マネパGが5.6億円の赤字、トレイダーズHD減収減益、ヒロセ通商は増収増益ほか──11/8~11/14のFXニュース

マネパGが5.6億円の赤字、トレイダーズHD減収減益、ヒロセ通商は増収増益ほか──11/8~11/14のFXニュース

外為ジャパン、ログインの際「メンテナンス中」と表示される事象を報告

外為ジャパンは11月9日、ログインやクイック入金の際に「メンテナンス中」と表示される事象について報告した。ブラウザの閲覧履歴「キャッシュ」が溜まっていると同事象が起こるようだ。

キャッシュをクリアするには各ブラウザの設定画面から行う。

【PR】外為ジャパンの概要や評判、取引コストを解説

マネーパートナーズG、トレイダーズHD、ヒロセ通商が決算発表

マネーパートナーズグループ、第2四半期は約5.6億円の赤字

マネーパートナーズグループ <8732> は11月10日、2021年3月期第2四半期(2020年4~9月)の決算を発表した。売上に相当する営業収益は3割減の19.3億円、純利益は5.6億円の赤字となった(前年同期は約1億円の黒字)。

マネーパートナーズGの決算【2020年4~9月期】(カッコ内は前年同期比)
営業収益:19.3億円(▲28.5%)
営業利益:▲5.8億円(前年同期:2.1億円の黒字)
経常利益:▲6.0億円(前年同期:1.8億円の黒字)
純利益:▲5.6億円(前年同期:1.0億円の黒字)

同期間、マネーパートナーズグループのFX取引高は5,200億通貨を超え、前年同期より7.5%上昇した。顧客口座は前年同期比で3,722口座増加し、預かり資産は同18.6億円増加した。

マネパGの減収はコロナ、減益はコイネージ社の買収が主因

減収の背景には新型コロナウイルス感染症の拡大があるようだ。同社は感染症対策による世界的な金利低下の影響を受け、スワップポイントが低下したと説明。スワップポイントはFX会社にとって収益の源泉でもある。

FXの取引高は増加したものの、トレーディング損益は6億円の減収となった。また海外渡航自粛の影響で、「マネパカード」から得られる手数料も0.3億円減収した。

減収は利益を押し下げるが、別の要因もある。新基幹システム稼動に伴う減価償却費の増加に加え、2019年7月の「コイネージ社」買収に伴う固定費増加も利益を押し下げた。両者で販売費・一般管理費が1.3億円増加した。

マネーパートナーズグループは通期の業績予想を開示していない。

【PR】マネーパートナーズの概要や評判、取引コストを解説

トレイダーズホールディングス、黒字維持も減収減益

「みんなのFX」などを運営するトレイダーズホールディングス <8704> も11月13日に同期間の決算を発表している。黒字は維持したものの、減収減益となった。

トレイダーズホールディングス【2020年4~9月期】(カッコは前年同期比)
営業収益:31.6億円(▲0.3%)
営業利益:8.9億円(▲32.9%)
経常利益:8.3億円(▲35.9%)
純利益:7.3億円(▲36.4%)

トレイダーズホールディングスのFX事業におけるトレーディング損益は0.2億円減収(前年同期比▲0.8%)となった。顧客からの預かり資産は前年同期比で160.8億円増加(+37.9%)し、マネーパートナーズグループの18.6億円増を大きく上回った。

減収幅に対し減益幅が大きいが、同社の説明によると人件費と広告宣伝費が前年同期比で4.4億円上昇したためだ。

【PR】トレイダーズ証券(LIGHT FX)概要や評判、取引コストを解説

ヒロセ通商は増収増益

FX業界が全て厳しいわけではない。LION FXを展開するヒロセ通商<7185>は同期間で増収増益を達成している。

ヒロセ通商【2020年4~9月期】(カッコ内は前年同期比)
営業収益:42.4億円(+12.4%)
営業利益:13.9億円(+22.3%)
経常利益:13.7億円(+22.5%)
純利益:9.2億円(+33.1%)

ヒロセ通商は取引高が49.2%と大きく増加した(マネーパートナーズグループは前年同期比で7.5%の増加、トレイダーズホールディングスは未開示)。預かり資産も35.6億円増加し、トレイダーズホールディングスには届かなかったが、マネーパートナーズグループの伸び(+18.6億円)を上回っている。

ヒロセ通商は、外国為替市場の値動きが乏しい中でも、取引を減少させないようキャンペーンやセミナーに積極的に取り組んだと説明している。

【PR】LION FX(ヒロセ通商)の概要や評判、取引コストを解説

マネーパートナーズグループの苦戦は、コイネージ社の買収といった個別要因があるものの、取引を積極的に行うFXユーザーを獲得できていない可能性が考えられる。口座数の推移を見ると、他の2社と比較してマネーパートナーズの増加は低調だ。

 2019年9月末時点2020年9月末時点口座数の増加
マネーパートナーズ
グループ
336,996340,768+3,772
(+1.12%)
トレイダーズ
ホールディングス
364,491413,617+49,126
(+13.48%)
ヒロセ通商259,555275,895+16,340
(+6.30%)

文・編集:CoinDesk Japan編集部
画像:Shutterstock.com

おすすめ記事: