ブロックチェーン基盤の金融ガバナンスなど議論する国際会議開催──金融庁などが3月9、10日に【追記】

PR
ブロックチェーン基盤の金融ガバナンスなど議論する国際会議開催──金融庁などが3月9、10日に【追記】

ブロックチェーン技術のガバナンスやビジネス活用について議論する国際会議「BG2C FIN/SUM BB」が3月9、10日、都内で開催される。主催は金融庁と日本経済新聞社。麻生太郎財務大臣や遠藤俊英金融庁長官らが講演する予定で、ブロックチェーン技術の新たなルール整備に向けた議論を主導したい考えだ。CoinDesk Japanはメディアパートナーとして協力している。

G20踏まえマルチステークホルダーの議論へ

会議の正式名称は、「Blockchain Global Governance Conference -BG2C-
FIN/SUM Blockchain & Business -FIN/SUM BB-(ブロックチェーン・グローバル・ガバナンス・カンファレンス、フィンサム・ブロックチェーン&ビジネス)」で、2つのイベントの流れをくんでいる。

まず「BG2C」は金融庁が開催してきたブロックチェーンの「国際共同研究」プロジェクトを発展させたもの。もう一つの「FIN/SUM BB」は日本経済新聞社と金融庁が開催するフィンテックやレグテック(レギュレーション+テクノロジー)に関する会議「FIN/SUM(フィンサム)」のブロックチェーン版。

登壇するのは麻生財相や遠藤長官のほか、ジョージタウン大学の松尾真一郎研究教授、ブロックチェーンのコルダを開発するR3のデービッド・ラッターCEO、金融庁の松尾元信政策立案総括審議官と三輪純平フィンテック室長、野村総合研究所の崎村夏彦 OpenID Foundation 上席研究員理事長、SBIホールディングスの藤本守執行役員ブロックチェーン推進室長、野村ホールディングスの執行役員八木忠三郎氏ほか。

主要20カ国・地域首脳会議(G20)で議論された「マルチステークホルダー・ガバナンス」を踏まえ、分散型金融の新たなガバナンスについて、金融当局のほか中央銀行、国際機関、研究者、著名開発者らが集まって議論する。ブロックチェーンを用いたビジネスのあり方についても焦点になりそうだ。

チケット価格は一般が5万円で、アカデミア・公務員・スタートアップ関係者は3万円、学生は1万5,000円。2月8日までは早期割引期間で、それぞれ5,000円引きになる。イベント概要は次の通り。

イベント概要

タイトル
Blockchain Global Governance Conference -BG2C- FIN/SUM Blockchain & Business -FIN/SUM BB-

開催日時
2020年3月9日(月)9:00~18:30
2020年3月10日(火)9:00~18:30

会場
室町三井ホール&カンファレンス(東京都中央区日本橋室町3丁目2番1号 COREDO室町テラス 3階)

主催
日本経済新聞社、金融庁

イベントサイトはこちら

文・編集:CoinDesk Japan
写真:BG2CのWebサイトより
(編集部より:新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、本イベントは一部を除き4月21、22日に延期されました。金融庁セッションのみ、3月9、10日にオンラインで開催される見込みです。)