確定申告まで解説

FXのリスクと対策――レバレッジ、ロスカット、証拠金、スプレッド、損切注文

FX投資とは?外貨預金との違いを徹底解説

FXと株との違いとは?――レバレッジやスワップポイント、取引時間も解説

FX各社のキャンペーンを一挙紹介

【FX】ボーナスの受け取り方と注意点、各社の紹介

FXの取引ツールを選ぶポイント5つ――入門者向け・タイプ別に紹介

(画像:Shutterstock)


※ 本サイトは情報提供を目的としており、証券/FXに関する契約締結の代理、媒介、斡旋、売買推奨、投資勧誘等を行うものではありません。本サイトに記載の各証券会社や各サービスの評価は、投資家向けアンケート調査結果や独自評価軸に基づいて作成していますが、各サービスの内容の正確性、信頼性等を保証するものではなく、必ず利用者ご自身で各取引所やサービスの内容をご確認ください。
※ 投資を行う際は、 証券/FX投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。万が一、これらの情報に基づいて利用者が損害を被ったとしても、当社は一切の責任を負いません。
※ 本サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、当該証券/FX 取引業者の説明に基づき、各サービスの公式サイト等に記載されている特定時点の情報を記載したものです。最新情報は各サービスの公式サイトにてご確認ください。また、キャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、利用の際は各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※ 本記事内のリンクから口座開設を行うと、CoinDesk Japanは対価として収入を得ることがあります。
※ 本サイトを利用されると、CoinDesk Japanの利用規約に同意したものとみなされます。以上の注意事項とともに利用規約についてもご了承ください。