沈黙のICO──スティーブン・セガール氏、不正行為を肯定も否定もせずSECの罰金に同意

沈黙のICO──スティーブン・セガール氏、不正行為を肯定も否定もせずSECの罰金に同意

武道家で俳優のスティーブン・セガール氏は2018年にICO(新規コイン公開)のプロモーションに関わったことで起訴されている。

ICOをソーシャルメディアで宣伝

SEC(証券取引委員会)は2月27日、セガール氏はBitcoiin2Gen(B2G)が2018年2月に販売を開始したトークンのプロモーションの対価として受け取った支払いについて開示しなかったと声明で述べた。

SECによると、セガール氏はICOのプロモーションで受け取った現金25万ドル(約2800万円)とB2Gのトークン75万ドル(約8300万円)相当について開示していない。セガール氏はプロモーションとして、ソーシャルメディアで自身のフォローワーとファンに対して、同トークンへの投資を「逃すな」と呼びかけた。

またセガール氏は「禅の達人、スティーブン・セガールはBitcoiin2Genのブランド・アンバサダーになった(Zen Master Steven Seagal Has Become the Brand Ambassador of Bitcoiin2Gen)」というプレスリリースも発行した。

セガール氏はさらにB2Gのプレスリリースの中で、ICOを「心から」応援していると述べた。

「投資家はセガール氏が受け取った、あるいはこの投資を支持することで約束されていた支払いについて知る権利があった。そうすれば、投資家は同氏が偏っているかどうかを見極めることができた」とSEC法執行局サイバーユニットの責任者クリスティーナ・リットマン(Kristina Littman)氏は語った。

「セレブは報酬を適切に開示することなく、証券のプロモーションに自身のソーシャルメディアでの影響力を使ってはならない」

ねずみ講との非難も

B2Gはその設立時にさえ、同社のマーケティング手法はねずみ講とする非難を否定する声明を出さざるを得なかった。1カ月後、テネシー州商務省は住民に対して同トークンプロジェクトについて警告を発した。

SECは以前、セレブによるトークンの宣伝はトークンが証券と見なされた場合、違法である可能性が高い」と指摘していた。プロモーターは「プロモーションの対価となる報酬の性質、範囲、金額を開示しなければならない」とSECは27日の発表で述べた。

セガール氏は連邦証券法の宣伝禁止条項に違反し、不正行為について肯定も否定もせず、15万7000ドル(約1700万円)の支払いに同意したとSECは述べた。

SECによると、この支払いは同氏がプロモーションで得た報酬を対象とし、審理前の利子と罰金を含む。またセガール氏は3年間、いかなる証券の宣伝も行わないことに同意した。

SECは捜査は継続していると述べた。

翻訳:CoinDesk Japan編集部
編集:増田隆幸
写真:Shutterstock
原文:Steven Seagal Settles Token-Touting Charges With SEC Over 2018 ICO

おすすめ記事: