KDDI、ローソンに出資——スマホ決済で連携、5G・データ・金融で次世代型コンビニ開発へ

KDDI、ローソンに出資——スマホ決済で連携、5G・データ・金融で次世代型コンビニ開発へ

KDDIとローソンがスマートフォン決済事業で提携することに合意した。2020年5月以降、スマートフォン決済とポイントサービスを融合させながら、第5世代移動通信システム「5G」を活用し、データや金融サービスを絡めた次世代型コンビニエンスストア・サービスの開発を進めていく。

KDDIは12月16日、ローソンの株式2.1%を取得すると発表。KDDIは、共通ポイントサービス「Ponta(ポンタ)」の運営会社「ロイヤリティマーケティング(LM)」の株式20%を買い取ることも明らかにした。

KDDIとローソンは、ローソンの14600店舗(オフライン)と、1億超の会員基盤(オンライン)を5Gとロボティクスを活用しながら融合させ、新しい消費体験を開発していく。

次世代型・コンビニサービスとして、2社は、コンビニ来店者向けのサブスクリプション(定額制)型サービスを開発し、モバイルオーダー(注文)やロボティクスを使った無人受け取り機などの導入も進める。

また、KDDIの「au WALLET ポイント」をLMが運営する共通ポイントのPontaに統一し、両社でポイント会員基盤を強化し、経済圏の拡大を図っていく。Pontaアプリにスマホ決済サービス「au PAY」機能を、「au WALLET」アプリには「デジタルPontaカード」機能を実装させていく。

三菱商事は現在、LMの42.37%の株式を保有しているが、今回のKDDIとLMの資本業務提携により、三菱商事の保有割合は22.37%になる。

文:CoinDesk Japan
編集:佐藤茂
写真:KDDIのHPより

おすすめ記事: