SHARE

ジリカ

ZIL
価格3.07
24時間変動率 2.33%
時価総額463億
24時間変動値 0.07
JPY
  • USD
  • JPY
EXPORT DATA
1H6H12H1D1W1M3Mall
TO
最終更新:1970年1月1日 9時0分0秒
情報提供元:

ジリカ (Zilliqa) の基本情報

発行上限 21,000,000,000
承認方式 pBFTコンセンサスプロトコル、PoW
開始日 2017年6月
中央機関
提唱者 Prateek Saxena他
オフィシャルサイトURL https://www.zilliqa.com/
ホワイトペーパーURL https://docs.zilliqa.com/whitepaper.pdf
公式TwitterURL https://twitter.com/zilliqa
※当社は、この情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。免責事項

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?

ジリカは、シンガポール国立大学によって開発が行われたプロジェクトである。ブロックチェーンにシャーディングという独自の技術を採用したことにより、トランザクションの処理の向上に成功した。DAppsや決済などで大規模な企業利用に選ばれるブロックチェーンのプラットフォームになることを目指している。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の特徴

シャーディングと呼ばれる承認システムの導入

ジリカはブロックチェーンにシャーディングという承認システムを世界で初めて導入した。シャーディングとは、ネットワークを複数のシャードと呼ばれるグループに分割し、トランザクション(取引)の処理を分散化させるシステムだ。

シャーディングにより、ジリカの処理速度は向上し、従来のブロックチェーンであるビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)よりも高い処理能力を実現した。ジリカはビットコインが直面している取引処理の遅延や、手数料増加に関わる問題のスケーラビリティ問題を解決する可能性がある通貨として知られている。

独自のスマートコントラクト言語のScillaを採用

ジリカのスマートコントラクトには、独自言語のScillaを採用している。Scillaの特徴は、セキュリティリスクが低く、バグのないコードを簡単に記述できる点にある。Scillaによって、安全性が高く、利用しやすいスマートコントラクトを実現することが可能だ。

ステーキングが可能なネイティブトークンのZIL

ジリカのプラットフォームで使用できるネイティブトークンがZILだ。ZILは、ジリカのプラットフォームに構築されたDAppのサービスにおける支払いに利用可能で、NFTの売買もできる。

ZILはステーキングも可能なトークンであり、ZILウォレットとステーキング用のプラットフォームを選択し、シード・ノード・オペレーター(SSN)を選ぶことで、ステーキングによる報酬を得ることが可能だ。SSNの選択によってステーキングにかかる手数料率も変化する仕組みとなっている。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の歴史

ジリカは、シンガポール国立大学のコンピューティング学部の助教授であるPrateek Saxena氏によって考案された。2016年、Saxena氏を中心に学部でシャーディングに関する論文を発表した。

翌年、論文の内容を実現したブロックチェーンを立ち上げるためにSaxena氏は、金融や技術に関連する実業家であるMax Kantelia氏とシンガポールコンピュータ協会の元会長であるJuzar Motiwalla氏と共に、Zilliqa Researchを設立した。メンバーには、シンガポール国立大学の研究員も迎え入れられる。

開発作業が開始され、テストネットが始動したのは2018年のことである。それから、1年経った2019年にジリカのメインプラットフォームが立ち上げられた。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の今後

スケーラビリティ問題の深刻化

ジリカは、シャーディングによりトランザクション処理速度が大幅に向上しているので、スケーラビリティ問題を解決する可能性があるプロジェクトとして知られている。仮想通貨の利用者増加によるスケーラビリティ問題が深刻化し、懸念されるようになれば問題を解決できるジリカも注目されやすい。

シャーディングはイーサリアム(ETH)の今後のアップデートでも導入が予定されている。高い時価総額を持つ仮想通貨が技術を取り入れていることから、ジリカの技術が高い評価を受けている証明といえるだろう。

主要なDApps開発のプラットフォームになれるか

ジリカは、イーサリアムと同様にDApps開発のプラットフォームであるため、ジリカ自身が発展を遂げるためには、ジリカのブロックチェーン上で開発されるDAppsを増やすことが不可欠だ。独自言語のScillaは、開発者からの利便性も高く安全なスマートコントラクトを構築できるので、DApps開発で評価されればシェアを伸ばすことが期待できる。主要なDApps開発のプラットフォームになれれば、長期的な価格の上昇が期待できる。

ZIP-11のリリース

ジリカは新しいステーキングサービスとしてZIP-11を実装しており、今後リリース予定となっている。ZIP-11がリリースされるとステーキング報酬が増加するため、長期保有を促しやすくなり、価格の上昇につながることが期待される。

ジリカ(Zilliqa/ZIL)の購入方法

ZILは国内の仮想通貨取引所ではOKCoinJapanで取引可能だ。海外取引所で取引できるが、CoinDesk Japanでは、金融庁に認可された国内の仮想通貨取引所で暗号資産を購入することを推奨している。

※当サイトは情報提供を目的としており、当社が暗号資産/仮想通貨に関する契約締結の代理、媒介もしくは斡旋、売買の推奨または投資勧誘等を行うものではありません。また、当社が暗号資産/仮想通貨の価値を保証するものでもありません。
※投資を行う際は、暗号資産/仮想通貨投資におけるリスクを了承の上、利用者ご自身の判断で行ってください。
※当サイトに記載されている価格、手数料等の情報は、各暗号資産/仮想通貨交換業者の説明に基づき、各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイト等に記載されている特定時点の情報を掲載したものです。最新情報は各暗号資産/仮想通貨交換業者の公式サイトにてご確認ください。
※当社は、合理的な努力をしておりますが、当サイトに記載されている情報の正確性、信頼性等を保証するものではありません。また、当サイトに記載されている評価はあくまで当社独自の調査結果や評価基準に基づくものであり、その正確性、信頼性を保証するものではありません。万が一、これらの情報や評価に基づいて利用者が損害を被った場合でも、当社は一切の責任を負いません。
※当サイトに掲載される広告におけるキャンペーン・特典等は、広告主により実施されるものであり、当社が実施するものではありません。キャンペーン・特典等を利用の際は利用者ご自身で各広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。
※当サイトから他のサイトへリンクする場合や、第三者が他のサイトへのリンクを提供している場合があります。当サイトから遷移した先のサイトは当社が管理するものではなく、その内容、正確性、信頼性を保証するものではありません。
※当サイト内のリンクから各暗号資産/仮想通貨交換業者の口座開設を行うと、当社は対価として広告収入を得ることがあります。
※当サイトのご利用に当たっては上記注意事項をご了承ください。なおCoinDeskJapanの利用規約も適用されます。
※当サイトに記載する情報の著作権その他一切の権利は、当社または当社に情報を提供する第三者に帰属します。当サイトに記載する情報の転用、複製、公衆送信、販売等を含め一切の利用を禁止します。
※資金決済法の改正(令和2年5月1日施行)により、法令上、「仮想通貨」は「暗号資産」へ呼称変更されています。当サイト内の「仮想通貨」の表記は「暗号資産」と同義となります。

おすすめ記事: