SHARE

バージ

XVG
価格0.34
24時間変動率 0.54%
時価総額55億
24時間変動値 0.00
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

バージ (Verge) の基本情報

発行上限 16,555,000,000
承認方式
開始日 2016
中央機関
提唱者 Justin Valo
オフィシャルサイトURL https://vergecurrency.com/
ホワイトペーパーURL https://vergecurrency.com/static/blackpaper/verge-blackpaper-v5.0.pdf
公式TwitterURL https://twitter.com/vergecurrency
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

バージ(XVG)とは?

バージ(Verge)はユーザーのプライバシー維持に特化した分散型決済ネットワークであり、XVGは秘匿性と匿名性を高めた仮想通貨である。当初は、Dogecoindarkという名称であったが、ユーザーに受け入れてもらうためのリブランディングを行いVergeに改称している。

バージ(XVG)の特徴

高いセキュリティで秘匿性と匿名性を守る

バージはセキュリティを高めることで、秘匿性と匿名性の高い決済を実現している。ToR(The Onion Router)の採用により、IPアドレスの匿名化が可能になり、送信データを複数回に分けて暗号化しているので、送信元の情報の特定が困難になる。IPアドレスなどの情報を匿名にするかどうかは送金前に利用者が選択可能だ。

商品やサービスに支払いを行うとvergePayと呼ばれるウォレットに入金される。請求を破棄されることがないので、支払い取り消し詐欺などの被害を除く仕組みができているため、匿名性でも安心して利用できる仕組みが保たれている。

毎日の少額決済に特化している

バージは、決済速度の速さと決済手数料の安さから毎日の少額決済に特化したネットワークである。バージのトランザクションのスピードは、1度の決済で5秒から10秒かかり、手数料は0.1XVGだ。高速決済と安価な手数料を実現しているので、少額決済に利用しやすいといえるだろう。

開発陣はボランティア

バージの開発陣はボランティアで成り立っており、開発費はすべてユーザーの寄付によって賄われる。バージは仮想通貨プロジェクトでも営利目的の組織によって運営されておらず、有志が集まるコミュニティによって支えられている。寄付は100%がバージに関連する事業に対して使用されることが約束されており、Facebook、GitHub、Discordからコミュニティへの参加が可能だ。

バージ(XVG)の歴史

バージは2014年にピアコイン(PPC)からフォークして生まれた仮想通貨であり、DogeCoinDarkとして立ち上げられたビットコインのソースコードをベースとしている。ただし、ドージコイン(DOGE)と直接的な関係はない。その名前の影響からユーザーを思うように集められなかったことから、2016年にバージに改称しリブランディングを行った。

2016年にリブランディングされたバージは、ネットワークセキュリティの分野で20年以上の経験を積むJustin Valo氏によって立ち上げられた。Valo氏は、バージをプライバシー維持に特化した通貨にすることを目標にドージコインの業務に携わった経験をもとに開発している。

バージ(XVG)の今後

スマートコントラクトの実装

バージは将来的にイーサリアム(ETH)などに実装されているブロックチェーンの機能であるスマートコントラクトの実装を予定している。スマートコントラクトが実装されるとバージの利便性が向上することが期待される。決済システムにおいて利便性の向上は、利用者の増加によるシェアの拡大にもつながるので、スマートコントラクトを含めた新たな機能の実装はプラス材料になる。

プライバシートークンの知名度の向上

プライバシートークンとは、取引やユーザーに関する情報の匿名性を維持する仮想通貨のことであり、バージはその性質からプライバシートークンに分類される。バージの他にはモネロ (XMR)ダッシュ(DASH)がプライバシートークン関連の仮想通貨として挙げられる。

プライバシートークンは、誰が誰に送金したかを分からない高い匿名性を維持できるので、自国の政府や金融機関が信用できない国おいては高い需要を持つことが期待されている。プライバシートークンの知名度が向上すれば関連銘柄であるバージにも注目が集まりやすい。

ただし、プライバシートークンには先ほど紹介した銘柄をはじめとする競争相手が存在するので、プライバシートークンとしてバージが地位を確立するためには、他の銘柄と比較した強みや差別化が必要になる。

匿名性による各国の規制

プライバシートークンは反対に高い匿名性から国に規制される可能性がある通貨だ。送金時に匿名性を維持する仕組みは、マネーロンダリングなどの温床となり、悪用されるリスクがある。プライバシートークンの悪用が目立つようになれば各国から規制を受ける可能性が高まる。バージを購入・取引する場合は、各国の規制に関するニュースを注視する必要があるだろう。

バージ(XVG)の購入方法

XVGは現在国内の取引所で購入することはできないため、Binanceなどの海外取引所で購入する必要がある。国内取引所で口座を開設し、元手となる仮想通貨を取引して海外取引所に送金することでXVGの取引が可能だ。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: