Image courtesy of Ledger

ビットコイン先物、米Bakktが7月にテスト実施へ

Brady Dale
公開日:2019年 5月 14日 09:30
更新日:2019年 5月 14日 11:37

ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル・エクスチェンジ(Intercontinental Exchange=ICE)が設立した子会社Bakktは5月13日(現地時間)、計画中のビットコイン先物取引の開始に向けたテストを2019年7月に行うことを明らかにした。

関連記事:宙に浮く米ビットコイン先物取引。Bakkt構想が進まない理由

BakktのCEO、ケリー・ローフラー(Kelly Loeffler)氏がブログ上で明らかにした。同氏は「米商品先物取引委員会(CFTC)と密接に連携しながら進めている」と述べ、同社がユーザー承認試験(User Acceptance Testing)と呼ばれるテストを今夏に実施する計画を明らかにした。しかし、正式なローンチ時期についてはいまだ未定だ。

BakktがCFTCに申請しているビットコインの先物構想は、現物先渡しによる先物取引で、自社のカストディでビットコインの保有と清算を行うというもの。CFTCによる承認判断はいまだに下されていないが、この計画が進めば、多くの個人や機関投資家をビットコイン先物市場に呼び寄せるだろうと期待されている。

ローフラー氏は同日、Bakktがデイリー(日間)先物取引とマンスリー(月間)先物の2種類の商品を計画していることを発表した。

翻訳・抜粋:CoinDesk Japan
編集:佐藤茂、浦上早苗
写真:ケリー・ローフラー(Kelly Loeffler)氏(CoinDesk撮影)
原文:Bakkt Sets July Test Date for Bitcoin Futures