SHARE

ビットコインSV

BSV
価格7,099
24時間変動率 -2.27%
時価総額1,356億
24時間変動値 -164.85
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

ビットコインSV (Bitcoin SV) の基本情報

発行上限
承認方式
開始日
中央機関
提唱者
オフィシャルサイトURL
ホワイトペーパーURL
公式TwitterURL
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

ビットコインSV(BSV)とは

ビットコインSV(Bitcoin Satoshi’s Vision / BSV)は、クレイグ・ライト氏らによって2018年にビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークされて誕生した仮想通貨である。前身のブロックチェーンが直面したスケーラビリティ問題などを解決することを目的に開発された。

ビットコインSV(BSV)の歴史

ビットコインSVは2018年11月、クレイグ・ライト氏らによってビットコインキャッシュをハードフォークして開発された。クレイグ氏はオーストラリアの実業家で、自らをビットコインの産みの親サトシ・ナカモトであると長年主張している人物である。

そもそもビットコインキャッシュも2017年にビットコインからハードフォークされた仮想通貨であり、計2回の分裂を経て誕生したビットコインSVは、ビットコインやビットコインキャッシュよりも処理速度が向上した。

ビットコインSV(BSV)の特徴

ブロックサイズがビットコインの4000倍

ビットコインSVの最大の特徴は、ブロックサイズがビットコインの4000倍の大きさであることだ。一般的に、容量が増えれば一度に処理できる取引量が増えるため、高速で処理が可能になる。 また、取引手数料も抑えられる。

具体的には、ビットコインの1MB、ビットコインキャッシュの32MBに対して、ビットコインSVは4GBのブロックサイズを持つ。このため取引速度が圧倒的に早く、決済に使用された場合には短時間で着金することができ、手数料も低いというメリットがある。

スケーラビリティ問題を解決

ビットコインSV誕生の背景には、「スケーラビリティ問題」がある。スケーラビリティ問題とは、1MBに限定されたブロックサイズのビットコインでは、ユーザーが増加した場合に取引速度の遅延や手数料の高騰が起こることをいう。

この問題に対し、ビットコインSVの前身であるビットコインキャッシュは、ブロックサイズを拡大してOn-chainで解決を目指した。そのために1度目のハードフォークが行われたという経緯がある。ビットコインSVはブロックサイズを拡張したことでスケーラビリティ問題の解決、トランザクションの高速化を実現した。

スマートコントラクトの実装

ビットコインSVはスマートコントラクトの実装が可能である。スマートコントラクトとは、ブロックチェーン上で特定の動作をする、というプログラミングのことだ。これにより、ビットコインSVは、イーサリアムと同様に分散型アプリの開発が可能だ。

スマートコントラクト実装をサポートしておらず、投機的資産とみなされているビットコインとは対照的に、ビットコインSVは日常の決済に適した利便性が高いものと言える。

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)を採用

ビットコインSVは、コンセンサス・アルゴリズムとして、PoW(プルーフ・オブ・ワーク)を採用している。コンセンサス・アルゴリズムの種類の中でも、新しいブロックの承認は「最も速く暗号を解読できた主体」が行うという競争の原理を採用しており、この原理をプルーフ・オブ・ワークという。 ビットコインも同じ原理を採用しているため、ビットコインSVはビットコインのコンセンサス・アルゴリズムを引き継いだ形だ。

ビットコインSV(BSV)の今後

米大手バイナンスによる上場廃止

海外大手仮想通貨取引所バイナンス(Binance)は2019年、ビットコインSVの上場を廃止し、2022年現在も再上場の動きは見られない 。バイナンス側は「プロジェクトチームへの貢献度」「開発レベルと質」などを上場廃止の理由に挙げ、利用ユーザーの保護を目的とした基準に満たないとした。

また、バイナンス CEOが、自身を「サトシ・ナカモト」と主張するクレイグ氏の持論に対して批判的であることも一因と見られている。

競合との差別化に注目

ビットコインSVは手数料が低いことが魅力だが、近年はビットコインが手数料を下げるなど競合も出てきていることから、新規ユーザーを取り込みづらくなっているのが現状だ。

また、2021年6〜7月にネットワークへの攻撃を受けており 、脆弱性を指摘する声もある。時価総額も誕生当初の2018年はトップ10入りしていたものの、2022年8月は40位台となっている。 今後、他のブロックチェーンと違う強みを打ち出せるかが重要となるだろう。

ビットコインSV(BSV)の購入方法

2022年6月15日から、国内取引所「Huobi Japan(フォビジャパン)」がビットコインSVの入出金、販売所・取引所での取り扱いを国内で初めて開始した 。前述した通り、海外大手取引所のBinanceでは購入できない。

Huobi(フォビ)

運営元はフォビジャパン株式会社で、中国の大手仮想通貨取引所Houbiグループの日本法人だ。Houbiグループは世界170カ国に数千万人規模のユーザーを持つ。

項目概要
取扱仮想通貨23種類
手数料無料
最低取引数量0.00001BTCかつ2円
スマホ対応アプリあり
セキュリティマルチシグ、コールドウォレットなど

Huobi Japanの口座開設と特徴を見る

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: