SHARE

ディークレッド

DCR
価格3,686
24時間変動率 2.49%
時価総額536億
24時間変動値 89.39
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

ディークレッド (Decred) の基本情報

PoWとPoSのハイブリットマイニングシステムを利用しているため、少数のグループが取引を支配したり、コミュニティの意見なしにDecredに変更を加えることができないようになっている。

発行上限 21,000,000
承認方式 PoW,PoS
開始日 2016年2月
中央機関
提唱者 Jake Yocom-Piatt
オフィシャルサイトURL https://www.decred.org/
ホワイトペーパーURL https://docs.decred.org/
公式TwitterURL https://twitter.com/decredproject
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

ディークレッド(DCR)とは

ディークレッド(Decred/DCR)は、PoWとPoSの2種類の承認アルゴリズムを使うことで通貨の安定性を図る「ハイブリッド型仮想通貨」として知られている暗号資産(仮想通貨)である。また、ガバナンスにコンセンサス投票システムを導入していること、さらにアトミックスワップにも対応している点なども特徴的だ。

ディークレッド(DCR)の歴史

ディークレッドは2016年2月に新規公開され、その後、約2年で価値は70倍となった。2021年4月に韓国の大手仮想通貨取引所「Upbit」が取り扱いを開始したことなどが影響し、3万円を上回る最高値を付けている。2022年前後からは仮想通貨全体のトレンドと同様に下落傾向にある。

ディークレッド(DCR)の特徴

「ハイブリッド型 」の承認アルゴリズム

ディークレッドのマイニングには「PoW(プルーフ・オブ・ワーク)」と「PoS(プルーフ・オブ・ステーク)」という2種類の取引承認方法が導入されている。「ハイブリッド型」であることによって、後述する「51%攻撃」や「Nothing at Stake」など、それぞれのデメリットを補っている。

従来の仮想通貨が抱えていた問題を解決するハイブリッド型の承認アルゴリズムによって、 ディークレッドは支持を高めた。

コンセンサス投票システムによるガバナンス

ディークレッドのプロジェクトを進める上で、通貨を保有するユーザーは一定の条件を満たせば、システム改善のための提案や投票が可能である。過去の開発経緯や履歴も全て公開されており、管理や開発はオープンになっている。開発やガバナンスに積極的にコミットメントしたいユーザーにとって、魅力的な仕組みだといえるだろう。

アトミックスワップ

ディークレッドは「アトミックスワップ」と呼ばれるシステムを持つ。アトミックスワップは取引所など第三者の仲介なく、ユーザー間だけで異なる種類の仮想通貨同士の取引ができる仕組みだ。仲介を省くことで取引速度が上昇し、不正取引のリスクも減らすことができるというメリットがある。秘匿性の高い取引も可能になる。

2017年にライトコイン(LTC)創設者のチャーリー・リー氏とディークレッドの開発チームがアトミックスワップを行い、成功したことが話題になった。

PoW・PoSの「ハイブリッド型」である理由

ディークレッドがハイブリッド型仮想通貨として注目されたのは、PoWとPoSを併用することで、それぞれ単体で生じるシステム上の脆弱性をカバーできると考えられているためだ。

PoW(プルーフ・オブ・ワーク)とは

PoW(Proof of Work)は、ビットコイン(BTC)などで採用されているマイニング方法で、最も速く解答に辿り着いた人が報酬を得る。そのため大量の高性能なコンピューターと膨大な電気代が必要な上、報酬よりもマイニングコストの方が高くついてしまう可能性もある。

また、悪意ある個人やグループがネットワーク全体の採掘速度の51%を支配し、不正な取引や改ざんを行う「51%攻撃」のリスクも否定できない。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)とは

PoS(Proof of Stake)では、通貨の保有量に応じて報酬を得ることができる。イーサリアム(ETH)などが採用している承認方法だ。PoWの問題点を解消するために生まれたが、通貨を多く持っていると有利なため、富が集中し通貨の流動性が損なわれる可能性がある点などがデメリットだ。

また、電気代などのコストがかかるPoWと異なり、PoSでは間違ったブロックを承認することにデメリットがないため、コストなく全てのブロックを承認してしまう「Nothing at Stake」と呼ばれる問題が起きる。

ハイブリッド型へ

これらのPoWとPoSの特徴をふまえ、ディークレッドはハイブリッド型を用いることでそれぞれの問題点の解決を図っている。ブロック生成の報酬は60%がPoW、30%がPoS、10%が開発資金に充当される仕組みだ。通貨が分裂して新しい通貨ができる現象「ハードフォーク」を避けることもでき、通貨の安定性も保てる。

ライトニングネットワークを実装する方針

ディークレッドは今後「ライトニングネットワーク」の実装も目指している。ライトニングネットワークとは、ブロックチェーンの外で取引を行うオフチェーン取引によって仮想通貨の送金速度を上げたり、少額決済(マイクロペイメント)に対応した安い手数料を実現したりするための送金方法だ。

特に、ライトニングケーブルはマイクロペイメントを可能にし、少額取引によるこれまでにない新しい商品やビジネスが生まれるかもしれない。そのため期待が高まっている。

ディークレッド(DCR)の購入方法

2022年8月現在、国内取引所ではディークレッドを取り扱っていない。取引したい場合は、BittrexやUpbitなどディークレッドを扱っている海外の仮想通貨取引所を利用する必要がある。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: